スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ぺやんぐぅ

 インスタントの焼きそばのお湯を台所の流しに捨てると「ぼこん」と鳴ってちょっと楽しかったりするんだけど、じつは最近のシステムキッチンなんかだと音が鳴らないようにする加工が成されてたりするらしい!

 いや、違うんだよ。
 したかったのは、流しは流しでも、桜流しの話だったんだよ……。

 アレ。
 ヱヴァンQのエンディングで流れる、宇多田ヒカルの曲。
 桜流し。
 すっかり日暮れて、とっぷりと暗くなった家への帰り道、白い息を吐きながらあの曲を聴いてると、なんだか死にたくなるって話がしたかったはずなのに。
 あ、死にたくなるっていうのはもちろん比喩です。
 『暗い日曜日』じゃないんだから、そうそう本気で死にたくはならないでゲスよー。
 やだなー、アニキィー。

 桜流し、よくよく聴いてみれば別離(死別?)した相手への歌だったりするんで、切なくなるのは当たり前ではあるんですが、だけどやっぱりこれほどまでに沈んだ気持ちになるのは映画のヱヴァQの効果が大だと思う。
 あの終わりかたで始まる、このエンディングテーマ。
 最初にひとりぼっちで(席のとなりには彼氏のほうがちょっと偉そうにヱヴァを語るカップルというけっこうな地獄絵図)、のちに友だちとの、計二回しか観にいってないわたしではあるんですが、なーんか妙に刷りこまれ気味な。

 はっ。
 これがかの有名なサブリミナル効果!?
(※違います)

 まあ、そんな死にたくなるんだったら聴かなきゃいいのに、っていう話ではあるんですが、これがまた、ちょっと癖になるんだなあ……。
 このね、どよーんと沈む感じがね。
 ああ、おれはひとりだ、未来に希望なんてなにもないんだ、と無限に湧いてくる暗い想念がね。
 なんでしょう、ちょっぴりカタルシス?
 安い絶望、軽い絶望、デフレ絶望。
 毒も薄めりゃ薬になるし、絶望も薄めりゃ娯楽になる。
 ほら、眼を細めればモザイクも透ける的な。
 透けないけどね。
 いくら眼を細めたって、モザイクは透けないけどね!
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。