スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ちゃーじ3回

カブトボーグというアニメにほんのちょっぴりだけハマる。
どんな内容のアニメかといえば、血気盛んな主人公の少年が昆虫型をしたミニ四駆大のマシンでライバルたちと対決しあうという、一見、子供向けのアニメのふりをして、その実、制作者側の大人たちが好き勝手かましまくる素晴らしいアニメです。

だって、オープニングのナレーションからして「カブトボーグ、それは人生の縮図、漢のロマンである!」とかいってんだから、もはや隠すつもりすらない。
小学生の子供たち相手に「人生の縮図」とかいったって……いわれたほうがきっと困る。
でもレンタルDVD屋さんでは、ちゃんと男の子向けのコーナーに置いてあるんだなあ。

くわしい内容は下記リンク先にあるwikipediaの項目を参照していただければ。
こちらを読むだけでも素晴らしさの一端は伝わるかと思います。

人造昆虫カブトボーグ V×V(wikipedia)

現在、32話まで視聴完了。
全52話だからまだまだです。
ちょっと困っているのは、DVDの1巻がずっとレンタル中になっていること。おかげで最初のストーリーがわからない。まあ、わからなくてもとくに支障はなかったりもするのですが。

あと個人的に観ていて楽しいのは、かのこんに出演されてる声優さんが、こちらにも出ていること。
たゆら役のかたと八束役のかた。
たゆら役のかたは主人公のライバル? 的存在。だいたいヘタれ。
八束役のかたはなんと主人公と敵対する組織の親玉役。というか主人公の父親。ほとんど毎回のように登場する。だいたい変態。
というわけでカブトボーグマニアのかた、ジョニーとビッグバン総帥が出ているかのこんもよろしくどうぞ……と宣伝して了。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。