スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

耕太とちずるの~

   耕太とちずるの羅生門

          1

 へくちっ。
 大きな大きな門の下、下人はくしゃみをした。
 ぶるりと震えながら、夕闇のなか降りそそぐ雨を見つめ、彼は思う。
「これからぼく、どうしよう……」
 下人の名は、耕太。
 小山田耕太である。
 そして門の名は、羅生門。
 かの有名な、京の都と外とをへだてる、平安京の正門である。
 この年の京の都は、地震やら火事やら飢饉やら米国のサブプライムローンに端を発した世界同時恐慌の影響やらで、もうえらいこっちゃであった。
 実際、耕太も主人からリストラの憂き目にあった。
 現在と違い、当時の京都に、ハローワークはない。
 雇用保険だってない。
 というわけで、耕太は雨のなか、行き場もなく、羅生門の下、ぽつんと座っていたりするのであった。
「ホント、どうしよう……」
 もうそろそろ、冬も近い。
 いまだってほら、降りしきる雨のせいもあるだろうが、染みいる寒さで、自然と身体が震えてくる。
 なのに、帰る家すらない。
 傘もない。
 くすん。
 なんだか耕太は泣けてきた。
 自然と姿勢も体育座りになってきた。
「ぼく、強盗なんてできないし……」
 いままで貴族の下人だったわけで、腰には刀ぐらいある。
 が、耕太はその刀を使って人を襲うことなんて、とても考えられなかった。
 しかし、やらねば生きてはいけぬ。
 生きていけねば、死ぬしかなかろう。
「死ぬのは……ヤダなあ」
 耕太はうつむいた。
「でも悪いことも、したくないなあ……」
 体育座りでうつむき、しばらく、さめざめと泣いた。
 なんてぼく、かわいそうなんだろう。
 しくしく。
 しくしく。
 しくしく。
 しばらくそうやって自分をなぐさめてから、耕太は顔をあげ、袖で涙を拭った。
「と、とりあえず、今日の宿をどうにかしなくちゃ」
 きょろきょろとあたりを見回し、見つけた。
 それは、羅生門の二階へと続くはしごだった。
 もし二階を使えるようなら、ちょっと貸してもらおう……ちょっとじゃなくて、しばらくになるかもしれないけど……ぐー、と鳴るおなかを押さえながら、耕太は朱色のはしごへと向かった。
 雨は、すっかり暗くなった京の都に、いまだ静かに降りそそいでいた。

          2

「あーん、耕太くん、かわいそー!」
「ぬはっ!」
 おそるおそる、耕太が朱色の階段をのぼり、二階へと顔を覗かせた、とたんのことだった。
 かすかに揺らぐ灯火の光のなか、女がヘッドスライディングで飛びこみ、耕太の首根っこに抱きついてきたのは。
「だいじょうぶ、もうだいじょうぶだよ!? ちずるがいるからね? 住む場所も、あったかいおふとんも、熱々のおふろも、おいしーいごはんも、ぜーんぶ用意してあげるから! もちろん、わたし自身もセットにつけて……やだ、なにいわせるのよう、耕太くんったら!」
 ぎゅー、と女は抱きしめてくる。
 うがが。
 締まります締まります。
 ギブ。ギブギブ。
「あ、ご、ごめんなさい」
 ぱっ、と締めつけていた腕を放してくれた。
「だって、ずっと待たせるんだもん……この寒いのに、耕太くん、風邪引いちゃうかと思って心配しちゃったじゃない。だめだよー、耕太くん。演技に熱、入りすぎー」
「え、演技とか、おっしゃる意味がぼく、よくわかりません!」
 軽く咳きこみながら、耕太はいった。
「だ、だいたいあなた、だれなんですか?」
「わたし? わたしは老婆役の源ちずるちゃん」
 自分を指さし、女はにっこりと微笑む。
「ろ、老婆役って……うえ?」
 もうどこからつっこんだらいいのかわからない耕太の前で、なぜか源ちずると名のる老婆は、いそいそと着物の帯をほどきだし、そのとても老婆には見えない、ぬちっ、としたみずみずしくも脂の適度にのった肌をあらわにしだした。
「な、なにを!? あなた、なにを!?」
「うん? だってほら、下人役の耕太くんは、ここで死体の髪の毛をとってかつらにして売るんだー、とかいってる老婆役のわたしの着物を、『だったらおれが追いはぎをしても恨むんじゃねーぞ』って剥いでいくでしょ? だから、手間がかからないように脱いでるの」
「待った! お願いだから待った! ストップ! ドントムーブ!」
 ぴた、ともうあとは肩から着物を滑り落とすだけ、となったちずるが、その手の動きを止めた。
 手の動きを止めながらも、「どして?」と首は傾げる。
 そのわずかな動作だけで、するん、と着物の前がはだけ、ちずるの羅生門があやうく――。
「そ、それは、ぼくが追いはぎになるのは、いろんな細々としたやりとりのあとなわけで、ですから、こういうのはきちんとやってからのほうがいいと思われるわけで、だいたい、べつに本当に着物を剥ぐ必要もないと思われ、ですからして」
 耕太は朱色の羅生門から視線を背けつつ、いった。
 羅生門というより……藪の中?
「なーにいってるの、耕太くんったら」
 いまだ耕太の身体ははしごにあり、首だけを羅生門二階の間へとだしていた。
 その耕太の顔へ、半裸のちずるがあらためて抱きついてくる。
 耕太の鼻が、ちずるの大きなふた山の芋粥へ。
 Quax, Bag, quo quel, quan?
 そのまま、ずるりと耕太の身体は二階へと引きずりあげられた。
「時代はITよ? スピードこそが命なのよ? そんな悠長なこといってたら、のりおくれちゃうよ? のるしかない、このビックウェーブに!」
「いまの時代は平安時代ですぅ!」
 この耕太の声は、音としては発せられなかった。
 ちずるのふたつのビックウェーブにすべて吸いこまれ、ふごふが、としか伝わらない。
 かくして下人、耕太は、老婆、ちずるに襲われ、耕太の蜘蛛の糸はすっかり地獄変、あばばばば、となるのであった。
 下人の行方は、誰も知らない。

★  ★  ★

よろしかったら、原作版(?)もどうぞ。
できれば本のかたちで読んでもらいたくもありますが、青空文庫は手軽でよろしいかと存じます。

 青空文庫
 芥川龍之介 羅生門
 そのまま読める版
 図書カード
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。