スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

しゃんとせーやー

 ぎっしぎっしと足踏み昇降運動をしながら聖闘士星矢Ωを観ていたら、いきなり某キグナスな人が出てきて、思わず「おおっ?」と声をあげてしまう。
 あれ?
 前回の予告で、伝説の白鳥座の聖闘士登場! とかやってたっけ?
 やってたけど見逃しただけ?
 ただ単にわたしがボケボケちゃんなだけ?

 ひさしぶりに見たキグナスさんは、ぼくの知ってるキグナスさんとは声が変わっていたけれども、ちゃんとヘンなダンスを踊ってくれたので嬉しかったです。
 真似して両手をくねくねさせてから片足をあげたりしたら転びかけました。

 ああ、ダイヤモンドダストが使えるようになりたい……。
 星座は水瓶座なのに。
 ちなみに雑誌の占いコーナーを見たら水瓶座は「仕事は二歩前進して三歩下がる、後退運」とか書かれちゃってて、当たってるなあ……と思ったですよキャハ!

 三歩下がるのかー……。

 ★  ★  ★

 ちなみに上に書いた占いが載ってる雑誌は、みんな大好きガンダムエースなんですけどね。
 なんか仕事運が後退してるのは、コネクションを紹介されながら感謝の念やお礼を忘れてるせいらしいですよ。
 とくにコネクションを紹介……はされてないはずなんだけどなあ?
 うーん。

 あ、そういえばガンダムエースに連載されていたガンダムAGEの漫画、いよいよ敵の本拠地に攻めこむぜ! というけっこうクライマックスなところで、その敵の本拠地を攻略するシーンは丸ごとカットなんてかたちで、第一部完してました。

 漫画は丁寧に描かれていて、けっこう良かったと思うんだけどなー……。
 絵も上手かったしなー……。

 あ、いや、もちろんアニメも面白いですよ!
 やっぱ海賊ガンダムはカッコイイなあ、黒くて。
 最初に見たときは「クロスボーンじゃねえか」ってツッコミを入れてしまったけれども。
 なんだかんだで45話まで追いかけてしまったので、最後まで見届けたいと思います。
 おもに二代目主人公であるアセムさんを応援しながら。

 ★  ★  ★

 夏にふさわしく。
 番町ぱんつ屋敷。

「お皿がいちまーい、お皿がにまーい……え? なに、この布……ぱんつ? それも、高級そうなシルクのショーツ!?」
「わたしのしわざです、幽霊のお嬢さん」
「だれ!? ……きゃっ!?」
「おっと、高級そうなのではなく実際に高級なシルクのショーツ一枚で失礼。なにしろわたくし、変態紳士ですから」
「変態……!? なのに紳士……!?」
「ええ。このネクタイが証です」
「シルクのショーツに……あとはネクタイ、アイマスクに、シルクハットだけ……!?」
「靴下と、革靴も履いてます」
「ふ、服だけを!」
「ええ、服だけを」
「そ……そんな変態紳士さんが、なぜ、わたしのお皿九枚セットに、シルクのショーツを?」
「この時期、日中は暑くとも、夜は冷えます……井戸にお住まいのあなたなら、なおさらでしょう」
「ま、まさか、それで?」
「ええ。幽霊とはいえ、女性が下腹部を冷やしてはいけません。各種婦人病のもとでございます」
「あ、ありがとう……ございます?」
「いえ。紳士ですから」
「ですけど、あのう……」
「おや、どうなされましたか、お嬢さん」
「お心遣いはありがたく思う……んですけど、わたし、ほら、江戸時代に殺されちゃった幽霊でしょう? 見てのとおり、着物しか着たことがなくって、だから、ありがたいんですけど、このショーツ、丁重にお返しいたしま」
「なんだ、そんなことですか。承知しました」
「え? あの、ちょっと」
「失礼」
「きゃっ!? あの、あのあのあのあの、変態紳士さん!?」
「着物しか着たことがないから、わからないのでしょう? この高級なシルクのショーツの穿きかたが……ですからして、この変態紳士が……手ずからに!」
「穿きかたがわからないだなんて、そんなことは、わたし、ひとこともぉ!」
「さて、まずは無い足首をつかんで、っと」
「きゃーきゃーきゃー! へ、へへへ変態! へ変態!」
「紳士ですよー……っと、こうして、片方をとおして」
「やだやだやだ、見える、見えちゃう! 穿いてないから! わたし江戸時代の人だから、なんにも下には穿いてないからあ!」
「そんなに暴れては、着物の裾がすっかりはだけて、煌々と輝く月明かりの下、すべてが目の当たりに……オゥ、エクセレンツ。ビューティホー」
「やめて見ないでよして許してお願いします!」
「……月が綺麗ですね」
「どこを見つめながらのセリフですか!」
「さて、もう片方の足首をつかんで、ほいっ、と……あとはずるるるるー」
「きゃんっ!?」
「これにて終了! ぱんつ、蒸着!」
「う、うう……」
「ぱんつ、赤射!」
「ううううう」
「ぱんつ、焼結!」
「うえええええーん! 見られたぁぁぁぁぁ。ぜんぶ見られちゃったぁぁぁぁ」
「……ふむ……宇宙刑事三部作でも許されないか……」
「あ、あなた! ああああ、あなた!」
「はい」
「あなた、ヒドイです! 幽霊ならなにをやってもいいと思ってるんですか! たしかにわたしは幽霊ですから、人権なんてありませんけれども!」
「まさか。そんなことは思ってなどおりません」
「だったら! なんで! どうして!」
「まず誤解がひとつ。わたしは生身の人間相手でも、きっとおなじことをしたでしょう」
「……! それは、犯罪です……!」
「」
「無言でニタリと笑わないでください! 怖いです!」
「ただ……ただわたしは、あなたに高級なシルクのショーツを穿いていただきたかった。ただ……ただそれだけだったのです。決して、見てはいけないものを見るつもりなんて、なかったのです」
「……本当ですか?」
「このネクタイに誓って」
「うう~……」
「最後に、ひとつだけ」
「なんです?」
「……とても、綺麗な月でしたよ」
「最ッ低ッ!」
「おっと、そんな、お皿を投げるなんてことをしたら……せっかくの高いお皿が、割れてしまいますよ?」
「いいもん! こんなもの、どうせ一枚足りないんだもん!」
「しかし、それでは足りない枚数が、どんどんと増えて……」
「死ね! 死んじゃえ!」
「いちまーい、ぱりーん。にまーい、ぱりーん。さんまーい、ぱりーん」
「よけるなー!」
「よんまーい、ぱりーん。ごまーい、ぱりーん。ほーれほれほれ」
「あぁぁぁぁ、バカにしてえぇぇぇ!」

 かくして、数える皿をぜんぶ割ってしまった幽霊は、しかたがないので成仏するかと思いきや、恨み骨髄、高級なシルクのショーツにネクタイ一丁、あとはアイマスクにシルクハット、靴下に革靴という姿の変態紳士に、取り憑いてやったとのことじゃ。
 どんとはれ。

 ★  ★  ★

 ……たしかに三歩下がってるような気がしないでもないです。


line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。