スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ろーりん

ハンドスプリングスロー!

あ、いや、なんとなく、今日おこなわれたサッカー日本代表の試合を観てたら、こんな必殺技がつかわれていたもので。
カッコイイよね、ハンドスプリングスロー。
口にだして使いたい言葉だよね、ハンドスプリングスロー。
ファミコンのキャプ翼的にはガッツが120ぐらい減りそうな技だよね、ハンドスプリングスロー。
ちなみに使っていたのは日本の人じゃなくって、対戦相手であるアイスランドの人でしたけど。
ハンドスプリングスロー!

いちおう観てなかった人のために解説しておくと、スローインのとき、いちどボールを地面について、そのいきおいのままに一回転、遠くへと放り投げるという荒技で、だけどわたしが子供のころはローリングスローなんて呼び名だったような記憶もあるんですが、なによりビックリしたのは、テレビの実況アナウンサーの人がなんら戸惑うことなく「おおーっと、これはハンドスプリングスロー!」とじつに的確に技名をあげたことだったりします。すごいね、プロって。

このハンドスプリングスロー、なんかスローインのたびにやっていて、見た目がハデなせいか(なにしろ一回転するし)、だんだんと投げるときになると観客も大きな歓声を飛ばしだしたのがおもしろかったです。
投げてるの日本人選手じゃないのに。
敵の人なのに。
ノリがいいなあ、と。
さすがは大阪。
(偏見)

★  ★  ★

痛車!

あ、いや、なんとなく、近くのコンビニに行こうとして外に出たら、アニメのおんにゃのこの絵柄が描かれている車に遭遇したものですからハイ。
Angel Beats!の娘でした。
わたし自身はAngel Beats!を観たことはなかったんですけど、丁寧なことに『Angel Beats!』って女の子の顔の横に書いてあったものですから判明。
すごいなあ!
盛岡にもあるんだなあ、痛車!
いいもの見たなあ!

ところで、この痛車、やっぱり萌え系のものしかないんでしょうか。
たとえば子連れ狼とかダミー・オスカーとかオークション・ハウスとかってなんでみんな原作・小池一夫。
実際にそんなものが街中を走ってたら子供が泣くような気もしますが。
あと絵柄によっては捕まる可能性も。

★  ★  ★

ふぁみま!

あ、いや、なんとなく、行ったコンビニがファミマことファミリーマートだったものですから芋煮カレー。
買ったよ芋煮カレー。
芋煮というからサトイモが入っているのは覚悟していたけれどもこんにゃくにはちょっとビビったよ。
ちょっとしょっぱかったよ。
ぼくには味付けが濃すぎたようだよ。
いっしょに買ったからあげは揚がりすぎてて硬かったよ……。
カッチカチなんだもんカッチカチ。
あ、あわせて買ったゴルゴはおもしろかったよ!
ダスビダーニャ降雪!



そんな日々。
ハンドスプリングスロー。
春をください。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。