スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

たーいーふーうーがーくるー

 ざんざらざんざらとひたすら降り殴っている雨の様子を部屋の窓からぼーっと眺めていたら、知らず、ブルーハーツの『台風』という曲を口ずさんでいたことに気づいた……我ながらわかりやすいですなあ、どうも。

 その後、たとえばトイレで小用を足してるときとか、インスタントコーヒーを飲むべくお湯が沸くのをコンロの前で待っているときなんかにも口ずさんでいた。
 いわゆる隙だらけ状態ってやつですね。
 ぬぼーっとしているときに、無意識で口ずさんでいる……のだけど、なにしろ無意識なもんで、ぶっちゃけ、歌詞がテキトーくさい。

 たーいーふーうーがーくるー
 もーのーすーごーいーやつー
 たーいーふーうーがーくるー
 ひーどーいーてーんーきだー
(※以下くり返し)

 ……と、サビの部分だけ無限ループでシンギン・イン・ザ・レインなんですけど、あとで歌詞を調べてみたら「ひどい天気だ」なんて歌詞はどこにも存在しなかったというですね。
 どこから誕生したんだ、そのフレーズ。
 勝手につけくわえんな、オリジナルのフレーズ。
 うろ覚えにもほどがあるっていう。

 まあ、気圧の関係でしょうか、いつもなら気にもならずにスルーしていただろう歌詞をなんとなく調べてみた結果、おのれのテキトーさ加減が嫌というほどわかったのもきっと台風のおかげだね!
 ありがとう!

 ★  ★  ★

 そんな暇くさい行為の結果、無性にブルーハーツが聴きたくなってしかたがなくなったわたしは、すぐさまCDを探す……のではなく、itunesを起動してクリック、というブルーハーツサイドから見たら叱られそうな行動をかまして聴いてみたら、やっぱいいですなあ、懐かしいですなあ、トキメキますなあ。

 でもやっぱり初期のほうが好きだな……。
 わかりやすいし。

 そういわれるのって、いわれる側はメチャクチャ嫌なんだろうって、曲がりなりにもモノを生みだす立場になってみるとよーくわかるんですけどね。
 だって自分だって嫌だし。
 昔のほうがよかったね、とかいわれたら、そりゃーもー。
 え?
 なに?
 いまの自分は無価値なうんちさんだっていうのかい?
 うんちさんほうが肥料になるぶん、まだ価値があるっていいたいのかい?
 でも、そう考えると、この世界に本気で無価値なものって存在するのかな……?
 みたいな。
 でも……やっぱりあるよねえ、そーゆーのって。
 いわゆる『昔のほうがよかった』状態ってやつ……とも素直に思えるようになった今日このごろ。
 ええ、見事なまでにゆるゆるです。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。