スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

歩く、歩く

日がな一日、家のなかに引きこもって、パソコンのモニターを見つめながらキーボードをぺちぺち叩く日々ばかりをすごしていると、あら、やだ、ちょっとおなかまわりの肉が気になってきたんだぜ。

これは困った……。
どうすればいい?

動け!
運動しろ!
そして痩せろ!

というわけで歩くことにしました。
歩くだけならお金もかからないし。
そしてなにごともかたちから入るわたしは、万歩計も購入。
ネット通販で。
うぇ。買いにいけよ、歩いて。

さっそく、一日一時間ほど歩いているわけですが……さて、いつまで続くのやら。
自分に根気がないのもさることながら、えーと、買った万歩計なんですが、歩いた歩数に応じて、どれだけカロリーを消費したか、ボタンひとつで画面にだしてくれるんですね。
その数値が……。
13,000歩も歩いたのに、400カロリーちょっと。
これじゃ朝に食べたカレーパン一個ぶんにしかならないんだぜ。
うへー。
痩せるって、想像していた以上に大変だー。

美味しいものをたくさん食べたい。
そして動くのだるい。
でもたくさん食べて寝てたら太る。メタボる。ボルモル。

ああ、二十代のころは、なにをやったって太らなかったのに。
むしろ太りたかったのに。
やせっぽちだったから。
あのときは、これほどまでに腹回りの肉が憎たらしくなろうとは思わなんだ……。

が、がんばる!
だって、昔着ていたスーツのパンツとか、腰のフックが止まらないんだもん!
まるで昔着ていたスカートのファスナーがあがらない女の子みたいだ!
理解したよ!
昔着ていた服が入らないという絶望を、完璧に理解できたよ!

やせなきゃやせなきゃやせなきゃやせなきゃやせなきゃ、でもアイスクリーム美味しいですぅ☆ 冬の寒いとき、がんがんに暖房を利かせながら食べるアイスはおいちいなあ☆ やせなきゃやせなきゃやせなきゃ、でも美味しいでぶぅ☆ おやつが止まらないでぶぅ☆
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。