スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ヤバーイ! 確定申告の存在を忘れてた!

 小腹が空いたので近所のコンビニにて夜食を購入。



 わかる。
 わかるよ?
 夜食にしてはちょっとデカすぎるよね。
 チーズの文字も余計だよね。
 でもさ、だってさ、「食えばわかる 専門店が作る 本気のミート」なんて書いてあるんだもん……。
 買うしかないっしょ。
 いつ食うか?
 いまでしょ!
(※流行りに乗ってみたくなったらしい)
(※乗りながら、なにが流行るかわからない世の中だなあ、とも思ったらしい)

 まあ、この作った専門店らしいスパゲティーのパンチョがいったいどういうお店なのかはさっぱりなのだけれど、それでも専門店だから! きっと美味しいでしょ!
(※けっこう簡単に騙されるタイプらしい)

 いちおうコンビニでチンしてもらったけれど、家に帰るまでの道中ですっかりぬるくなってしまったので、自宅のレンジで再加熱。
 チーズがぐつぐついってるところをフタを開け、あふれだす湯気にまみれながらはふはふとはふつく。
 あつ、あつ、あつ……。

 んん。
 麺が……やわらかい?
 なんか昔、給食のときに食べたソフト麺のような……めずらしい。
 近ごろのパスタときたら、アルデンテにあらずんばパスタにあらずってないきおいで硬めばっかりなのに……ふにふに、ぬつん。
 ぷつん、じゃなくて、ぬつん。
 そんな食感。
 うん……でもまあ、ニンニクが利いてて、美味しい……けれど……なんだか……量が多いな?
 夜食にしては……うむむ……むむー。

 なんだかんだいいつつ、完食。
 腹一杯になる。
 そしてあとで包装ビニールに書いてあったカロリーの数字、914を見て、低いうめきを洩らす。
 オゥ……。
 夜食にしてはいけないタイプの食事だったでござる。
 黙ってサラダにしとけばよかった!
 また太る!
 また太る!
(※やらかしてから後悔するタイプらしい)

 ★  ★  ★

 その後、げふー、と膨満感を抱えつつ領収証の整理を始める。
 まいどのことながら、確定申告の手続きはめんどくさいわよねー。
 収入は無くても支出のほうはたいして変わんないし……こりゃまちがいなく赤字コースですな。
 うーむ、小説仕事をするようになって、初めてですなあ、赤字決算は。
 たしか青色申告だと赤字分は次の年に持ち越せるんだよねっ。
 わーいわーい。
(※喜びつつも頬を伝う哀しみの涙は止まらないらしい)

 ……さすがに今年は黒字にしないと。
 貯金が、貯金がっ。

 ところで、ももクロのDVDは経費に入れてもいいんだろうかね?
(※仕事に関係するのなら入れてもいいらしい)

 仕事か……。
 これはもうアイドルのラノベを書くしか……。
 『週末お届け! ももクロ便』のノベライズ仕事とかありませんかね?
(※ありません)
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。