スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

すててて

 前々から、古いパソコンを整理しよう、整理しようとは思っていた。
 が、なにせほら、暑いし、めんどくさいし、だって昔のパソコンはみんな押し入れのなかに適当にブチこんであるから、それを片づけるためにはおなじく適当にブチこんである有象無象を出したり入れたりしなくちゃならなくて……。

 否。
 めんどくさいは敵である!

 というわけで、腐海と化した押し入れに立ち向かう。
 ごめんウソです。
 腐海っていうほどひどくはない……と思うです。
 パソコン自体はすぐに取りだせたし。
 ちゃんと取りだせる位置に置いてあったのだね。
 たとえばメインのパソコンがいきなり壊れたとき、すぐにべつのパソコンで作業できるように……そういえば以前、いちどありました。突然、パソコンが立ちあがらなくなって……扁桃腺は腫れるし。締め切りは近いし。悪いことは重なるものです。

 なので、パソコン自体はあっさり取りだせた。
 問題は箱。
 そう……わざわざパソコンの入っていた箱を取っておいたわたしです。
 実際、使うことなんてないんだけど。
 修理するためにメーカーに送るときだって、使ったのは宅急便の人が用意してあったパソコン輸送用のクッション付きなダンボール箱だったし。

 だから、さっさと捨てちゃえばよかったんだけど。
 捨てられないんだなあ……断捨離ー。

 昔のパソコンを処分する以上、パソコンの入っていた箱なんてなおいっそう必要ないし。
 だから捨てるんだ……だがしかし、なにせ箱。
 普段、必要がない。
 ゆえに取りだす必要もなく、結果として、押し入れの奥へ奥へ、取りだしにくい場所へと……あああああ、めんどくさいいいい。

 汗をかきながら取りだす。
 マジでいちばん奥に入ってやがったもんで、辿りつくために押し入れのなかのものを出して出して出して……ああ、出したものは入れねばならぬ。めんどくさいい。

 そうして取りだした箱。
 その箱のひとつ――処分したいパソコンは三つだったので、箱も三つ――のうち、いちばん古いパソコンが入っていた箱に、そのパソコンのスペックが書いてあった。

 えー、機種名はTOSHIBAのpx020k402c84……。
 画面の大きさ、12.1インチのTFT。
 ハードディスクの容量……4ギガ!
 メモリの容量……64メガ!
 CPUの種類……AMDのK6-2、400mhz!

 すげー!
 パソコンって4ギガで動くんだ!
 メモリが64メガで動いたんだ!
 いま使ってるのなんて256ギガのSSDに、4ギガのメモリー(内、2.5ギガしか認識してくれないけど)だぜ。

 そんなので、かのこんの応募原稿とか書いてたんだよなあ……。
 ってゆーか、そんなのでも書けるもんなんだよなあ……。
 なんかもう、いろんなことに想いを馳せちゃうわあ。
 ちなみにこんなスペックで、お値段168,000円。
 いまなんか5万円でもそれなりのスペックのノートパソコン買えちゃう時代ですよ。
 デフレだね!

 ――と、いうわけで、さて。
 このパソコン類、取りだしたのはいいが……どう処分しよう。
 普通に処分すると、リサイクル料とか取られちゃうんだよね? たしか。
 なんか最近はただで引き取ってくれる業者もあるらしいが……むむむ。


line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。