スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

いえろーぴーぽー

 セガ。
 違う。
 風邪。
 ハイ、まだ治ってません。
 いつもなら一日、二日寝こめば、あとは嘘のように回復するものなんですが……今回の風邪はひと味違う模様でございますね。
 鼻水がなあ。
 えー、ちょっとばかり汚い話になるんで万が一食事中のかたはごめんなさいなんですが、初日は透明で滝のように流れていた鼻水が、いまは真っ黄色なんですよね。
 たぶん、ばい菌を始末したあとの、膿的なものだとは思うんですが。
 お医者さんからいただいた薬は五日分で、もう飲み終わってしまうんですけど、飲み終わっても鼻水がイエローなままな場合、やっぱりまたお医者さんに診てもらったほうがいいんだよねえ……。
 めんどくさいんだよねえ……。
 待ち時間がねえ……。
 ……。

 ただ、ググって調べるとですねえ、鼻水が黄色い状態で放置すると、蓄膿症になる可能性があるとかどうとかで……アレでしょう? 蓄膿症って、鼻が詰まったままになるってヤツでしょう?
 嫌だねえ。
 鼻が詰まったままになっちゃうのは、嫌だねえ。
 元々、けっこう鼻は詰まり気味ではあるんですが(蓄膿症?)、それがいまはほとんど詰まりっぱなしなわけで、もうスゲー息苦しい。
 だって口呼吸なんだもん。
 そして頭が働きにくい。
 きっと酸素が足りないんだ!

 これじゃあさあ、これじゃあさあ、ただでさえ働かない頭がさらに働かなくなって……ん? じゃあ、逆に酸素を吸えば頭は働くようになるのか?
 ……すこし危険な考えな気がするのでやらないけど。
 なんか酸素も取りすぎるとよくないとか聞いた記憶があるんだよなあ。
 酸化作用だっけ?
 老化につながるとかなんとか……。
 うろ覚え。

 で、その蓄膿症も、昔は手術しなきゃダメだったのが、いまは薬でどうにかならんこともなさげな感じで……やっぱりお医者さん、いったほうがいいよなあ。
 あーあ。
 明日の朝になったら、綺麗さっぱり治っていればいいのに。
 たぶん治ってないんだろうけどさー。
 だってまだ喉は痛いからさー。

 ……本当に風邪なのかなあ、コレ。
 わけのわからない奇病でないことを祈りたい。
 祈るもなにも、とくに神さまを信じてるわけでもないので、祈る相手もいないんだけどねっ。



line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。