fc2ブログ

西野かつみの日記(ぺにょぱにょ)

ラブな物語を書いてごはん食べてるひと、西野かつみのすこしは宣伝になればいいかなーという色気まじりな日記です

うまを逆から読んだらまう

うまうまうまうま。
うま娘。
ひらがなだとだいぶヘンだな?

ハイ、ウマ娘。
短距離チャンミは事前の予想どおりに負けたぜ!
予想どおりなはずなのに、ちゃんと負けたら微妙に悔しいから不思議なものですね。
ぐぬう。
だけどジュエル1200ゲット。
なれど1位だったらもっと貰えたのに。
ぐぬう。

★  ★  ★

ウマ娘も三周年ということで、いろいろ追加要素の話が発表されました。
というか、ちょっと追加されすぎ?
正直、あんまりにも情報量が膨大すぎて、嬉しいとかよりまず先に引いてます。
ドン引きよ。

うわあ。
めんどくせえ。
情報を咀嚼するのがめんどくせえ。

えー、あー、うー、なんだ?
まあいいや。
やっているうちになんとなくわかってくるだろう。
一気に九人も追加されるらしい九人の戦鬼……もとい、新規のウマ娘だって、いっぺんに実装されるわけじゃなく、ひとりひとり順々にだろうし。

だけどオルフェーブルやジェンティルドンナは欲しいな……。
元の競走馬に思い入れがあるとかではなくて、シンプルに強そうだから。
だって三冠馬だもん。
強くなきゃウソでしょう。
そして今も昔も強キャラには弱いわたしなのであった。

競走馬に対する思い入れとなると、いま走っている馬くらいにならないとほぼほぼ皆無なんですよねえ。
ソダシとか。
メイケイエールとか。
なんか牝馬ばっかりだな?
いやいやいや、ほら、イクイノックスだって知ってますよ。
いいよね、イクイノックス。
だって強いから。
世界最強だから。
レーティング1位は伊達じゃないね。

しかし、そのあたりの世代が実装されるのはいつになることだろうか。
それまで続けていられるのだろうか。
ウマ娘。
三周年って聞いて、もう三年もやってるのか……そろそろいいかな……と、ちょっぴり『卒業』の二文字が浮かんだのも事実だし。

ああ、そういえばシーズンパスが実装されるとか?
正式名称はトレーニングパスか。
ミッションをコツコツとクリアーしていくとチケットが貰えて、貯めればSSRのサポートカードと交換できるって?
いいじゃん。
素敵じゃん。

と、思って実際に交換対象のサポカを見たら、うーん。
目玉であろうキタサンブラックはすでに完凸してるのよねー。
ほかに欲しいのは……あんまり無いような。
パワーのウォッカはいま2凸なんでちょっと欲しいけど、現時点でパワーのサポカはシステム的にあんまり求められてなかったりするし。
パワーはパワーでもせめてライスシャワーとか、今回の短距離チャンミで欲しかったスピードのバクシンオーとか。
根性や賢さのもっとよさげなヤツとか。
そういうラインナップだったらなあ。
いま実装されているサポカはメチャ強系ばっかりなんだから、初期の型落ちサポカはみんな交換対象にしてくれちゃったらよかったのに。

たぶん、半年もすればあらたなサポカが追加されるんでしょうけれどもね。
どうしたもんかなー。
ちょうど一ヶ月ごとに購入できるデイリージュエルパックの期限が迫っていて、更新しなきゃなーとは思っていたんですけど、もしかしてトレーニングパスのほうがお得な感じ? なのだろうか?

んー、とはいえ、そもそもトレーニングパスの詳細自体がまだわかってなかったりしますし。
値段すら不明という。
思っていたより高かったらどうしよう。

まあ、そのうち公開されたら、きっと攻略サイトという名の親切な人たちが懇切丁寧にメリット、デメリットを教えてくれるでしょう。
待ち待ち待ち。
  1. 2024/02/23(金) 14:45:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

か、勝ちてえ

いやー、キツいっス。
ええ、ウマですよ。
ウマの娘さんですよ。

現在絶賛? 開催中の短距離チャンミ。
無事にグループリーグのラウンド1を勝ちこして通過し、いまはラウンド2。
ここで全5戦中3勝すれば決勝ラウンドのAグループ決勝戦へ。
勝ちこせなければBグループ決勝戦へ。

AとBではもちろん報酬が違う。
当然、Aのほうが多い。
ええ。
報酬は大事です。
が、それとおなじくらい、なんかBだと屈辱ぅー。
最初っから負ける気マンマンだったらいいんだけど、それなりに育てた身としては、Aグループ決勝戦にいけなきゃショック受けちゃう。

か、勝ちてえ!
しかし勝てねえ!
みんなつよいねー!

3勝どころか2勝もキツイ。
さすがに1勝くらいはイケるけど、それではね……。
遠い……。
3勝が遠い……。

ラウンドは2日にわたっておこなわれるんですけど。
初日はぜんっぜんダメ。
認めよう。
もはや実力では敵わない。
運にまかせるほかない。
ぐへえ。

運命の2日目。
祈って祈ってマッチング……勝負だッ!

結論!
勝った!
3勝!
なんとかかんとかAグループ決勝へ!

あー、うれしい。
マジで勝てなかったんだもん。
3勝したのも一度だけだったし。
あとは1勝。2勝。0勝。
ぐへえ。

このザマでは、さすがに決勝で勝てるとは思ってません。
……いや、しかし、それでもいちおう勝ちはしたわけで、もしかしてワンチャン?
なんていうスケベ心も隠さず、2日後の決勝ラウンドを楽しみにしまーす。

それにしても今回、完全に育てかたを間違えた感はあるね……。
なんだかんだでいままでのチャンミ、それなりに頑張って育成したときはけっこう余裕で決勝ラウンドまでいけたんだけどなあ?
今回はきびしー。
短距離だから?
出走ウマ娘のチョイスミス?
ううーん。

★  ★  ★

平行して進めているメガドライブミニ2収録の『ルナ ザ・シルバースター』は、たぶん中盤くらいまでいきました。

なんかもう、昔のRPGって感じ。
実際に昔のRPGなんですけどね。
いろんなところが不親切。
UIとか。
情報の出しかたとか。
フラグの立てかたとか。
んー?
これからどこへいけばいいのだ?
行き先がわからなくなったときがちらほら。
スキルやアイテムの効果もよくわかんないし。
攻略サイト必須か。

ゆえにつまらないのかといえば、なんかこれはこれですごくおもしろかったりするから不思議ネー。
昔クリアーしたはずなのに、内容とかぜんっぜん覚えてないし。
さすがに序盤あたりは記憶にあるんだけど、いま進行中の中盤付近はさっぱり。
こんな展開だったっけ……?
メガCD版より、リメイクされたGBA版の印象が強いのかな……?

ともあれ、サクサク進むのはいい感じです。
イベントシーンもほぼほぼノーボイスな淡泊さなので、いまどきのゲームのようにボス戦前に重厚な会話劇とかが挟まって、結果としてやたら時間がとられるなんてことはない。
淡々とボス戦が始まって、淡々と終わる。
いいよ。
重たいゲームばっかりやってたせいか、この軽さがじつに新鮮です。

まあ、いいかげんペルソナQもペルソナ3チームでクリアーしなきゃならないんだけど……。
レベルはクリアー時のものを引き継ぎなので、サクサクいくはずなんだけど……。
  1. 2024/02/22(木) 00:16:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

万能文化ガチャ娘

やってるよ、ウマ。
おっと、『娘』をつけ忘れちゃいけませんね。
YES! ウマ娘!
三周年も近い!

とりあえず対人戦イベント、チャンピオンズミーティングがあるので、チャンミ用のウマ娘さんを育成しておりました。

ぜんっぜん頑張ってはおりませんでしたけどね。
なんせ一日一育成だし。

とにかく短距離Sがつかないのよね……。
サポカイベントも完走しないのよね……。
メイさんは挨拶しにきてくれないし……。
SSの回数も足りないし……。
結果としてステータスの伸びも悪いという、もう何重苦?

なぜわたしはこんなにも辛い思いをしているのだろう。
ゲームって楽しいからやるもんじゃなかったっけなあ?
なんだかあんまり楽しくねえなあ?

ともあれ、なんだかんだでそれなりの娘さんたちはできあがりました。

大逃げスズカ!
怪物オグリ!
電光石火ルビー!

無駄に育成するのもダルいんで、ネットで検索してチャンミ用のTier表なんかも参考にはしているんですが、持ってないウマ娘さんをおすすめされてもどーしよーもないんですよねーえええ。

手持ちのカードで勝負するしかないんだよね……。
って、たしかスヌーピーもいってた。

★  ★  ★

で、初日の結果。
グレードリーグ予選ラウンド1、無事に4勝達成でAグループ進出。

よかったよかった。
このままAグループの決勝までいけたらいいな……。

厳しそうな予感もあるけど。
みんな頑張りすぎなんだよなー、育成。
よくそんな短距離Sとかつけられるよね本当。
そもそもサポカ資産が足りないんだよね実際。

ああ、三周年のアニバーサリーが近い。
イコール、またあらたな育成シナリオが始まる。
始まること自体はいいんですけどね。
問題はほぼまちがいなく友人サポカが必須となることなんですよね。
ただでくれるんならともかく、引かなきゃならないし。
ガチャを引かなきゃならないし!
だけど引けないし!
引いてもでてきてくれないし!
ピックアップどころかSSR自体がでてきてくれないし!

あー、嫌だ嫌だ。
ジュエルは貯めてるけどさあ。
天井まで引いても一枚もでてこないとかなったら、もう……。

ガチャは悪い文化!
  1. 2024/02/18(日) 22:43:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

CD-ROMゲーも読みこみ時間があんまり無いのがいいね

ダクネスさんクリアー。
むろんメガドライブミニ2に収録のシャイニング&ザ・ダクネスさんのことですよ。
無駄にレベルを99まで上げてしまった。
だって簡単に上げられちゃうんだもん。

クリスタルウーズなるメタルスライム的なモンスターがおりまして。
いわゆる体力は少ないけど回避率と防御がハチャメチャに高くて、おまけにすぐ逃げて、なかなか倒せないんだけど、経験値はメガトン級に貰えるという例のアレ系モンスターです。

それがね、パーティーの最低レベルが60になると手に入れることができる攻撃アイテムを使うと、高回避率とか高防御力とかいっさい無視で、ワンターンキルできるようになっちゃうんですよね。
そりゃーもう、レベルなんて上げほうだいさー。
だから上げたさー。

そしてレベルをカンストさせて気づく。
あれ?
メインアタッカーなはずの主人公より、ヒーラーなはずの僧侶キャラのほうが強くね? って。

カンスト時点で主人公の攻撃力はおよそ一撃200ダメージほど。
そして僧侶キャラは一撃100ダメージ。
しかし、僧侶キャラはとあるドロップアイテムを装備することで、三連撃を与えることができるようになる。

つまり100ダメージ×3。
300ダメージ。
メインアタッカーの攻撃力を余裕で超えちゃってんじゃん!

うーむ。
あまり気づきたくはなかった真実。
ローレシアの王子よりサマルトリアの王子のほうが強いとか、やっぱなんか嫌だし。
やっぱサマルは微妙にヘタレてくれなきゃさあ……。

ともあれ、カンスト状態でラスボスと相対しましたら、当たり前ではありますが超絶余裕でした。
全体に100ダメージとか喰らっても、こっちは魔法使いですらHP500超えですからね。
楽の勝。
楽勝。

しかしいいゲームだった。
マッピングすることでこれほどおもしろさがマシマシになるとは。
30年の歳月を経て、初めて知る喜びでした。
感謝。
メガドライブミニ2に感謝。

★  ★  ★

そしていまは『ルナ ザ・シルバースター』をプレイしております。
続編にあたる『ルナ エターナルブルー』は文句なしにSSR級のRPGであると個人的には思っているのですが、一作目のシルスタさんは、んー、SRくらい……かな……。

たぶん、メーカーが初めて作ったRPG? ということもあって、いろいろと粗いんですよねえ。
レベルが上がっても、どのステータスが上昇したのか表示されないし。
おかげでいまいち強くなった感がないし。
なんでか知らないけど回復ポイントが街のなかに無かったりするし。
フィールドの各所に点在しているおかげで、普通のRPGの感覚で街に戻ると「あれ? 回復できない?」となって余計に苦労するし。
無駄に街は広いし。
CD-ROMになって膨大な容量を使えるようになったのはわかるけれど、それで街を広くされても、ただただ利便性が損なわれるだけというですね。

だけど、そんな粗さたちですら愛せてしまうというか。
名作『ルナ エターナルブルー』を生みだすためには、きっと製作サイドにとって必要な経験だったんだなあ……と、なに目線なのか自分でもよくわかりませんが、とにかく胸がきゅんきゅんとしてしまうのです。

CD-ROMゲーの特色ともいえるムービーも、極めて牧歌的。
なんせ動かない。
止め絵。
あとはボイス。
それだけ。
いや!
それがいいんだ!
それが!
うはー!

そして攻略サイトを見て初めて知る、隠しアイテムの多さ。
いちおう当時プレイしてクリアーしているはずなんですけど、まったく知らなかったな……こんな建物の影に隠された宝箱とか……知らないことが多いな……。

記憶だとあんまりボリュームは無かったはずなので、サクサクっとクリアーしたい。
そして続編の『ルナ エターナルブルー』へ……いくかどうかは、さて、どうしよう?

なんせ『エターナルブルー』はたしかボリュームがハンパなかったような記憶なんですよね。
あんまりボリューミーだと気合いがいるというか。
まあ、『シルバースター』をクリアーしてから考えればいいか。
  1. 2024/02/17(土) 01:00:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

あれ、マーリンはメインヒロインではなかったのか

やってますよダクネス。
もちろんメガドライブミニ2に収録の『シャイニング&ザ・ダクネス』です。
いまはもう『ダクネス』で検索すると某ライトノベル作品のヒロインばかり表示されるという驚き。
しかたないよシャイダクは1991年のゲームだもの。
20年以上前のゲームだもの。
刻は流れた!

★  ★  ★

シャイダク、マッピングしながら順調に進めておりまして、もうダンジョンのラストフロアーまで到達しました。
まだ主人公用の最強装備はそろってないけど。
『ひかりのよろい』がない。
そろえないとラスボスを倒せないんだっけ?
倒せるけど苦労するんだっけ?

いずれにせよ、あとすこし。
しかしシャイダク、本当におもしろい。

昔、実機でプレイしたときはひたすらダンジョンを潜るだけで、とくにイベントらしいイベントもなく、ただただ戦闘ばかりで、なんだか退屈なゲームだなー、と思った記憶ですが……いやいやいや、ぜんぜんおもしろいんですけど?

やっぱり鍵はマッピングですね。
先のわからないダンジョンをマッピングしつつ、手探りで進むからこそのおもしろさ。
攻略本とか見て、すでにできあがったマップに従ってプレイしたんじゃ、そりゃーただ戦闘ばかりの退屈ゲーになりますわな。

戦闘のバランスもいい感じに厳しいですしね。
つぎの階層に辿りついたばかりのときは敵がクソ強くて、だけどもらえる経験値も倍くらいに跳ねあがるから、すぐにレベル上がって、そして数レベル上がったあたりには敵の強さも適切な範囲に落ちつく。
いやー、素晴らしい。
当時はわからなかったな、この素晴らしさが……。

★  ★  ★

あ、そしてメガドライブミニ2、初めてのフリーズはシャイダクでした。
戦闘中にいきなり固まったから焦った。
セーブ直後だったからまだよかったようなものの。
ルナ2あたりではちらほらフリーズ報告も見たので、ちょっと覚悟はできていたんですけど……よもやシャイダクでなろうとは。

なんでだろ?
電力を供給しているUSBの電源アダプタは、ちゃんと5V2.4Aのものだし?
ちゃんとアンペア数は足りてるはずなんだけどな?

まあ、そういうこともあるか……。
こまめにステートセーブしておいたほうが無難ってことですね。

以上。
『ルナ エターナルブルー』をクリアーするまではメガドライブミニ2には頑張って欲しいわたしでした。
  1. 2024/02/12(月) 09:49:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ

プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

月別(表示年指定)

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

まんが版(山木鈴さん作です)

かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。

自分の書いた本

ぱんどら 2 (MF文庫J)
ぱんどら 2 (MF文庫J)

ぱんどら (MF文庫J)
ぱんどら (MF文庫J)

かのこん 15 (カノジョはコンと……)
かのこん 〈15〉カノジョはコンと…… (MF文庫J)

かのこん〈14〉どきどき☆らぶれっすん (MF文庫J)
かのこん〈14〉どきどき☆らぶれっすん (MF文庫J)

かのこん〈13〉オトメとらいあんぐる (MF文庫J)
かのこん〈13〉オトメとらいあんぐる (MF文庫J)

新キャラ。そして新展開。これからどうなる? それは作者にもわからない……。

一段落。寸止めない。

終わらない止まらない。

そしてすべては動きだす。

二度目の短編集。そして雪花のターン。

修学旅行先でもおぱおぱ。

海でもおぱおぱ。

暴走臨界。
パンがなければケーキを食べればいいじゃない。

短編集。甘~いお話ばかり。

暴走開始。温泉女将雪女。

アイジン登場。

いま読み返すと初々しい。

ドラマCD

これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!

RSSフィード