スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

んあー

「幼年期の終り」を読み始める。
SF。アーサー・C・クラーク著。ハヤカワ文庫。
てっきりタイトルから、幼女、少女、そして大人のレディーへと成長してゆく一人の女性を描いたリリカルな物語かと想像していたら、まったく違った。ガチSFでした。

117ページ。
とある人物(と称していいのかわからないが)の正体がわかる場面で、「んあー」となる。
こ……こうくるんだあ。
衝撃的、という言葉がしっくりぴったり。
わたしは神も仏もそこそこ信じてそこそこ信じてない中途半端な無信教野郎ですが、これが神さまが身近にあらせられます諸外国のみなさまなら、「んあああああ」とか声にでちゃうんじゃなかろうか。
すげーすげー。よく思いつくなあ、こんなの。


200ページ。
集中力のないわたしは、そろそろオチが知りたくてしかたがなくなってくる。
最後のページをちらり。
むう、最終ページは374ページか。
あと174ページか。

……。

ぱら。
ぱらぱらぱら。
ぱらぱらぱらぱらぱら。

断罪されてしかるべきですが、我慢しきれなくなって、速読モード……というか、飛ばし読みに入る。早くストーリーが知りたいんじゃー。ぱらぱらぱらぱらぱら。

で、「んああああああ」となる。

これは、これは……。
SFっていうか……。
ホラーじゃね?
なんかもう、身のよりどころがなくなったんだぼくは。なんですか、この寂寥感は。無常感とはちょっと違う。寂しい。ひたすら寂しい。ぼくを置いていかないでくれええええ。

若いころに読んだら、きっとまた違った感想になるんでしょう。
わたしはもう、置いてゆかれる側になってしまった……。

はあ。

これからじっくり読みます。
200ページから、しっかり。
ごめんよアーサー。

下に、amazonのリンクを置いておきます。
アファリってますが、べつに儲けようとか浅ましい気持ちはほんのちょっとしか持っていません。
だって書影をだすにはこれが早いんだもん。
というか、スキャンして張ったりしたら著作権違反になるんじゃ……?


line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。