スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

じゅわいよ・くちゅーる耕作

 なんでか知りませんが、いまのいままで「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のことを「じゅわい・よくちゅーるマキ」だとばかり思いこんでいました。ぽん。

 ……ただたんに文節の位置が違っていたというだけの話ではあるんですが、そんなのテレビで流れているCMを観るときにきちんと注意して社名(というかブランド名?)を確かめていればとっくの昔にわかっていたはずの問題!

 若い人は知らんのかもしれんね。
 じゅわいよ・くちゅーるマキ。
 カメリアダイアモンドとか。
 ようするに宝石店なんですけど、昔々は深夜の時間帯によくCMが流れていてですなあ。
 GLAYとかTMNとかがCMソングとして使われていてですなあ。
 いまでも流れてるのかなあ。
 DVDレコーダーに録画する以外にテレビを観なくなってひさしいもんで、いったいどうなっているのやら……。くちゅくちゅマキ。

 ★  ★  ★

 で、なぜにいまさらじゅわいよ・くちゅーるマキなのかといえば、なんとなくカメリアダイアモンドのCMで使われた曲が入ってるコンピレーションアルバムを聴いたからなんですけれども。
 レンタルで。
 郷愁にかられて。
 ノスタル爺。

 で、すっかりノスタルお爺ちゃんカホカホになりながらカメリアダイアモンドのことを調べてみたら、冒頭の間違い、長年の思いこみに気づいたわけです。

 何年だろう?
 きっと十年以上……じゅわいよ・くちゅーるマキをじゅわい・よくちゅーるマキだと思いこんだまま、誤った事実を認識したまま、のんべんだらりと日々をすごしてきたんだぼくは。
 いやまあぶっちゃけ、じゅわいよくちゅーるマキのことなんか、べつにどう認識してたっていっさいの問題はなかったりもするんですが(これから先、関わることもないだろうし)、重要なのはこの思いこみがほかにも存在していないのかということなんですよ先生。

 なんかね……とんでもないことを同様に間違ったまま思いこんでいる可能性が……無いなんてことはとてもいえない。
 そこまで自分自身を信じることができない。
 いやあ怖い。
 怖いわあ。

 ★  ★  ★

 怖いといえば、このあいだ熱中症でブッ倒れました怖いネー。
 クソ暑いなか、メシも食わずに自転車を乗り回したりなんかするもんじゃないですね。
 途中、もちろんきちんと水分は摂取したものの、アイスコーヒー&アイスコーヒー&エナジードリンクという、カフェイン&カフェイン&カフェインの嵐。
 カフェインは体内の水分を尿として排出しちゃうんだっちゅーの。
 スポーツドリンク飲め。
 ポカリとか。
 アクエリアスでもいいぞ。
 せめてお茶。
 麦茶はカフェインも入ってないからとてもよろしいですね。
 というかメシ食え。
 ちゃんと→自分。

 血の気は引くわ、冷や汗は止まんないわ、手足に力は入らないわ、急激な体調不良によるプレッシャーのせいか過呼吸気味になるわ、「こんなので死んだらけっこうマヌケだにゃー」と微妙に観念しましたが、病院にて点滴を一本ばかりブチこまれたら回復。
 すげえや点滴!
 ……と思いきや、やっぱり身体はまだ弱っていて、二、三日ばかりぐったりしていたという。
 なんかずっと身体が熱いの。
 すっごい喉が渇くの。
 水を飲んでも飲んでも乾くの。
 うひー。

 昔はべつに、昼飯も食わずにクソ暑いなか歩き回ったって、倒れるなんてことはなかったんですけどー……もう若くないんだね、サヨナラ青春なんだねって思ったです。
 悲しい。

 なにが悲しいって、熱中症になってまで買った本の一冊が、島耕作クロニクルであることがそこはかとなく悲しい。



 ↓↓↓『続きを読む』で、若いころの島耕作はともかくいまの還暦をすぎた島耕作社長のベッドシーンとかどんな層のかたがたが喜んで見ておられるのでしょうかとすこし疑問に思った黄昏流星群。

>>古代くんが、ワープの時に雪チャンの保守的な下着姿を夢想?するのは、雪チャンにも責任が有りますよ(笑)。ワープの時、男の人は女性の下着姿を思い浮かべるそうですよ、なんて言っちゃったから(笑)。今だと、倫理コードに引っ掛かりそうな設定ですな。

 んな設定が初代ヤマトには。
 ってゆーか、そんなのべつにワープ時に限った話ではなくって、目の前にあんなぴちぴちタイツ姿の妙齢の女性がいたら、そりゃー若い男ならいろいろ夢想しちゃうんじゃないのかね? と思わなくもないですが、それだとテレビ放送されているときは四六時中下着姿じゃなくちゃいけませんね雪ちゃんは。

 ――いっこうに構いやしませんがね!



>>お酒はほどほどに!先生!小説書けなくなっちゃいますよ!w先生かのこん最新巻かいてます?ファイト先生!

 うん!
 がんばるよ先生!
 だけどビールの一杯ぐらいはゆるしてくれよな!



>>ものもらい大丈夫ですか?毎年のようになってるとはいえ、尊敬する作家さんのため心配でなりません。頑張って早治してください!

 おお……。
 まだわたしのことを作家さんと呼んでくれるのかね?
 とりあえずものもらいはだいぶよくなりましたが(まだちょっと目尻のあたりが微妙に痛がゆいけれど)、さて、この暑さは……。

 梅雨はどこにいっちゃったのかしら。
 ひと雨ばかり降ってくれないかなあ。
 ぼくの健康のためにも、これから先の米&野菜の物価のためにも。



>>あ、何年か前に眼科行ったら受付の若い娘さんに「いづいですか?」と聞かれて驚きましたよ。看護師さんたちも、やっぱ、患者さんたちにそう聞いてたから、受付ちゃんがつい方言出ちゃったんではないようで。確かに、いづいって言う方が説明早いけど一瞬固まったですよ(笑)。

 イッツ・方言。
 けっこうよく聴く単語です……『いづい』。
 痛いっていうか、なんだろう、うっとうしいっていうか……しっくりこないっていうか、なんかそんな感じの意味?

 でも、聴くけど、自分で使ったことはあんまりないなあ……。
 んーむ。
 いまいち方言は継承できていないわたくし。
(かといって標準語なのかといえば微妙な気も)
 年寄りと暮らしていればもうちょっと上手く覚えられたのかもしれないけれど……。



>>身体の片側だけ不調になるっていえば、わたしもそーです。何故か右側の器官に不調が多い。まあ、とりあえず、ご自愛くださいまし。お酒と糖分はほどほどにね?

 あー。
 わたしの場合は左がヤバめです。
 視力も聴力も、なんか左が弱い。
 なのになぜものもらいだけは右眼だけが!

 お酒は控えたいとぼくは思ってるんですが、暑さが。太陽が。ビールが。



>>あんまり顔を洗いすぎるとかえってよくないですよ・・・・・・。洗いすぎた反動で、顔って余計に脂っぽくなりますから。理由は忘れましたけど、洗いすぎるほどに油が過剰に分泌されるみたいです。

 でもねえ、暑いとねえ、汗でぺたぺたしちゃうから、どうしてもシャワーを浴びてしまうよねえ。
 タモリ流(でいいのか?)に、なるべく石けんやボディソープを使わず、お湯で流すだけにすれば……スッキリしないんだよなあ、それだとぉー。

 顔を洗うときは、あんまり石けんを使わないようにしたいと思います。
 アブラショー。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。