スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ぽちっとな

 amazonにてももクロChan(というももいろクローバーの番組)のDVDボックスを購入するかどうか、ずっとカート画面の前で悩み続ける日々をすごしております平常営業。

 これをクリックしてしまったら……購入してしまったら……もう、戻れなくなってしまうような……。
 だ、だけど欲しい……。
 どうしよう。
 おろおろ。

 まあ、いまでもももクロさんメンバーのブログをチェックしてはニヤニヤしてたりするので、すでに手遅れな感は否めないんですが。えへ。
 ちなみにももクロさんのメンバーは全員十代だったりするんだZ。
 十代の女の子のキャッキャウフフな文章やら写メやらをノートパソコンやiPodtouchで眺めてはニヤニヤしているオッサンが独り。
 ええ、わかっています。
 冷静に考えてみると、かなりヒドイ絵だってことは。
 いや?
 こんなの冷静に考えるまでもなくヒドイ絵だな?
 ホントにヒドイな。
 まったくヒドイな!

 ★  ★  ★

 そうして、DVDのボックスを買うか買うまいか悩みつつ、道中でiPodtouchにてあーりんは反抗期とかシングルベッドはせまいのですとか事務所にもっと推され隊とか聴きつつ、歩きながらニヤニヤしつつ、本屋へGo。
 てくてくGo。
 雪道をGo。
 道満晴明先生著のニッケルオデオン&ヴォイニッチホテルの新刊を買う。
 ニッポン笑顔百景とかもリフとか聴きつつ、やっぱりニヤニヤしつつ、帰る。
 てくてくGo。
 雪道をGo。
 今日はヒジョーに寒かった。
 マイナス二度の寒風に吹かれると顔が痛いのです。
 だからきっとニヤニヤも強ばっていたと思います。
 ガチガチなニヤニヤ。
 ガチニヤ。

 ニッケルとヴォイニッチはどちらも期待どおり予想どおりにリリカルで乾いていてほんのり毒っていて潔くってステキでした。
 ガチニヤ。

 ★  ★  ★

 さて、amazonのカートにあったももクロChanのDVDボックス(※決戦は金曜ごご6時!(通常版))がどうなったのかというと……まだamazonのカート内にあるのでした。

 ど、どうしよう。
 おろおろ。
 ガチおろ。

ももクロChan DVD −Momoiro Clover Channnel− 決戦は金曜ごご6時! (通常版)
B005AF5V9K
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。