スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ういんどうずへぶん

 そろそろあたらしいパソコンが欲しいなーと思って、Webの画面ごしに指をくわえながらトランペットを眺める黒人少年ごっこをしてみるものの、もちろんトランペットをくれる素敵な紳士なんかはあらわれない。

 いや、仮にトランペットをもらったとしても困るんだけど。
 とても『じつはこの少年こそが、のちのルイ・アームストロングである』なんてエピソードにはなりそうにもないし。
 そもそも欲しいのはトランペットじゃなくてノートパソコンなのであるし。

 メインで使用しているノートパソコン自体は、SSDにしたりなんだりであと三年ぐらいは戦えそうな気配なのでいいとして、欲しいのはサブのノートパソコン。
 小さくて軽いノートパソコン。
 お外で使えるノートパソコン。
 引きこもり脱出用のノートパソコン。

 だってお家は暑いから……。
 こうなったら外で仕事しよう、冷房の効いてるファミレスとか喫茶店とかカラオケボックスとかでー、とか天然サウナ状態な部屋のなか、すっかり汗まみれになりながら思うものの、バッテリーが1時間ぐらいしか持たないんだよなあ、いま使っているメインのノートパソコンは……重いし……持ち運ぶには大きいし……。

 だから小さくて軽くてバッテリーがせめて5時間ぐらいは持つ、そんなノートパソコンがわたしは欲しい。
 ところがいまの時代ってスゴイのね、最新のやつならだいたい小さくて軽くてバッテリーが5時間ぐらいは普通に持っちゃう。

 あとは、値段だけ。
 値段だけ。
 値段、だ、け……。

 安いのはどこまでも安い(3万円ぐらいで買える)んだけど、上を見ればああ、どこまでも。
 いらないんだけど、そんな高性能なのは。
 正直、ふところもけっこう寂しいしなー……と我に返って、なんだか背筋が寒くなったりして。
 おお、エコである。

 よし、いまやってる原稿があがったら、その印税でオレ、おでかけ用のノートパソコンを買うんだ……とかやってるうちに、もう暑くなくなりそうな予感。
 うーむ。



 ところで、Window7でホームエディションではなくプロフェッショナルエディションを選ぶメリットって、いったいなんでしょう?
 以前はプロフェッショナル版のほうがサポートの期間が長かったので、選ぶ意味もあったのだけれども。
 いつのまにやら、ホーム版もサポートの期間がおなじくらいになってるし。
 だったらべつにホーム版でも……安いし……。
 うむむむーむ。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で拍手コメントにお返事。


>>西野先生:論文を読んで返事を頂きましてありがとうございます。これから話したい内容が長くなりますので、申し訳ありませんが、またメールボックスのチエックをお願いいたします。

 読んだ読んだ、メールも読んだよ!
 とりあえず感想。

 いいなあ、リアルが充実していて……。

 なんか拍手コメントとかくれる人みんな、先生よりも人生が充実しているように思えるんですが気のせいでしょうか?
 西野先生の人生なんか、じつにしょっぱいですぞ。
 流れる汗ほどにしょっぱいですぞ。
 頬をつたう涙ほどに……しょっぱ……ぐすん。

 ……あんまり自虐的なことをいうのはやめにしよう。
 本気で落ちこみそうだから。

 いいもん。
 ごはんがおいしければそれでぼくはしあわせなんだもん。
 ぱくぱく。
 ぱくぱく。
 ……ぐすん。



>>いきなりですが、アメリカ南部の経済成長って1980年代に急加速してるんですよ。なぜでしょう?黒人への差別撤廃で労働力が強化されたから?それもあるかもしれませんけど、最大の要因は冷房なんです。それまで南部の夏はあぢすぎて、まともに仕事できんかったけど、冷房があれば、四季通じてバリバリ働けるようになったっつーことなんです。

 おお。
 やっぱり暑さは万国共通で敵なのですなあ。
 いわれてみれば、なんか南国はのんびり、ゆったりした生活なイメージがあるけど、それはもしかしてもしかしなくても暑いから?
 とてもじゃないけどこんなクソ暑いんじゃ、マジメにやってらんねー、的な?

 うん。
 関係ないけどハワイにいきたい。
 沈む夕陽を見つめながらほろりと涙をこぼしたい。
 実際にいったら絶対に泣かないような気もするけど。
 なにしろこの前やった24時間テレビでもプロレスラー、天龍源一郎の姿を見たとたんに大爆笑してしまったわたしです。
 なんであんなに面白かったんだろう……。
 もうテレビに天龍が映ってるってだけで面白かったもんなあ。



>>見間違いでなければ、某有名メーカーが洗米機能付きの炊飯器を発売するとかなんとか。でもソレだと流し台に繋げなきゃじゃなかろーかと…確かに冬場にソレは嬉しいですが、無洗米でも研ぎたくなる昭和世代には…ナンダカナアです。

 たしかに、それなら黙って無洗米を買ったほうが早い気がしないでもない。
 無洗米か……。
 なんとなく頭に『無洗ぱい』とかいう単語が浮かんでしまうあたり、なかなかわたしの職業に対する業も深いものだと思ったです。

 冬場にお米をとぐのは大変なんですけどね。
 水が冷たすぎて手が痛いもんだから、ちゃっちゃとテキトーにすましたり、逆にのろのろ~とやったりすると、炊けたお米がヌカ臭くなっちゃったりして。
 お米をとぐときは、手早く軽くしっかりとやらなくては。
 ああ、また腹が減ってきた。



>>先生の食べ方は倉敷名物の「ぶっかけうどん」じゃないですか!

 へー、そうなんですか。
 いいですね、『ぶっかけ』って言葉がとくに。
 いえ、べつにぶっかける趣味はないんですけども。
 ゲシシ。
(品のない笑いかた)



>>エアコン、オンにすることお勧めです。

 自分の部屋にないんだよねえ、エアコン……。
 例年だとお盆をすぎたあたりはもうけっこう涼しくなってきてるはずなんですけども。
 今年はヘン。
 異常。
 ずーっと30度オーバーの気候でございます。
 なんかもう9月になるまでは続きそうなのがげんなり。



>>たびたびすみませーん。中国語版「かのこん」を読んでみたので、ご報告です。

>>で、尾てい骨舐めの場面を読んでみました。ちゃんと、どきどきな雰囲気のあるやらしさで訳されてました。

>>ご丁寧に望の「なんとかスナイパー」も「SM成人雑誌のこと」と注釈入り。伏せ字なし。

 へえ。
 いい仕事してるんですねえ、中国語版(おそらく台湾版でしょうけども)も。
 訳してる人が偉いんだなあ。
 我ながら翻訳しづらい文章だよなあ、と思いながら書いてますし。
 マトモな日本語じゃないもんなあ。
 なんだよ『ぱいぱいぷー』って。



>>せんせー、CSばかり見てないでか・の・こ・んウォーキングや踏み台昇降などでは腹なんかの脂肪は取れませんよ。それと筋肉増やさないと代謝が増えないのですぐリバウンドしますから腹筋などいたせばよろしいのでは。

 CSなんか見てないもん!
 スカパーに手をだしたらマジで仕事がヤバくなりそうな気配だから、ガマンしてるもん!
 アニメもさることながら、たぶんJ-SPORTSがヤバイ。
 WWE……サッカー……レース……あうあう。

 いちおう、踏み台昇降運動は腹筋にも効くらしいんですが……って、ネット調べなんで信憑性は若干ながらアレですけども。
 だけど腹筋はするようにしようかなと思いました。



>>ケバブ旨いですよねえ。秋葉原行くたびに食べてます。最近は屋台が出る時に車で売りに来てたりしますが、夏は暑くて大変そうです。

 いいなあ、好きなときにケバブが食べられて。
 たぶん、一回食べれば収まると思うんですけどね、わたしのケバブ熱。
 あとアキバが近いのもいいよねー。
 アキバっていうかTokyoなー。
 東京タワーにはいちど昇ってみたいなー。
 あと東京ドームで野球観戦。
 そもそもプロ野球自体、生で観戦したことはないわたしであった。
 あんまり野球はくわしくないんだけども、『東京ドームで野球を観戦する、生ビールでも飲みながら』というシチュエーションにあこがれる。


line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。