スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

こみこみ

 今日の小鍋。
 今回はみそで味つけしてみました。



 みそを大さじ二杯に、水を300cc。
 どこかのブログだかなんだかで、みそは十倍の水で溶くとよい、なんて読んだ記憶があるもので。
 大さじは約15グラム……のはず。
 それが二杯で30グラム。
 十倍で300cc。
 ウフフ、おっけー。

 ……ただ、これだけだと鍋ではなく、ただのみそ汁になりがち……らしいので(これもまたブログ情報。ネットは広大だわ)、例の冷蔵庫のなかで腐りかけていたコチュジャンを少々。おお、買ったはいいけど使ってなかったコチュジャン、だいぶ減ってきたぞー。
 一味唐辛子もぱらぱらふって……あとは、えーと。
 キムチも少量、入れてみようかね……なんかみそ仕立てというより、ただのチゲ鍋的なものになってきたような。
 メインの具はもやし。
 あとはいつもの冷凍餃子。
 ただし今回は水餃子だぜー。
 だから皮がぐずぐずになったりしないんだ生活の知恵ー。
 具材をブチこんだら、あとは5~6分ほど煮るだけ。
 なんとなくもやしは火の通りが早そうな気がするので、あんまり煮ない方向で。

 と、いうわけで、写真のようなものができあがりました。
 鍋のフチにこびりついて焦げた汁が、写真で見ると若干小汚くて、食欲を失わせますが……実際に食べたときは気づかなかったんだよう。
 そしてけっこう美味しかった……けど、うーん、いろいろやってみたけど、やっぱりみそ汁な感じは否めない。具だくさんのみそ汁?
 どうすればよかったのかな……。
 まあ、みそ汁用の、ダシ入りのおみそを使ったのが敗因な気がしないでもないんですが。
 いいんだよ!
 食えりゃいいんだよ!
(逆ギレ)

 とりあえず、鍋だと野菜を食いまくれるのがいいですよね。
 最近、妙に野菜も安いもんね。
 白菜やらキャベツやらが100円ちょっとでひと玉買えちゃうもんなあ。
 あまりにも野菜が高くて買えなくて、しかたなしに浅漬け系の漬け物ばかりを食べていた昔が、ああ、まるで昨日のように思いだされます。
 ……現実はもう12月!
 いちど、現実を認めたくなくて部屋のカレンダーをめくらずに11月のままにしておりましたが、なにせ不便なので(当たり前)諦めて、めくったならば……あー、今年ももう終わりなのかよー。
 もうちょっとがんばれよ今年ー。
(おまえががんばれよ、という声が聞こえてきたような気がするので、幕)



 ↓↓↓↓『続きを読む』で、おつぎの鍋はコンソメ仕立てで、たまねぎたっぷりにしようかなあ……って、それはもはやただのコンソメスープだと思った。
>>ソーセージやら加工食肉を鍋にインするなら切れ目は浅く且つ最小限、本体が温まったかなって時にソッコーで鍋から上げないと、只のダシ抜け物体になりまっせ。スープは極上になりますけど。夜中に食すなら〆は春雨かアク抜き不要表示のシラタキにした方が(笑)。最近は戻さなくても使える春雨小分けバージョンも有りますから。

 あ、ぼく、ダシが抜けてスカスカになった具もけっこう嫌いじゃないんです。
 ぱさぱさなのもひとつの味といいますか。
 もちろんぷりぷりなのも嫌いじゃないけれども。

 そしてシラタキ。
 そういうものもあるのか!
 そーか……シラタキか……ごくり。
 ダシの染みこみまくったシラタキを、じゅるじゅるじゅるり……あー。
 美味そうー。
 カロリーとかべつにしても、美味そうー。
 はうはう。



>>かのこんは15巻で完結と言うことでいいのでしょうか?

 あんな中途半端なところじゃ終わらんですよう。
 いちおー、まだ出版社のほうも待ってはくれてますし……書きさえすれば出してくれるんだよ。書きさえすれば……。
 だから幸せなはずなんだけどなあ。
 世には出したくても続きが出せない本とか、たくさんあるわけなのだし。
 うむーふ。



>>寒いと新陳代謝上がりますし。それに鍋モノすると野菜の摂取も増えますから。そのへんが効いて体重減ったかもですね。悪い方向で考えれば筋肉が落ちて体重も落ちたか(笑)。

 筋肉は絶対に落ちたでしょうね……。
 ふっくらしたおデブさんにはあこがれるんですけどねえ。
 どうもわたしは顔が太らない。
 下っ腹だけが太ってゆく。
 まいうーな人とかいいなあって思うけど、骨格とか体質とか、たぶんなんかそういうものが関係してるんでしょう。
 しかたがないので中肉中背、平々凡々に生きてゆきます。



>>最初は発泡酒、次に麦系焼酎、最後にまた発泡酒と、晩飯の間もその後もチビチビ呑んでる私はアルコール依存症でしょーか? ウオトカは私も美味とは思えませんでした。ジンの方がマシ。

 酔っ払って暴力をふるうとか絡みだすとか、なにかしら問題が起きてなければ、まだだいじょうぶなんじゃないですかね?
 ただ、たとえなにかしら問題を起こしてなかったとしても、毎日、なにかのお酒を飲まなくちゃならないっていう状態は、すでにアルコール中毒の入り口には立ってるらしいですのでね……お互い、気をつけなければいけませんですわ。

 ウオッカに関しては、あれをベースに使ったソルティドッグというカクテルはけっこう好きだったことを思いだしました。
 塩がね、いいんですよね。
 グラスのフチにまぶされた塩をぺろぺろしながら、グレープフルーツジュースで割ったウオッカを飲む……美味い。
 けど、お店にいかなくちゃなかなか飲めない。
 缶に入ったカクテルは売ってるけど、だって塩が。
 ソルティドッグの本体は塩だから。
 まあ自分でグラスのフチに塗ればいいんだけど。
 めんどくさいじゃないか。



>>今かのこんえすいーやってますが攻略サイトがないので自分で全クリしないといけないんですよね。まぁ攻略サイト見てクリアするよりやり込みがいがあるからいいですけどね。

 あ、わたしも原作者のくせして、まだ全クリしてません。
 攻略サイトってなかったんだ。
 最近ね、ゲームもね、攻略本を見ながらじゃないとプレイしなくなっちゃってね……昔はさあ、まずは攻略本を見ずにクリアーして、それから攻略本を元に完全クリアを目指したりもしたんですけど……ぶっちゃけ、めんどくさいんです。
 時間も無いし。
 ゲームを作ってる側としては、あんまり嬉しくないプレイヤーなんでしょうが……いまって、みんなだいたいこんなもんじゃないんですかねえ。

 と、いうわけで、攻略サイトを作ってくれると個人的に嬉しいです。
 それを見ながらわたしもクリアーするとしよう。
 超他力本願。



>>でも、マジ30キロ代だったら女子の妬み独り占めでしたぜ先生(笑)。憧れらしいですから30キロ代って。女子的には。

 えー?
 男子で30キロ台はさすがにちょっと病的に過ぎませんかねー?
 アバラ浮くよ、アバラ。
 手足も骨が筋張るよ、きっと。
 頬だって痩けまくるに違いない。
 女子だって……30キロ台じゃ、アバラは浮くわ手足は筋張るわ頬はこけるわ、なによりも胸が! 尻が! ペタスに! ニコラス・ペッタスに!

 男は多少、肉付きのいい女子のほうが好みだと思うんだけどなー。
 このあたり、女性が思う『イイ女』と、野郎が思う『イイ女』には違いがあるんでしょうな。
 逆もまたしかり。
 男が思う『イイ男』と、女性が思う『イイ男』はきっとたぶん違う。
 おそらくは、作者が思う『イイ小説』と、読者が思う『イイ小説』にも……違い、あるんだろうなー。



>>誤字だったのか…。真面目に、激ヤセしたのかと考えちゃいましたよ…。

 ごめんなっさっあ~い!
(語尾を甲高く)
 誤字です。
 脱字です。
 おすぎです。
 ピーコです。
 違います。
 いきおいだけです!

 いちどぐらいは30キロ台まで痩せてみたいなあ、とは思いますが。
 だけど……寒いだろうなあ、そんな状態だと。
 冬は体脂肪がなきゃ、やっぱりやってられんですよ。ぶひ。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。