スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ぴりぴりぽん

 いま住んでる家の大家さんからいただいた、このカンヅメ。



 名前のとおりにピリ辛で……いや、ピリ辛というか、けっこうな辛さで、なにしろトウガラシの輪切りも入ってたりするし、だけどそれゆえに辛いのがだいじょうぶな人ならヒジョーに美味しく、酒のツマミにはピッタリだぜ!

 ……という、ピリ辛なツナのカンヅメ。
 けっこうな数をいただいたんだけど、なにしろ辛いのがだいじょうぶな人にとってはヒジョーに美味しかったりするので、バクバクと食いまくっていたわたし。

 当然、無くなる。
 食べれば無くなってしまう。
 当たり前。
 それが世の摂理。

 無くなったんなら、買えばいいじゃない。
(値段を考慮しつつ)

 と、いうわけで、どこで売ってんのかなー、スーパーにあるのかなー、あんまり高くないといいなー……などと思いつつ、ググってみたらならば。

 あー。
 これ、宮城県は気仙沼にある会社で作られたものだったのねー。
 ミヤカン。
 ホームページを見れば、あの東日本大震災で被災して、生産および営業を停止しているそうな。
 あー。
 いまだ震災の爪痕はまざまざと各所に残り。

 うん?
 じゃあ、いまわたしが食べている、このカンヅメは……えーと。



 お?
 販売者、静岡?
 宮城県は気仙沼じゃなくって?
 と、ちょっと調べてみたら、いまは静岡にある工場で作っているらしい。
 そうかー。
 まったく意識しないで酒のツマミにしてたけど、雨にも負けず風にも負けず、そして震災にも負けず、がんばってふんばって作られた、それがこのピリ辛ツナのカンヅメだったのだなあー。
 そう考えると、もうすこしありがたがって食べなければならないのかもしれない。
 否、そんな余計なことは考えず、ただ美味しいピリ辛のツナ缶として食べたほうがよいのかもしれない。
 というか、そろそろ食べられなくなりそうなんだけど。
 食べきってしまいそうなんだけど。
 けっきょく、どこで売ってるんだ?
 んー。
 生協……なのかな。
 そもそも大家さんはこのカンヅメをいったいどこで入手したんだろう、という疑問もつらつらと。
 素直に、どこで買ったのか大家さんに訊いたほうがいいような気がしてきた。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。