スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

なまけけけ

 やっぱりカップスープはクノールがいいなあ……と思いながら他社製品のコーンポタージュをすすり飲む。
 んーん、口中に濃厚に広がるコレジャナイ感。
 べつにマズイってわけじゃないんだけど、違う違うそうじゃない、キミを逃がせない。

 そうしてコレジャナイ感をこれでもかというほど味わいながら観たスマイルプリキュア32話は、ナマケ空間とやらに囚われたプリキュアさんたちが怠けに怠けてレイプ目(光の無い目)になってて、これ、コドモが観たらちょっとしたトラウマになるんじゃね……? と感じざるを得ないほどの本気っぷりが素晴らしかったです。

 というか、観ててオトナなはずのわたしの心がなんだか痛くてですね。

「がんばるのってつらいしめんどうだし」
「がんばってもしょうがないよ」
「しんどいだけなら最初っからがんばらんほうがええやん」
「なにより楽ですし」
「そう考えたらどうでもよくなっちゃった」

 とか、目に光の無い少女たちに抑揚のない口調で語られたりして。
 なんかもうスゲーよく気持ちがわかるというか、そのわかってしまう自分の気持ちがスゲーイヤというか。
 うえーん。
 怖いよう怖いよう。
 ナマケ空間怖いよう。

 その後の「学校も勉強もない朝早く起きなくてもいい。遊園地でも遊び放題。なぜあなたはこの世界を拒むのですか?」なんて聞きようによってはゲゲゲの鬼太郎を真正面からディスってるような敵側の精神攻撃と、「答えを出すのは大変だし、面倒だし、苦しいし、でも、辛いかもしれないけど私達はそうやって少しずつでも前に進んでいきたい。不器用かもしれないけど私たちは皆と一緒に未来へ向かって歩いて行きたい。皆で進む未来はきっとキラキラ輝いているから」なんて主人公側の回答が……ああ、なぜでしょう。心がちくちくと痛んでしかたがないのです。

 うふふ。
 うふふ。
 もしかしたらわたし、いまナマケ空間にいるのかもしれないなあ。
(光の無い眼で、ぼーっと抑揚なく語る)

 ああ……。
 早くプリキュアが助けに来てくれないかなあ……。
 ぷりきゅあー。
 ぼくはここだよー。
 ここにいるよーう。
(とか他力本願な時点でもう手遅れだと思いました)



line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。