スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ふらみにあー

 Gレコこと『ガンダムGのレコンギスタ』に登場するキャラクターで、いちばんエロいのはフラミニアさん説を勝手に提唱していこう、とシャワーを浴びながら唐突に思った。

 たしかにチュチュミィ時代のラライヤ、通称チュチュイヤさんもエロいよ。
 ノレドさんもクンタラという設定ふくめて健康エロいよ。
 マニィさんも病み健気エロいし、アイーダさんはポンコツ高貴エロいし。
 ウィルミット長官もババアエロい。
 バララさんは小生意気健気エロいし、ミック・ジャックさんは丸ごとエロいし、ステアーさんは肉食ワンダフルエロい。
 マッシュナーさんもストレートエロいし、そうそう、復活したラライヤさんことラライヤ・アクパールさんも生真面目エロいよ。

 というか、富野由悠季監督の作品の登場するキャラクターというのは、だいたい妙な色気を発散しているような気がしますが。

 しかし、エロスというのは、隠されれば隠されるほど、抑圧されれば抑圧されるほど淫らに燃えさかるのだと気持ち悪く主張したい。

 そこから考えれば、やはりフラミニアさんなのだ。
 長いスカート。
 Gレコの登場人物にしてはめずらしく、身体のラインをあらわにしない格好。
 みんなオープンなのにひとりだけオープンじゃない。
 もうそれだけでエロいじゃないか。

 設定からして、じつは彼女、スパイ。
 敵地にて、もうひとり(男性)の仲間とともに、ふたりだけで頑張ってる。
 たぶん、仲間の男と、いわゆるオトナの関係になってるよね。
 そのほうがスパイ活動する上でも都合がいいだろうし。
 実際に関係しなくても……たとえば、恋人同士だということにしておけば、ふたりきりでいてもおかしくない。
 だけどたぶん違うな。
 最初は偽装ということにしておいたのが、フラミニアさんのほうから破ったな。
 また相手の男がヘタレそうなんだ。
 男がヘタレてるのを、フラミニアさんから強引に……という、妄想。
 絶対にフラミニアさんが上だよね、と思う。
 いろんな意味で。
 男のほうも、こんなことしちゃあ、いけないんだ……と思いつつ、フラミニアさんの見た目からは想像できないほど情熱的なボディと攻めっぷりの前に沈黙。
 なんかスゲエ下着とか持ってそうだよね。
 だよねって誰に同意を求めているんだろうね、わたしはね。



 ……で、どうしてわたしは「Gのレコンギスタ」を面白く観ているんだろう、と理由を考えてみて、そのひとつに、キャラクターのエロさ……ではなく、余白の多さがあるような気がした。
 いろいろと想像の余地があるというか。
 いわゆる薄い本的な妄想がいくらでもできるというか。
 上記のフラミニアさんに対する妄想って、たしかに妄想だけど、だいたい合ってるような気がしないでもないんですよね。
 なんかけっこうこういうのが楽しいんだな。
 マスク大尉とバララさんの関係とか。
 上手い感じに匂わせてくれてるんだなぁ。
 マスクとバララさんは、もう絶対、そういう感じだろう。オトナだろう。いろんな意味で。
 ミック・ジャックさんと天才は意外と読めない。
 じつは天才、女に興味が無かったりしたら面白いんだけど。
 どうなのやら。



 以上。
 ひさしぶりにアニメについてガッツリ書いてみた。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。