スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

きーぼー

 なんか最近、妙にキーボードがパカパカで、具体的にどうカパってるのかといえば、左側がもうパカんパカんで、『A』とか『Z』とか『1』とかシフトキーとか、小指で押すとぺこんぺこん……ヒジョーにヤな感じー。

 気のせいかもしれないけど、なーんか指が疲れる。
 とくに、文字を入力するときには『A』をよく押すから……ローマ字入力なもんで、あかさたなはまやらわを入力するときには、どうしたって『A』を押す必要がある。
 ()を入力するのにはシフトキーを押さなきゃダメだし。
 あ、入力した文字列、間違って消しちゃった! というときには、『Ctrl』+『Z』で、ひとつ前の状態に戻すこともできちゃう。
 けっこー便利です。
 原稿作業の場合、切ったり貼ったり削ったり、よく編集するんですけど、その際、たまーにミスって違うところに重ねて貼りつけちゃったりとか、ありがちなので。

 それら、文字入力のときにはよく使うキーたちが、すっかりパカんパカんなわけで。
 考えてみれば疲れるのも当たり前ね。
 たぶん、キーの状態がピシッとしているときよりも、入力するのに力は必要になるんだろうし。
 わずかな差であっても、積もり積もればかなりの違いだ。
 だからでしょうかね、文字入力のミスも増えてきたような……にゃふー。
 もうね、「ぱこぱこ」と入力したつもりが「pこpこ」とかね。
 イライラするんじゃー。

 と、我慢の限界にきたのと、スカパーのディスカバリーチャンネルでやってたクラシックカー・ディーラーズにてエドが車を分解修理していたのに触発されて、直せるものなら直してみようと試みた。

 わたしが使っているのはノートパソコン。
 ThinkpadのT400です。
 以前、キーボードが故障したんで、交換したことがあります。
 おそらくはその交換したとき、きちんと組みこめていなかったのでしょう。
 これは、ディーラーに頼めば500ポンドは取られる作業ですが、自分でやるならタダです。
 なので、自分でやった。
 いちどキーボードを外して、また組みこんだ。
 あっさり直った。
 いまのところは左端のキーを入力しても、カパってる感じはない。
 うわーい。
 スムーズぅ。
 おおぅ……。
 文字を入力するのってこんなに楽だったっけ……。
 もっと早く直しておけばよかったな……。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。