スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

かあさん、ぼくのあのやきそばん、どうしたんでせうね

 たまーにムショーに、インスタントのカップ焼きそばが食べたくてしょうがなくなるときがあるのです。
 あの、くどーい感じ。
 ただでさえ脂であげてあってくどくなっているインスタントの麺に、さらにくどくどしい漆黒のソースがどろりと絡んで……口のなかに放りこんだ瞬間、ソースのしょっぱさがスパーク、しかるのちにギトっとした脂がぎとぎとぎと。
 しょっぱギトっしゅ。
 ちゅるちゅる。
 ぎとぎとぎと。

 あれが!
 あのしょっぱギトっしゅな感じがたまらなく思えて、心が追いたてられて、よせばいいのに買ってきて、作って、食べて、そしてやっぱりあとでハードな胃もたれに後悔するというですね。
 ええ、食べましたよ。
 ペヤングですよ。
 スーパーで138円でしたよ。
 後悔しましたですよ。
 ハードな胃もたれですよ。
 げふー。
 なんかマックと近しいものがあるよーう。
 うえっぷー。

 で、食べて思った。
 思ったというか、気がついた。
 もしかしたらわたしは、インスタントのカップ焼きそばに関しては、ソースではなく、ふりかけのほうの味を主として求めているのではないのかと。

 ソースのしょっぱさと、ギトっとした脂、その奥から湧きあがってくる、ふりかけのぴりっとした辛さ……。
 青のりの馥郁たる香り……。
(※『馥郁』は『ふくいく』と読む)

 それを味わいたくて、わたしはインスタントのカップ焼きそばを食べているのではないのかと。
 そんなことを思いつつ、しょっぱギトっしゅ、しょっぱギトっしゅ……げふー。

 ★  ★  ★

 そういえば、ここ岩手県ではそれなりに定番であろうインスタントのカップ焼きそば、バゴーンが、じつは東京では売られていない、それどころか存在すら知られていないという地方限定商品だったのがわかったときは、なんかけっこう衝撃だったことを思いだします。
 ちょっと井の中の蛙的な。

 節分の豆なんかも地方によって違うんだよね。
 岩手じゃだいたい落花生を使うんですけどね。
 殻つきのやつ。
 落ちてもだいじょうぶ、食べられるように。
 だけど、関東あたりじゃ炒った大豆を使ってるんですよね?
 丸いやつ。
 いわれてみれば、アニメとか漫画とかで見る豆まきの描写は、たしかに普通の豆だったような記憶が……。
 しかし、それだとまいたあとの豆はどうするのだろう?
 床に落ちてるじゃん。
 汚いじゃん。
 そのまま食べられないじゃん。
 落花生なら、殻を剥けば食べられるじゃん。
 合理的じゃん。
 剛力彩芽じゃん。
 どうするんだ。
 捨てるのか。
 それとも洗うのか。
 洗って食べるのか。
 わからない。
 わからない。

 そしてわたしは、あんまり豆類は好きじゃなくって、だから節分のときに年の数だけ落花生を食わされるのがけっこうな苦痛だったなあ、と余計な記憶まで呼び覚ましてしまってプチ落ちこむのでありました。
 豆腐や納豆など、加工してあれば平気なのだが!
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。