スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

びくびくっ

 おー、びっくりしたぁ。
 地震、盛岡の震度5弱。
 え?
 そんなにあった?
 なんとなく震度4くらいかなー、と思ってたよー、あははははー。

 ★  ★  ★

 それは夕刻、ぼけーっと水戸黄門の再放送を観ていたときでありました。
 こたつでぬくぬくしながら光圀が格さんに説教されてるシーンを眺めて、「ぼくが光圀だったらブチ切れてるんだろうナー」と極めてどうでもいいことを思っていた、そのとき。

 いきなり携帯電話が、う゛ぃー、う゛ぃー、う゛ぃー、と鳴りだす。
 あれー?
 なんだっけコレ、メールの着信音にしてはやかましいし……と思う間もなく、揺れる揺れる揺れーる。

 あー、そっかー、これ、地震の警報だー。
 って、気づくのが遅い。
 もうとっくに揺れまくっておる。

 ……しかし長い。
 ずーっと揺れてる。
 あ、ちょっと収まってきた……?
 なんて油断させておいて、ぐがががががが、とさきほどよりも激しい揺れが。
 激しい雨がオレを洗う。
 激しい揺れがぼくを揺らす。
 わー、こりゃ、もしかしてイクところまでイッちゃうか?
 また停電か……今日はハンパなく寒いんだけどなあ……と、一瞬、そうなったときの覚悟も決めて、さて、そろそろ外に逃げだすか……とこたつから腰をあげたとき、だんだん、しだいしだいに、揺れが弱まってきて……収まる。

 あー、よかった。
 いや、まだわかんないけど。
 津波の危険がどうとかテレビではいってるけど。
 逃げてください逃げてください連呼してるけど。

 このとき、わたしは家の一階におりました。
 二階に上がってみる。
 CDが。本が。
 それぞれのピラミッドが。
 わーい、崩れてるぅ。
 とりあえず直す。
 CDと本の山を直しながら、また元どおり積み重ねながら、だいぶ平和ボケ……という言葉の使い方でいいのだろうか? 最近は地震もあまり無かったものだから、さっぱり危機への対応がなってなかったなあ、とすこし反省。
 地震の警報音を聴いてメールの着信音と勘違いするって我ながらかなりヒドイと思う。

 以上、CD&本のピラミッドがプチ倒壊していた以外は、とくに被害もなく。
 しかしアレ、震度5弱だったのかあ……。
 まだ余震とかありそうだなあ……。
 寝てる最中に揺れるのはできれば止めていただきたい所存。
 いくらお願いしたところで容赦なく揺れやがるんだろうけどなー。
 地球さまには勝てませんなー。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。