スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

いちぢ

なんとなく、WiMAXを導入してみた。
あの、ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネットを実現。ってやつね。
ホントになんとなく。
一時の気の迷いで。
ついついうっかり。

強いて理由をあげるならば、自宅の回線はADSLで、これがまた遅い。
たぶんNTTの基地局から遠いのがいけないのでしょう、12Mの契約にも関わらず、2Mしかでない。
WiMAXは最大40Mとか景気のいい話をブチあげてらっしゃる。
ハイ、わかってます。
40Mなんて、そんなものそうそうでるわけがない。
わかってますとも。
でも、たぶん2Mよりはでるでしょう?
自宅の住所だとどのくらい電波が届くものか、調べてみたら△~○ときた。
よし。
これなら電波が届きません、不通で~す、なんてことにはなりますまい。
そう思って契約してみた。
機材が届いた。
昨日。

さて……結果は。

ぱんぱかぱーん。
各種スピードテストの結果、3M~4Mとでました。
うーん微妙。
一瞬、6Mとかでるときもある。
逆に、1Mもでないときもある。
安定ナッシング。
さすがは電波。
ぱわわわわわー。

問題は金額です。
コスト。
いま使ってるADSL、月額が約2,200円くらい。
これがWiMAXになると、約3,800円くらいかな?
差額、1,600円。
年換算にすると1,600円かけるところの12月で、えーと、19,200え~ん。

はたして……これだけのコストをかけるだけの価値が、この速度にあるかどうか。
まあ、無いですよね。
そもそも、2Mで困る使いかたをしていたわけでもなく。
べつにパソコンで動画とか観てるわけでもないしなあ……バンダイチャンネルぐらいなら、けっこー2Mでもイケないこともないし。ダウンロードもしてないし。

まあね、もうちょっとね、サイトの表示がぱぱぱぱぱっと速くなってくれれば……たまーに東京に上京して、ネットの使えるビジネスホテルに泊まったりすると、その回線速度のあまりの早さから来るレスポンスの良さに、けっこううっとりしちゃったりするんですけども……あのときほどの気持ちよさはないしー。ぱぱぱぱぱーってやつ。

うーん。
本来、WiMAXというのは、モバイル――すなわち持ち歩いて使うことを前提にしているはずのサービスなので、出先でもネットにつなげるということを考えれば、この速度だってぜんぜん構いやしないんでしょう。
が、しかし。
引きこもり上等なわたくし、そもそも外にあまりでない。
となると、あれ? やっぱり必要じゃないんじゃ……。

そんなことをうだうだ思いながら、ブログに書きこんでみる。
初WiMAXアップロード。
10Mとかでてくれたらすんごく嬉しかったんだけどナー。
夢のまた夢ぽいナー。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。