スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ざんしょはてき

 8月も下旬だというのに最高気温が35度越えってなんなんですかね!
 なんなんですかね!
 それも三日続けてってなんなんですかね!
 なんなんですかね!
 大切なことなので二回なんなんですかね!
 なんなんですかね!

 こみあげてくる怒りのあまり、Goo天気なるもので過去の天候データを参照してみたら……。

 18にちー。33.6どー。
 19にちー。32.5どー。
 20にちー。34.2どー。
 21にちー。35.4どー。
 22にちー。35.4どー。
 23にちー。35.3どー。

 道理でここ数日、ブログに『暑い』ばかり書いてると思ったよ!
 だって実際に暑いんだもん。
 バカじゃないのバカじゃないの。
 ぼくの部屋なんて二階にあるものだから、室内温度は脅威の36度越えだよ。
 本気で死んだらどうしてくれる。

 なんか日テレNewS24とかいうニュースサイトにて、『盛岡の猛暑日は3日連続で、記録が残る1961年以降では初めてのことです』なる文言を発見。
 なにが起こってるんだ地球。
 なにが起こってるんだ盛岡。

 そして明日(というかもう今日なんだけど)24日も、最高気温が34度という地獄の予報が放たれていた。
 もうやめて。
 子供が泣いているんですよ!

 なんか……もう……。
 暑さは思考能力を奪ってゆくよね。
 眠れないし。
 そんなのは日中に寝ているわたしがバカなのであって、黙って涼しい夜に眠ればいいのは重々承知の助なのだが、だって夜じゃないと原稿が書けないんだもーん。
 ああ、くそっ、『重々承知の助』なんて書いちまった。
 いまどき週刊文春やアサヒ芸能みたいなオッサン向け週刊誌のオッサンコラムニストでも書かないような蒸れ蒸れギャグを。
 ぐぬぬ。
 すべては暑さが悪い。
 殺人的な猛暑でか弱いぼくたちを苦しめる地球が悪いんだー!

 と、すっかりへろへろなもんで、書く文章がどうにもつまらない。
 いや、元々それほど面白くはなかったかもだが、それ以上にダメダメダメ男。
 かといって涼しくなったら面白文章が書けるかといったら……か、書けるさ。書けるに決まってるさ!
 ああ……。
 ブログを書くような感じで小説が書けたらなあ……。
 日常パートは似たようなものではあるんですが。
 シリアスパートが厳しい。
 シリアスのない世界にいけたらなあ。
 尻とAssなら……なんて下ネタを挟む活力すらない。
 そういえば昔、『シリアナ』なんて映画がなかったっけ?
(けっきょく下ネタでオチ)



 ↓↓↓↓の『続きを読む』で拍手コメントにお返事。



>>先日話した論文ダウンロードアドレスの更新とオンライン読めるアドレスを付けました、どうかおブログのメールを確認していただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

 見たよ見た見た、中国のお人!
 とりあえずの感想としては『日本語上手いよねー』というところ。
 拍手コメントやメールの文章もそうだけど、日本人が読んでて普通に読めるものを異国の人が書けるって、とてもスゴイことだよね。
 あと、かのこんへの愛はものすごく伝わってきた。
 大変よろしかったのではないでしょうか。

 しかし、外国版のかのこんって、どこまで表現できてるんだろう?
 主に各種純愛ぷれいのところ。
 尾てい骨をなめなめしちゃうシーンなんて、いろいろと規制が厳しいらしい国で、はたして描くことなんてできるのだろうか?
 いちおう見本誌はいただけてるんだけど、なにしろ中国語とか読めないわたしですから、どんな内容なのかはさっぱりなのです。



>>因みに我が家も、最近、長時間保温オッケーのあいえいちに変えましたが、潔癖性の姉が炊飯終了一時間後には問答無用で保温スイッチを切りサッサとご飯を小分けしてしまうんで、折角のメーカーさんの技術が堪能できません(泣)。

 本当はそうするのがいちばんいいらしいですよ。
 小分けして冷凍しておいて、食べるときだけレンジでチンするのが。
 我が家は基本的にめんどうくさがりなので、できるだけ保温、かぴかぴしてようが臭かろうがガマンして食う、という省エネ的観点から見ると地球にあんまり優しくないスタイルです。

 ……だからこんなに暑いのか?
 省エネしてないからか?
 くそう、地球のやつめ!
(被害妄想)



>>それより暑いとこ(クウェート)にいた人の証言によると、50℃くらいになるとスズメが車に轢かれるそうっすよ。あぢぐで飛べなくなっちゃうそうです。

 そんなところでも人は生活してるんだから偉い話です。
 50度とかもう、想像もできない。
 日常がサウナみたいなもんでしょう?
 スゴイよなあ、アラブの人。
 よくそんな過酷な環境で発展してきたよなあ。
 そりゃパリサンジェルマンなんて実在のサッカーチームを使ってリアルウイイレだってやっちゃうよなあ。


line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。