スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

樹木希林から林をとったらききき。

 清く正しい日本国国民であるところのわたしは清く正しい(Not美しい)ので、昨日、無事に見事、国民年金を納付したのでありました。

 ――ったく、クソ高ぇーんだよ年金のヤロウ!

 おっと、思わず粗暴な田舎者の地が。
 これが地でよかった。
 痔だったらエライことだった。
 なにせずっと座ってばかりの人生ですので。
 座ることができなくなったらどうやってパソコンの前に向き直ればいいのだろうか?

 ★  ★  ★

 しかし、所得税やら市・県民税やらは前年度の収入に応じて高くなったり低くなったりなものですから、いまのわたしのように去年がプアーなときはそれなりなのでヒジョーに助かるんですけれども、国民年金さんたら、前の年がなんであれ、一定の金額を求めてくださりやがってですね……いちいち銀行にいって払ってくるのがめんどくさい&多少はお安くなるんで一年分一括で納付いたしましたけれども、あああ、18万円弱が吹っ飛んだぁあー。
 あうあうあー。
 あうあうあうあうあー。
 ぐひぐひぐひーん。

 将来、本当に返ってくるんでしょうなぁ、コレ……。

 サラリーマンだとあまり意識しないで済むことが、もの書きなんていう自由業だと否応なしに眼前に突きつけられ。
 18万円あったらかなりいいパソコン買えるでよ。
 というか、べつにかなりよくなくてもいいんで、新しいパソコンが欲しいでよ。
 いま使っているノートパソコンがイカれちゃったらXPのサブノート(11インチ)しかないでよ。
 XPもキツいけど、11インチというのがキツいでよ。
 おまけにこのマシン、たまに固まるでよ。
 ぶっちゃけ、使いものにならないでよ。
 だったらさっさと予備(という名のおニューマシン。必然的に現在使用しているのが予備にまわる)のパソコンを買えばいいんですけど、ただちょっと、なんか時期が悪いというか……どうしよう。
 意味もなくマックブックでも買ってみようか。
 で、すぐにウインドウズ入れちゃうの。
 おお、かなり本気で意味がない。

 ★  ★  ★

 さて、所得税、年金ときて、あとは市・県民税が残ってるぞ、と……。
 そちらのほうはたいした額じゃないとは思うんだけれども……。
 あ、国民健康保険もか……。
 そちらのほうも、たぶん、あまり多くはない……と、いいな……。
 うう、目減りしてゆくばかりの貯金よ……。
 まあ、消費税とかないだけマシだけれども……。
 これから先、しばらくは消費税なんて払わなくてもいいだろうけれども……。
 うふ、うふふ……。
 あの手この手でムシ取りやがって……。
 ったく、稼いでも稼いでも税金で持っていかれるんじゃ、働く気がなくなっちゃうぜー(棒読み)。
 だからこのわたしの現状は、すべて国が……あ、やめて、顔はゆるして……ぼ、ボディーもよして……。



 ↓↓↓『続きを読む』でシェゲナベイベー。ロックンロール。

>>かわかみそうくん先生の、女性にかんする色々は佐藤愛子先生のエッセイにしょっちゅう出ますね。愛子先生とかわかみ先生と遠藤周作先生、このお三人さんの間柄、憧れますねえ。

 遠藤周作といったら狐狸庵先生ですな。
 とかいって、じつはまったく遠藤周作は通っていないわたしです……佐藤愛子もだなあ。
 こういう場合はまずエッセイから入ってみて(なにしろ普通、エッセイというものは読みやすいものですし、その作者の人となりが出まくりなものですし)、それが合うようだったら小説のほうを読んでみるのがなんとなく正しいように思う。

 わたしの場合、内田百閒がそうだった。
 エッセイがじつに面白いんだ。
 クセのありすぎる頑固ジジイであるにも関わらず、妙にひょうひょうとしているというか。
 代わりに小説のほうはあんまり……わたしには合わなかったけれどもどーも。

 ふと気づいたけれど、考えてみればライトノベル作家でエッセイを書いてる人ってあんまりいないんじゃなかろうか。
 あんまりっていうか、ほとんどいないんじゃかろうか。
 まあ……エッセイ的なものが読みたかったら、その人のブログなりツイッターなりを確かめればいいわけで、結果的にいらなくなっちゃってるのかもしれないけれど。



>>悲しい時は、もー、ただ素直に悲しんでいいと思うのです。悲しい時は、ちゃんと悲しむ。それが一番の……書きたくないけど“供養"だと思う……。

 わたしの場合、哀しいときはただひたすら眠る傾向があってですな。
 のび太か。
 だけど寝るとすこし楽になるんだよねえ。
 うーむ。
 忘却?



>>私は母方の祖母と父方の祖父の葬儀に出席したことがありますが、なぜか私が一番泣いてしまっていました。

 いいことだと思いますよ。
 わたしなんか生来、情が薄いのか、葬儀で泣いた経験がございませぬ。
 泣ける人は泣けばよろしい。
 泣けない人は、まあ、しゃあない。
 人それぞれさ。



>>あのカーネル・サンダースは10歳から働き始めて職を転々とするなど苦労を重ね、ケンタッキーフライドチキン1号店ができたのが60歳を過ぎてからだそうなので、私も小型犬は小型犬なりに頑張ってみようと思ったのでした。

 すごいねランディ・バース!
 違う。
 カーネル・サンダース。
 いや、バースも凄いんだけどね。

 何事かを成すにせよ、成さないにせよ、成せないにせよ、やっぱり小さなことからコツコツと積み重ねていかなければならんのですなあ。
 たとえチャンスの女神が来たとしても、きちんと準備が出来てなくちゃね。
 チャンスの女神のおっぱいを揉めないよね。
 準備準備。



>>「ゼロの使い魔」が未完で終わってしまうのは残念ですね。なんとなく「かのこん」も未完のまま終わってしまいそうな気が…。

 たしかに未完の作品は哀しい。
 池波正太郎先生の鬼平犯科帳も、仕掛人・藤枝梅安も未完で終わってしまって……遺稿を使ってどちらも出版はされたんですけど、当たり前のことながら、途中でブツ切りになっていて……読んでいてとても切なくなるんですよね。
 ああ、ここで、という。
 幸い、剣客商売は無事に完結したんですけど……やっぱり、作者の体調もあるのか、主人公の老剣客、秋山小兵衛がどんどんと弱っていってですなあ。

 おなじく志半ばで亡くなってしまった小説家に峰隆一郎というかたがいて、その人の作品に『人斬り弥介』というのがあるんですが、そちらはブツ切りになった時点で作者の知人のかたが続きを書いて、ちゃんと最後まで終わったんですが……あきらかに途中から作風が違うもんで、それはそれで切ない気持ちに襲われてしまって。
 難しいものです。



>>私にはてんちゃ効きました鼻炎にテキメンに。つか、せんせい、鼻隔湾曲症なのでは?

 あー、なんかとてもありそうな話だ!
 鼻隔湾曲症。
 だけどわたしは信じて甜茶を飲むんだきっと。
 くぴくぴこぷり。



>>今朝4時少し過ぎに我が家最後の猫、チビ太さんが亡くなりました。もうじきハタチだったんですが。……あー、なんか、なんの言葉も浮かばないとゆーか、悲しみを文字にして推敲したりすると悲しみを冒涜するような気がして、、、うん、あれこれは、まだ書けないです。

 ご愁傷さまです。
 ペット……いや、もう19年も一緒の時をすごしているのであれば、それはもう家族でしょう。
 家族との別れ。
 哀しくて当たり前。
 言葉にならなくて当たり前。
 わたしだって家族が亡くなったら、なんにも言葉にはできないし、しないと思います。
 ……よほど時間が経たないかぎり。

 けっきょくは時間かな……。



>>まんがタイムとゆーファミリー4コマ連載の『ゆとりノベライズ』という作品を読んでると、西野センセも、こーゆー思いで御仕事なすってらっしゃるんだなあ、と愛しくなります。

 残念ながらその作品を拝読したことはないんですが、もし立派な先生が登場する作品なのであれば(タイトルからしてなさそうですが)、たぶんそーゆー立派な想いで仕事はしてないかも……。
 立派じゃない先生なら、だいたい合ってるかも。
 ダメ&クズ野郎なら、ほとんど合ってるといって過言ではないかも。
 あぶさんはやっぱり初期のほうが面白いかも。
 アル中チンピラ野球選手だったころのほうが。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。