スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ガチしょんぼり沈殿丸

 喉の調子はあんまりですが、目の奥の鈍痛とか寒気なんかはすっかりだいぶかなり良くなった気がする!

 気がする……。

(ホントは?)

 ま、そういうことにしとけやーい。

 今回の体調不良は、単純に季節の変わり目&日によって寒暖の差が激しいのが原因だとは思うんですが、だけど寒暖の差で具合が悪くなるって、なんだかお年寄り気分?

 若いころはちょっとやそっとの寒暖の差じゃあ、平気だったように思うのだけれども。
 わかんない。
 ただの思いこみなのかもしれない。
 昔だって、ちょっとやそっとでダメになっていたかもしれない。
 いつだって記憶というのは美化されるものですからして。はて。

 なんにせよ、もう若くないことだけはたしかなのだから、いろいろと気をつけなくちゃいけないよね、と思ったしだいです。
 もう若くないなんていうと叱られるんですけどね。
 年上のかたから。
 そんなことは40歳とか50歳になってからいいやがれ、ってな感じで。
 じゃあ50歳になったら「もう若くない……」っていっていいのかというと、そうなると相手はさらに年上なわけで、「そんなことは60歳になってから以下略」と文句をつけられるのは間違いなく、なんだろう、ちょっと理不尽な気がしてきたぞ?

 いや、でもでもやっぱり、もう若くはない。
 自分の年というより、たとえばひさしぶりに会った人の年齢を訊くと思う。

「えー! もう○○歳? あー、でもそうか……あれからもう○年も経ってるんだもんなあ……」

 的な。
 ぶっちゃけ、自分自身はそれほど年をとった気がしてなかったりするんですが(というより、成長した気がしてない)、他者を見るとですねえ……ううむ。
 人というのは関係性のなかで生きてるのですなあ。

 うむ、激おこぷんぷん丸。
 あ、べつに怒っちゃいないです。
 でもなんとなくいまのうちに書いておかないと、これから先、使う機会はなさそうに思えて……。ムカ着火ファイヤー!



 ↓↓↓↓『続きを読む』で、もしかしてまさか、じつはただの花粉症だったりしないよね、やだなー、花粉症は……の巻。


>>4月1日から自営業スタートということで自宅近くのアパートの一室にパソコンやプリンタを運び込んで、インターネットが使えるように工事してもらって、パソコンのセットアップをして…

 うむ、楽しそうでなによりです。
 なにかを始めるというのはいいこと。
 4月……そう、スタートの時期だ!
 そしてスタートといえばわたし的にはジュンスカことジュン・スカイウォーカーズの楽曲なんですが、朝アニメであるトリコのエンディングテーマを歌っていたのを初めて聴いたときには「ん? なんか聴いたことある声だなこれ……おお!? ジュンスカ!?」と驚いたり「ひさしぶりに聞いたなジュンスカという単語」と懐かしく思ったり「あれ? でも解散してなかったっけ? 復活したの?」と浦島気分を味わったり「ベテランなのに頑張ってんだなー、よくタイアップとれたなー」とヘンなところで感心したり、ヒジョーに妙な感じでした。サブリナッ!



>>先日は長文を送ってしまって本当にごめんなさい。西野先生は鍋の写真を撮影してアップしたりアイドルのDVDを購入して観たりブログを更新したりする時間がないほど執筆活動がとても忙しいのに余計なことをしてしまいました。

 お、おう。
 なんとなく責められてるような気がするんですが考えすぎでしょうか。
 でも最近ゲームはしてない!
 そのあたりは成長したところだと褒めてくださればうれしく思う。



>>恋愛や結婚に興味がないと思っていたけど実は好きな人ができてしまうのを無意識のうちに恐れているのかもしれません。

 わたしも恋人はいませんが、先日、「どうして自分には恋人ができないのか」を追求してみたとき、「デートとかメールのやりとりとか甘々なことをいろいろするより、とにかくぼくはえろえろなことがしたいんだよね。したくてしたくてしょうがないんだよね。だから余裕がなくて、それでモテないと思うんだよね。やっぱり余裕がないオトコはモテないよね」という結論に達したことを知人に語ったら、「ソープにいけ」と北方謙三ばりの回答を得たことを思いだしました。

 まあ、でも、余裕があればオトコはモテるのかといえば、そんなこともないような気もする今日このごろでした。



>>。「汚い」より「薄汚い」と言われた方がなぜダメージが大きいのか?これ、今の私がまさに考えないといけないテーマです。だって、日本語教師養成課程の学生だから。いずれ外国人学生から聞かれるから…

 意外と聞かれないような気がします。
 なぜって、たぶん『汚い』より『薄汚い』のほうが印象が悪く感じるのって、日本人だからだと思うので。
 いつだったかの拍手コメントのお返事欄でも書きましたが、『汚い』より『薄汚い』のほうが印象が悪く感じる理由は、濁音が入るからだと思うんですよね。
 『きたない』より『うすぎたない』のほうが、『き』が『ぎ』になるぶん、より汚い。
 で、その濁音が入ると汚く感じるのって、たぶん日本語に慣れ親しんでいる日本人だからであって、そうじゃない外国人は、わかんないんじゃないかな……と。



>>第1回で日本のインターネットサイトで、これは何ですか?第一次上日本网站,这些是神马。。。

 文字化けしてすっかりわからない!
 ごめん!



>>先生大丈夫ですか?熱が出ない風邪もあるので、気をつけて安静にしてた方がいいと思います。

 はい、安静にしてました。
 寝てるあいだは池波正太郎先生の『剣客商売』を読んでました。
 三冬萌え。
 男装の女剣士萌え。
 実写は……。
 初代はいいけど二代目は……。
 ん?
 最近は萌えとかあんまり使わないのか?
 マジ萌えどきどき丸?



>>先生、熱が出てなくても、そんな症状には風邪薬がてきめんに効きますよ。

 熱があればすぐさま飲んだんですけどね、風邪薬。
 どうも、熱がないのに服用するのは、すこしはばかられて……。
 まあ、もうだいじょうぶですよ、きっと!
 きっと……。
 たぶん……。
 もしかして……。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。