スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2002

 なんかYahoo! JAPANのメールアドレスを持っていることに気づいた。
 気づいたっていうのもなんだか妙な話なんだけども、まあ聞いておくれ。
 むかーしむかしに取得していたみたいなのですよね。
 どれほど昔かっていえば、2002年。
 なんでわかるのかっていうと、メールアドレスに『2002』の文字が入っていたから。
 かなりテキトーに取ったアドレスらしいのがよくわかりますね。

 2002年。
 およそ十年前。
 それほど昔に、なんでヤフーのメアドなんて取ったのかといえば……さっぱり覚えていない。
 普段使いのメールアドレスはプロバイダーのものなので……そもそも、いまのいままでヤフーのメールアドレスを持っていたことを覚えていなかったのだから、まあ、たいした理由もなかったのでしょう。

 なんとなく各種パスワード類を書いたメモを整理していたら発見した。
 ためしにアクセスしてみた。
 まだ生きてた。
 ……けど、どうもヤフーのアドレスは四ヶ月ほどアクセスしてないと、データが消されてしまうらしく。
 なにひとつとしてメールは残っていなかった。
 うーん。
 なんのためのアドレスだったのだろう……。

 と思ったら、わ、インフォシークのメールアドレスもあった!
 これは……おぅ、まだこっちも生きてる……。
 こっちは消しておこう……えーと、なんだ? インフォシークから退会するには、楽天会員から退会しなくちゃならないの? 楽天会員なんてなった覚えないけど?
 ……まあいいや。退会退会。

 あー。
 ミクシィにも加入してるぅー。
 うーん、ミクシィ……。
 なんともなつかしい響き……。
 加入したはいいが、なにが楽しいのかさっぱりわからなくって、けっきょくログインもしなくなって……もう何年になるのやら。

 どうもほかにもいろいろ、放置してあるウェブサービスがありそうな。
 そんな予感にとらわれつつも、調べるのがめんどくさいから放置する所存ではあるんですが、ちょっとばかり収まりの悪さを覚えたりしないこともない。

 しかし、なんだってそんなにメールアドレスを取っていたのやら。
 使ってないんだから本気で意味がない。
 複数のメアドを使い分けるような状況にもなったことはないし。
 なんか取りたい時期だったの?
 新しもの好きだったの?
 わからない。
 自分で自分がわからない。


line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。