スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ぐりぐり

 今日のごはんはグリーンカレー!
 ……の、はずが、おや?



 なんか違う。
 コレジャナイカレー。
 カレーというより、肉野菜炒めというか……緑色の。

 やはり具が多すぎたか……。
 100円ショップで買ったグリーンカレーの素を使って(原産国、タイ)、その素の入ってる箱に書いてあった材料、ナス、シメジ、ピーマン、鶏肉を使って作ったのに……うん、具が多すぎるんだな。
 だってナスが60グラムとか書いてるんだけど、そんな量じゃ売ってないし……。
 めんどくさいから買ってきたのぜんぶ入れたらこのザマ。
 ぼくはメシマズなお嫁さんを決して笑えないのだと思う。

 ……というか、そもそも、根本的な疑問として、なぜに新年早々、グリーンカレー?
 波乱ぶくみの年になりそうな予感です。



 ↓↓↓↓『続きを読む』でナンプラー。明日はやはり100円ショップで買ったガパオ飯の素を使ってガパオる予定。


>>あけましておめでとうございます!2013年を限って「かのこん16」を読ませて頂くようお願いします!(二年も待ちました......)

 あけましておめでとうございまっす。
 今年こそは、ぜひ、かのこんの続きはおろか、できればあたらしいシリーズなんぞを……なんか、『来年こそは本気だす』っていってるみたいで我ながら気が引けまくりー。
 わお。



>>あけましておめでとうございます。既刊を読み返しながら、16、気を長くして待ってます。今年が先生にとってよい年になりますように、お祓い上げておきます。

 あ、ぜひ祓っておいてください。
 今年はちゃんと初詣にいっておこうかな……。
 人混みが苦手なもので(得意な人もいないと思うけど)、だから初詣はもちろん、初売りなんかもいけないわたしです。
 福袋なんていままで買ったことがないぜー。



>>明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。お身体だけはご自愛くださいまし。

 こちらこそ、お世話になりました。
 よろしくお願いします。
 作家は本当に身体が資本ですからね……これは作家にかぎらないか。
 サラリーマンだって身体は資本。
 お母さんだって身体が資本。
 お子さんだって以下同文。

 以上、今年さっそくいただいた拍手コメントへのお返事。



 以下は去年、いただいていた拍手コメントへのお返事。

>>西野先生の脳内性夜について詳しく

 なんでかクリスマスの夜、ゲスな漫才をしている夢は見ました。
 どれほどゲスかというと、ちょっと書けないレベルでゲスなので書けない。
 なんであんな夢を……。



>>うーん、流石、先生の造語センス! 天上、でなく天井ってのがニクいッス! なんかフォークソングっぽいつーか宗教も畳の上から産まれるぞ、みたいな(笑)。

 あー。
 『天井天下唯我独尊』のことですね?
 関心していただいたところヒジョーに心苦しくありますが、アレは誤字!
 なぜかわたしは『天上天下』を『てんじょうてんげ』ではなく『てんじょうてんが』と覚えておりまして、その結果、変換されたのが『天井TENGA』。
 この変換結果からなにかが見えてくるような気がしないでもないですが、気のせいです。
 その謎のキーワード、『TENGA』を削って『天下』と書き直した結果……『天井天下』に。



>>うぶ毛用電気シェーバーはスッキリ剃れないです。やっぱ、昔ながらのガード無しがイイですな。横滑りすると流血だけど。

 いちばん切れ味がいいのは電動じゃない、ごくごく普通のカミソリなのは間違いがないんですけれども。
 なんかめんどくさいんだなー。
 スイッチを入れて、じゃりじゃり削るのが楽な感じー。



>>ドンコはブツ切りで買った方がいいですよ。姿のままだとグロいです。口から黒っぽい浮き袋がボワッ!とはみ出てんですよ。因みに釣り針は体表に刺さってたり、そこから少し体内に潜りこんでたりもするんでお気を付けて。

 わたしにはまだまだドンコなんていう食材は夢のまた夢です。
 いつかは調理してみたい気持ちもありますが……グロいのはちょっとなー。
 まずは魚を三枚にさばくところから!



>>このコーヒー焼酎、なんだかカルーアですね。やっぱりミルクとシロップ入れて飲むのってが正しいかも知れませんね。でも、あたしはコーヒー飲めないの。においは好きだけど、飲むと顔がふくれあがってかゆくなるのです。たぶん、アレルギー。

 コーヒーを飲めない人っているんですよねー。
 アレルギーならしかたがない。
 だけど、アレルギーというものがあまりよく知られていなかった時代って、やっぱりただの好き嫌いみたいな感じで捉えられていたんでしょうか。
 それはしんどい話だと思ったです。



>>あたしゃ何が嫌いっていったら、この世の終わり説。子供の頃、ヤマトだの千年女王だのノストラダムスだの、この世の終わり関連ものにさらされて、怖い思いしました。きれいなものとか、可愛いものとか無意味になっちゃうんだって、十分トラウマになりましたよ。

 トラウマの松本零士率が高いですなー。
 わたしにとって松本零士は、なんか知らないけどエロいという印象が……なんだっけ、ガン・フロンティアだったっけ?
 とにかくエロい西部劇漫画があったような。
 うわあ!
 ヤマトとかハーロックの絵柄で、エロいことが描かれてるぅ!
 ただのエロス漫画を読むよりも、かえってイケナイものを目撃しているようで、コドモゴコロに妙に興奮したのを覚えています……いま読んだら、たぶんそんなにエロスとは感じないような気もするのだけれど。



>>ちわーす。マリア様ってイエス様を生んだのが14歳くらいって言われてます。マリア様の陣痛よか、ヨセフってロリコンだったという疑問の方が罪深いかも。

 いやいや、いちおう教義としては、マリアさんは処女懐胎ですから、その大工のオッサンは手を出してはいないはず……まあ、たぶん、当時は14歳の女の子に対していろいろやっちゃっても普通にオッケーだったとは思うんですけども。

 当時のヨーロッパはどうだったのかなあ……。
 日本だと14歳くらいで嫁にいくのは当たり前だったはずですよね。
 江戸時代あたりまではそうだった……ような……記憶が……。
 なにしろ平均寿命が40歳とか50歳でしょう。
 いまと違って、かなり濃密な人生を歩んでいたのではないかと想像。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。