スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

うちゅーせんかんとま……いや、なんでもない……

 撮りだめてた宇宙戦艦ヤマトの2199を観ただよ。
 反射衛星砲とかでてきてレーザーがいろんな衛星をきゅいんきゃいんぴゃいんって反射してヤマトにびじゅーんって当たってただよ。

 うへー、かっけー。

 女性乗組員の尻のライン、かっけー。
(そっちかい)

 いや、実際問題ですな、もし仮に自分がヤマトの乗組員だったとして、目の前にあんなぴちぴちボディラインくっきりはっきりスーツの女性がよりどりみどりで歩いていたら、もうフライホイール全回転のエネルギー充填120%で、ああっ、ぼくの波動防壁がっ!

 前回は森雪さんひとりで孤軍奮闘(いろんな意味で)していた女性陣が、今回はメガネ美人やらアホ毛ナースっ娘やら白髪パイロットちょっぴり不器用ですさんとか真田さんとか、わー、こんなにあったらとても選べないよー!

 ……ん。
 真田さん?

 そうだよそうなんだよとにかく真田さんがカッコイイんだよネー。
 大塚芳忠ボイス(ZガンダムのヤザンさんとかGガンダムのチボデーさんとか仮面ライダー電王のデネブとか)の真田さんの、まーシブいことシブいこと。
 オリジナル版ヤマトの真田さんはよく知らないんだけど。
「こんなこともあろうかと……」
 のひとことでなんでも解決してしまう人的なネタでしか知らないんだけど。
 というか、そもそもヤマト自体をよく知らない……ので、今回のレーザーぴかぴか衛星で反射して予期せぬ角度から狙っちゃうぞ☆砲も、じつはオリジナル版の時点ですでに存在していたというのをググって知って、わー、偉大ー、と驚く始末。

 この反射衛星砲の元ネタってなんでしょね?
 いや、この時代のSFモノって、たいがい海外の小説あたりに元ネタがあるんだよねー……オリジナルだったらスゴイけど。

 うん。
 だいぶスレた物の見方をするようになってしまったネー。

 ヤマトの2199も、最初、オリジナル版よりも女性のキャラクターが増えると聞いて、若干の不安を抱いたものですが……いやあ、女性キャラクターというのは、じつにいいものですなあ!
 逆に、オリジナル版どおり、森雪ひとりだけだったらちょっと厳しかったかも。
 だってほら、いろんな尻を眺めたいじゃん?
(ゲス)

 というわけで、これからも真田さんと尻に注目して見届けていきたいと思いました。
 断じて真田さんの尻ではないのでご注意を。
 た……対ショック、対閃光防御ッ!
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。