スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

すあれす

 最近の読者は、ストレスがかかる展開を厭うらしい。
(厭う=いとう 好まないで避ける、嫌がるの意)
(……と、あえて『嫌がる』とは書かずに『厭う』と書くことでストレスを与えてみたりして)

 なので、たとえ敵キャラであっても単にムカツクキャラはダメ。
 ストレスになるから。
 もし仮にムカツクキャラを登場させるとしたら、すぐにボコらなきゃダメ。
 ストレスになるから。
 修行シーンもダメ。
 ストレスになるから。
 ツンデレとかいって主人公に暴力を振るうヒロインもダメ。
 ストレスになるから……えとせとらえとせとら。

 いわゆる俺TUEEキャラというのが近ごろキャッキャウフフともてはやされてるっぽいのも、そういうキャラならストレスにならないからであろう……とか、テキトーなことをいうとなんかそれっぽく感じますか? どうですか?

 ★  ★  ★

 ただ、そんなのべつに読者に限ったことでもないんじゃねーべか、と思う。
 テレビの視聴率がのきなみ下がっているのも、黙ってボケーっとテレビの前に座っているのがストレスだからではないだろうか。
 スマホなら――ネットなら、CMを待ったりとかHDDレコーダーでわざわざ録画とか、そんな面倒くさいことをしなくたって、気軽&手軽に美味しい部分が味わえる……んじゃないのかね。
 いや、違法アップロードうんぬんじゃなくて。
 スマホのゲームにせよ、ニコニコな動画にせよ、ツイッターとかフェイスブックとか、みんなみんな、いま流行っているのはなるべくストレスがかからんような作りになっている……んじゃなかろうかと思う。
 すくなくともテレビよりはかからない。
 続きはCMのあと!
 ……とかないし。

 ★  ★  ★

 みんな忙しいんじゃなかろうか、という仮説。
 仮に『肩こり解消!』というテーマのガッテンなテレビ番組があったとして、自分が知りたいのは『どうすれば肩こりが解消されるのか』という情報なわけなんだけど、その情報を入手するためには1時間ほど我慢して志の輔の顔を見続けなくちゃならない。

 ネットなら『肩こり 解消』とグーグればすぐに情報は入手できる。

 忙しい人がどちらを選ぶのか、答えはいうまでもなく。

 ★  ★  ★

 忙しい=仕事がたくさんブラックブラックガムというわけではなく。
 楽しまなきゃならない娯楽がたくさんある場合でも当てはまる。
 ニコニコしてー、ツイッてー、ラインってー、アニメ実況ってー、ネトゲってー、マンガの新刊読んでー、快楽天で快楽ってー、たまにお風呂入ってー……とかやってれば、そりゃー時間もなくなる、忙しくなる、ペットボトルに黄色い梨汁がブシャる。

 そんだけ楽しいことがあるとね。
 わざわざストレスをためてコストかけて我慢しなくても、もっと簡単に、ノーストレス、ノーコストで手に入る快楽があるのなら……まあ、しゃーないですわな。

 ★  ★  ★

 じゃあ昔はどうだったんだ、と問われれば、昔はストレスをためてコストかけなきゃ手に入らない快楽ばっかりだったんではないか、と想像。

 まずネットがないし……ニコなしボカロイドなしツイなしラインなし。実況なし。
 ネトゲなし、いまほど簡単に人とつながれず……となれば、それなりに小説やらマンガやらゲームやらを集中して楽しめただろうし。

 ★  ★  ★

 これは最近の若い人がどうこう、という話でもなく。
 わたしだってそうなってるし。
 このあいだ、自分でも驚いたことに、マンガのエリア88が途中までしか読めなかった。
 ラスボスっぽい神崎というキャラにムカついて。
 なんか途中で退場しなさそうだったし、このままずーっと最終刊までこのゲス野郎のゲスな行為を見続けなきゃいかんのか? と思ったらダメでした。
 内容自体は面白かったんですけれども。
 松本零士のザ・コクピット臭が若干感じられるとはいえ。
 神崎さえいなきゃ……。

 スゲー弱くなってる。
 ストレスに対する耐性がなくなってる。

 ★  ★  ★

 以上、自分にストレスを与えるためにつらつらといろいろ考えてみたの巻、でした。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。