スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

おえかきぬ

 例の原稿、がしがしと取り組んでるところではあるんですけど、作業していて、「あれ? こいつ、どんな感じのやつだったっけ?」と手が止まるときがあるんですね。

 いや、キャラの魂といいますか、性格的なものは覚えてるんですが。
 忘れてるのは外見。
 および雰囲気?
 あとは服装。
 まあ、学園物だと、ですね。
 とりあえず制服を着させておけばいいんですけど。
 もう学園物じゃなくなっちゃってるんでねえ。

 なので、個人的な資料として、キャラの絵を覚え書きしてみた。
 これを見ながら書けば、手が止まることもあるまい。たぶん。

   ★  ★  ★

 こんな感じ。

かのこんキャラ絵01

 それぞれ、15巻終了時点での格好。
 意外と毛髪の色とか覚えてなかったりするもんで。

かのこんキャラ絵02

 耕太のところでは本音が。
 熊田と乱が適当だ。

かのこんキャラ絵03

 思っていたより黒髪率が高かった。
 あと金髪率。
 女性率も高いね。

   ★  ★  ★

 実際に描いてみて気がついたんですけど、髪の毛とか服とか描くのって、本当にめんどくさいのな。
 くるんくるんと長い髪なんて、とてもまともに描いていられない。
 世のイラストレーターさんはスゲエや。
 二頭身キャラでさえ、こんなにめんどくさいのに。
 よくもまあ、リアル頭身であんなに描きこむよね。
 でも、神は細部に宿るんだなあ……。

   ★  ★  ★

 あ、ぜんぶボールペンでの一発書きです。
 小さなメモ帳に、かきかきかきと書きこんで、あとはスキャナーで取りこんでみた。
 スキャナーといってもエプソンのインクジェットプリンターの機能ですけどね。
 なんかA4サイズでしか取りこんでくんないんだよねー。
 設定次第でどうにかなるのかな?
 生まれて初めて使ったもんね、プリンターのスキャナー機能って。
 当たり前ですけど、ケータイのカメラで撮影するより、ぜんぜん綺麗に取りこめますな。
 まあ、綺麗に取りこむだけの価値があるものかどうかっていう問題がありますが。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で、本当はもっとモブキャラを絵に起こさなくちゃダメなんだけど、主要キャラのほうが描いていて楽しかったという本末転倒ぶり。
 主要キャラは覚えてるっつーの。
>>復活おめでとうございますブログをブラウザのお気に入り登録していて、「今日こそ更新されてるか…?」と心配になりながら毎日見てました(病気やケガじゃなくて良かった)

 そうだよねえ。
 心配するよねえ。
 わたしも、長く放置されているブログなんか見ると、心配しちゃうし。
 無事ならいいんですけどね。



>>いっそのこともうプロットや結末を箇条書きした奴でも良いからアップしてくれないかなぁ、って考えたりむしろ2冊分のノートをオークションに出しちゃっても良いんですよ西野先生はツイッターとかやらないのかなぁ…(チラッ

 それは最後の手段かなー。
 どうあがいても本にならないとなったら、ね。
 そういう選択肢もあり得るかと……いや、キンドルでセルフ・パブリッシングという方法もあるな?

 ツイッターはどうかな?
 問題発言をしない自信がないんですよね。
 ブログだと、ほら、基本的には長文だし。
 長文って、いろんな意味でマイルドになるし。毒とか。
 投稿する前にプレビュー画面も見ることができますしね。
 だからワンクッション置ける。

 その点、ツイッターだと、すぱっといっちゃう感じでしょ?
 短文だし。
 やっぱり短文って、いろんな意味でダイレクトになっちゃうんですよねえ。毒とか。

 んー。
 でも、宣伝ということを考えれば、いまはもうツイッターをやるべきなのかなあ……。
 ま、考えておきます。



>>うわーん心配してたんですよぅセンセー(泣)!最近、あの“主に少女たちが手掛ける創作物”に関連して著作権やら肖像権やら名誉毀損やら適用云々てニュースやってたりするからソレでヤられたのかと思ったんですよう(泣)!

 そういうのに巻きこまれたら、たぶん報道されるんじゃないですかね?
 ……と思ったけど、わたしぐらいのマイナーさになると、アレか。
 たいした記事にはならないか。
 著名な作家さんがなんかやらかすたびに大きく記事にされているのを見て、売れるっていうのも大変なんだなあ、と思う日々でありましたよ。



>>こう言ったらミもフタもありませんが、可愛かろーがなんだろーが、所詮、獣は獣なんです、と誰か言ってましたわね。よほど訓練されてない限り、やっぱ、ガウッ!ってえ瞬間は有りまさあね。ヒトだって、例えば、いきなり他人から殴りかかられたら、でもって、そん時、たまたま武器になるよーな物を持ってたら…ねえ?過剰防衛にはなるだろーけど我が身は我で守らにゃ。

 もう最近では野良犬なんかも見なくなりましたけどね。
 昔々、わたしがまだ小学生だったかのころは、田舎だったこともあってか、たまーに野良犬と遭遇しては、追いかけられてましたけど。
 だから犬のことは長らく苦手でした。
 散歩する犬とすれ違っても、びくん! とならなくなったのは、近所の人懐っこい犬とたわむれることができるようになってから。



>>特許やら版権やら難しいですなつくづく。ちょいと引用したってえだけでも本来ならばそれなりに、そーゆーのは発生すんスよね。日本は、そーゆーのに寛容すぎるらしいス。

 海外の場合、フェアユースっていって、きちんとしたやりかたにのっとって引用するのであれば、逆に罪には問われないらしいんですけどね。
 いろいろとグレーゾーンな日本のやりかたも、それはそれで、日本っぽいですけどね。
 空気を読む系といいますか。
 ただ、そういう曖昧なものって、どんどんと白黒ハッキリさせられつつありますな。



>>いやーん!私と妹にとってハマショーは男の中の男、ガチガチ硬派の兄貴なのにい!兄貴はゲームになんてなっちゃダメなんだい!でも先生の“マリオ”見立ては笑えました(笑)。笑かしてくれてアリガトウです。

 いえいえ、こちらこそ。
 ハマショーはベスト盤でしか知らないわたくしですが、「マネー」はカラオケで歌うと楽しいですやね。



>>確か、レディオモスコーも、かなり鮮明に聴こえてましたよ昔は。今は…どうなのかしら。地磁気も変わったろーからもしかしたら聴こえないかも。

 あー。モスクワ。
 あったかもしれない……北朝鮮の放送だけじゃなくて、ロシア語の放送も……電波が強すぎるんだよねー、海外はねー。



>>Yahoo!で「スーパーマリオ」と検索してもブロック出ないぞ!って思ったら、ちゃんと「ggる」って書いてましたね、恥ずかしい(´・ω・`)

 こいんこいんしてください。
 楽しいよね、こいんこいん。



>>ちゃんちゃん焼き、昔々、造って食しましたが…結構難しいでっせ。焦げやすい上に、下処理をシッカリやらないと「…なんか生臭い」と。本場の人に造ってもらうのが無難かもしれねっす。

 やっぱり火加減が難しいんだなー。
 バターとみそだれパワーで、生臭いのはどうにかなるかと思ったんですが……盛岡で、どこか食わせてくれるところないかなあ? ないよなあ。



>>毎度っす。歯科通いの者っす。一昨日、右下親知らず抜きまして。なんと、いまだに出血しとるですわ。しかも頬は腫れ、鼻とノドまでズゴンズゴン痛くて、殆ど眠れずの日々。鎮痛剤が効いてる内はイイんですが効き目が切れた途端にズゴンズゴンと。

 わたしもしばらく歯医者にはいっておりませんで。
 虫歯とかありそうで、怖いです。
 親知らずはないんですけど、虫歯を抜かれるとかドリルで掘られるとか神経を引っこ抜くとか……ああ、ヤダヤダ。



>>握り飯といえば、昨今はサンドイッチみたいなオニギリが流行りとか。平たく造って真ん中から切ったヤツらしいですが。普通の握り飯は食べ進まないと中身に到達しないけどコレなら一口目から中身を味わえますよとかでウケてるっぽく。うーん…過程を楽しむっつーのが無いのは…脱がせるワクワクが無い睦み事みたいでナンダカナア(苦笑)。

 へー。
 サンドイッチおにぎりでググったら、でてきました。
 海苔の上にごはんをのせて、具をのせて、あとは海苔で包みこんで、斜めに切るだけ。
 握らないのね。
 いいんじゃないですかね。
 お米を握るのって、熱いし、手はべとべとするしで、たしかに大変ではある。
 ……と、思って作りかたの動画も観てみたけれど、むー、これなら素直に握ったほうが、楽なんじゃ……? とか思ったりもしたけれど、お子さまなんかはいいかもしれませんね! サンドイッチっぽくてね!

 あと、なんとなく、大学生っぽくもある。
 ただのイメージだけど。
 そのうちコンビニあたりで売られるのだろうか。
 もう売っているのだろうか。



>>プロットを紙に書く件。解りますわあ。全体をザザッと読み返したり校正したりってえ時には、画面をスクロールするより楽ですもん。“尺”の長さも掴みやすい気がしますな。

 わたしの場合、パソコンでプロットを練るより、紙のほうが、イメージが広がりやすい……気がするんですよね。
 ペンでなにかを書くというのが重要なのかも。
 キーボードで入力するというのではなくってですね。



>>西野先生もパズドラやってたんですね…自分もサービス開始当初からやってますが、鋼の心で無課金を通し貫いてますよ国会は議員達の遊びの場ですよ(´・ω・`)

 とりあえず流行りにはのっておいたほうがいいかな、と当時は思ったので、やってみました。
 いまだと艦これでしょうね。
 つぎはなにかな?

 国会議員さんは、たぶんアレはアレで大変なんですよ。
 だってわたし、真似しろったってできませんもん。
 無理だ! 恥ずかしい!
 ……とか思っちゃう。



>>議員さん方は、ねえ…俳優の素質が無いと務まらんかもですね。“顔に人格が表れる”という俗説を立証してる方々でもあると思うです。しかし「数にモノを言わせて押し通す」ってヤり方ってのは時代を経ても変わらないんですねえ。なんか嫌だわあ。

 いままで、あんまり政治には興味を持って生きてこなかったので……だけど、まあ、いまも昔も、あんまし変わんないんでしょうねえ。
 個人的には牛歩戦術とか見てると笑っちゃうんですけどね。
 あれを見て、後援者の人なんかは「よくやった!」と思ったりするんでしょうかね?
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。