スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

もばもば

 年末あたりにかけてそこそこ安価な8インチwindows8タブレットがけっこー出揃うようで、かなり気になっているわたしなのでありました。

 Acer(エイサー、と読む)から、Iconia W4-820が。
 DELL(デル、と読む)から、Venue 8 Proが。
 Lenovo(レノボ、と読む)からは、Miix2が。

 どれもこれも、なんかスペック表を見るかぎりではそんなに差がない感じ?
 CPUはBay Trailとかいう最新のAtomだしー。
 メモリは2ギガ、保存できるストレージ容量が64ギガ、ディスプレイは1280×800の、えーと、Acer以外は10点マルチタッチパネルか。Acerは5点タッチっぽいんだけど、はたしてタッチ数が半分になるとどう使い勝手に関わってくるのか、それはわたしにはわからない。
 そのすべてにOfficeは付くはず。
 少なくともWordとExcelは付属する……はず。

 値段はどれも4万円台前半から、39,800円あたり?
 どうも、新しいAtomというCPUはいま流行りの艦これさんがプレイできるらしく、それで出先でも気軽に艦これプレイしたい提督さんたちには艦タブなんて呼ばれて、とっても注目されているらしいですぞ。

 で、なんかスゲーバカ売れしそうな気がするんですよな、この艦タブ……もとい、8インチBay TrailのWindows8タブレット。
 艦隊これくしょんができるというのはものすごく大きいんだろうけれど。
 外出先艦これとか、寝ながら艦これとかね。
 それ以外にも、もちろん艦これだけじゃなくって、WordもExcelもできるし、Windowsで使えるソフトはだいたい使えるだろうし、バッテリーの持ちもだいたい公称10時間(ということは実際は5~6時間ぐらい? もっと?)ということは、けっこー本気でノートパソコン代わりとして外出先で使えてしまう。
(外付けのキーボードは用意しなくちゃだろうけど、折りたたみのキーボードだっていまはそこそこ安価で売られているし)

 お値段お手頃。
 性能そこそこ。
 画面の大きさも作業するにはそこそこ。
 バッテリー持ち、よし。
 なにより軽い。
 みんな400グラム台。
 モノによっては(DELL、Lenovoのは)400グラム以下。
 持ち運び、メチャ楽。
 あれ、これってモバイル的用途には完璧じゃね?

 でもって、艦これの影響もあってこの8インチタブレットがこれからバカ売れしてくれれば、この市場はアリだといろんなメーカーが算入、メッチャしのぎを削ってくれて、結果、値段もさらにお手頃、性能もアップアップになるって寸法ですぜ!

 これなら、あの夢の「ファミレスとかドトールとかにいって優雅にコーヒーでも飲みながら執筆作業」もできる! ……きっと。
 電子書籍だって、雑誌はこの解像度じゃちょっと厳しそうだけど(細かい文字はできればRetinaレベルが欲しいだろうと思う)、漫画ならまあ、イケそうだし?
 小説はどうなんだろうなあ……。
 8インチというサイズ的はちょうど文庫本とだいたいおなじぐらいの大きさなはずなので、読めないことはないだろうけど……問題は、読みやすいかどうかなんですけど、そのあたりは液晶の質もふくめて、他の人のレビューを待ちたい気持ち。

 いいな!
 ひさしぶりに物欲が刺激されまくりだな!
 WindowsだとATOKも使えるだろうしな!
 ATOKっていうのは文字を入力するときに漢字に変換とかしてくれるソフトのこと!
 これがあるとないとでは、個人的に文章を入力する速度にえらい差がでるんだな!
 なにより!
 なにより、お手頃価格というのがいちばん素晴らしい!
 このあたり、国産メーカーも真似して欲しいけど……まあ、無理だよね……。
 東芝からDynaBook Tabなる8インチタブレットが出るそうだけど、やっぱりお値段は6万円台半ばらしく、うーん。
 2万円の差はねえ……。



 以上、いろいろ頑張って最近のWindows8のタブレット市場を語ってみました。
 これが精一杯。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。