スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ぱぱぱ

 ふと急に思いたって、CDをレンタルしてくる。
 PerfumeのCD。
 あのパフューム。
 よくわからないままに2枚のアルバムをば。
 GAMEというのと、あとは……△?
 なんて読むんだろう。
 パフュームさんかっけー?
(絶対に違うと思いながら)

 みなさん、うっすらお気づきでしょうが、このボンクラブログ主、いままでパフュームを聴いたことがない。
 というか、よく知らない。
 ポリリズムぐらいは聴いたことあるけど。
 えー。
 曲がりなりにも若者向け小説であるライトノベルの書き手なのにー?
 あの若者に大人気な電子音楽ぴこぴこアイドルユニットを知らないのー?
 それで生きていけるのー?
 まあそれでなんとか生きてきたんですけど。
 ついでにいうと初音ミクもあんまりよく知らず……いや、このままじゃいけないなあと前々から思ってはいたんですよ。
 思っていたから借りてみたんだよう。
 なんだよ、べつにいいじゃんかよう。
 ついでに鈴木雅之のベストアルバムも借りてきて、『違う、そうじゃない』が入ってなかったことにショックを受けてもいてよう。
 なんでだー。
 あれは代表曲じゃなかったのかー。
 ウェズリー・スナイプスじゃなかったのかー。
(違う違う、違う、そうじゃない)

 さっそく聴いてみた。
 いや、雅之じゃなくてパフュームのほうを。
 聴く前のイメージは、前述したとおり、電子音楽ぴこぴこアイドルユニットというものでありました。
 だいたいイメージどおりでありました。
 ぴこぴこでございました。
 ははあ。
 なるほど。
 こりゃ人気でるわー。
 人気でなくちゃおかしいわー。
 ウソごめん。
 人気がでるとかでないとかはぜんぜんさっぱりちっともよくわかっちゃいないボンクラではありますが、とりあえず聴いてて気持ちはいい。スゲーいい。
 ボーカルも機械的な処理がされていて、ちょっと聴いた感じだと初音ミクっぽい(だからあんまりよく知らないんだけど)、いわゆるロボットというか無機質な感じなんだけど、それがぴこぴこな音楽とあいまって、じつに心地よく……うーむ。

 イイネ!
 ちなみによくわからないアルバム名であった『△』は、『トライアングル』と読むのであった。さんかっけーではなかった。
 あ、鈴木雅之も良かったです。
 聴きたかった『違う、そうじゃない』は入ってなかったけど。



 ……つぎはももクロあたりを攻めてみるか。



line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。