スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

つきつき

 ムショーに食べたくなって食べたくなってたまらなくなって、だもんでついつい買いにいってしまったんだ……真夜中だというのに。チャリンコをちゃりちゃりこいで。けっこうな寒さのなか。見あげた空には、ほら、青白い月が、ぽつりとたたずんでいて……。

 そう、買いにいったのは月見バーガー。
 マックの期間限定バーガー。
 期間限定とかいいながら毎年この時期になるとやってるような気がするバーガー。

 なんでしょうねえ。
 妙に食べたくなるんですよねえ。
 いってしまえば普通のバーガーに目玉焼きを挟んで、あとはソースをマヨネーズ&ケチャップのオーロラソースにしただけ(そういえばベーコンも入ってたっけか)のもので、正直、好きな人には申し訳ないんですが、メチャクチャ美味いってわけでもなく……なのに、なんでだろう、妙に食べたくなる。
 なった。
 だから買ってきた。

 食べました。
 予想どおりの味です。
 白身&黄身の風味が口のなかに広がって……これなあ、きっと黄身が半熟だったりしたらもっともっと美味しいと思うんですけど、哀しいかな、しっかり火が通りまくってるもんですから、うーむ、見事にぱっさぱさ。
 オーロラソースはイケるけど。
 むー。
 やっぱり、あんのじょう、メチャクチャ美味いわけではなかった。
 もちろん不味いわけでもないんだけど。

 わかってるんだけどなあ。
 なのになんでか食べたくなるんだよなあ。
 アレかなあ。
 包丁人味平のブラックカレー的ななにかでも入ってるのかなあ。
 食べずにはいられなくなる、なにか。
 おのれ、あのマッドピエロめ!
(いいがかりです、たぶん)

 ★  ★  ★

 もうひとつ、おなじく期間限定で復活したらしいレタス&ペッパーバーガー120円もついでに買ってきたんですが、こちらは普通に美味い。
 スゲーごまかしてる感バリバリなんですけどね。
 文字どおりにペッパーが効きまくっていて、だから刺激で食えるという。
 まさにジャンク。
 だけど美味い。
 これで120円は本当にコストパフォーマンスが高いよなあ、と感心しちゃう。
 この味に慣れると舌がバカになりそうだから、あんまり食べないつもりではいるけれど。
 ただでさえバカなのがこれ以上バカになったら困る。

 ★  ★  ★

 と、買ってきたバーガーを真夜中だというのにもしゃもしゃ食べながら(だから太るんだと自分でも思う)、観たよ!
 なにをって、ガンダムAGEの最終回に決まってるじゃないか!

 とうとう終わってしまいました。
 全49話。
 正直、いろいろと拙い部分はあったと思うんです。
 オトナ向けのロボットアニメとしてはツッコミどころが多かったし、コドモ向けのロボットアニメとしては弾けかたが足りなかったように思うし。
 人間ドラマももうちょっと……と思わなくもなかったし。
 だけど、嫌いにはなれない。
 いいところもあるんだよ?
 たとえば……えーと、えーと、えーと。
 あ……アセム?
 そう、アセム!
 と、なんかそんな感じの物語ではありました。

 このガンダムAGE、三世代に渡って描かれた物語だったんですが、やっぱり第二世代の話がいちばん面白かったなあ、と。
 偉大すぎる父へのコンプレックス、自分より優れた力を持つライバルへの嫉妬、惚れた女は自分よりそのライバルに惹かれていて、おまけに父もライバルも持ってる特殊能力を、自分ひとりだけ持ってない……と、もう見てて可哀想になるくらいの逆境のなか、それでも頑張って踏ん張って生きる主人公、アセムさんの姿に、思わず応援してしまう自分がいたり。
 そのアセムさん、第三世代の話になったら、いきなり死んだことにされていて、ようやく登場したと思ったら海賊になっていて……スパロボに出てくるときはさぞかしコクのあるキャラクターになってることだろうと思う。
 きっとあんまり強くないんだろうなあ……。
 アビリティにスーパーパイロットとかつくんだろうなあ。

 第三世代の主人公も、最初のうちは幼いころからモビルスーツの操縦法を仕込まれていたというキリングマッシーン状態で、スゲー面白かったんですけど……だんだんとマトモになっちゃって、かえってガッカリみたいな。

 まあ、結論からいえばそんなに悪くはなかったっスよ!
 もしガンダムのゲームに登場したら、喜んで使うっスよ!
 そういえばGジェネの新作がもう出るんだなあ。
 まだ前作も途中までしかやってないというのになあ。
 でもアセムさん登場するのかなあ。
 登場するなら使ってあげたいなあ。
 きっとあんまり強くないだろうけど。

 ★  ★  ★

 以上。
 ゲップをしたらマックの匂いがした。
 どうしてマックって、こう独特の匂いがするのだろう。
 部屋のなかもマック臭がハンパないのです。
 ぱやぱーや。



line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。