スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

きがつけ

気がつきゃもう九月ー。
早い、早いよ!
あっというまに月日が過ぎてゆくよ!

なんとなく&うっすらfeat.ほんのりwithそこはかとなくみなさんお気づきかとは思いますが、当方、だいぶ煮詰まっております……本来の意味ではなく、誤用的な意味で。




に‐つま・る【煮詰る】
〔自五〕
①煮えて水分がなくなる。
②転じて、議論や考えなどが出つくして結論を出す段階になる。「交渉が―・る」




by広辞苑第五版より。

そーなんですヒルナンデスキャプ翼のイタリア代表キーパーはジノ・ヘルナンデス、『煮詰まる』って会議なり仕事なりが最終段階になるって意味だったんですネー。
だけどけっこうな人は「行き詰まる」って意味で使ってるような気がするですネー。
まあ、たぶんそのうち辞典にも誤用の意味が載るんじゃなかろうか……たいへんですよね、辞典を作る人も。

がんばんないといけないなあ……。

あ、いや、もちろん辞典を作るのをじゃなくって、本業のほうを。
某『悪魔の辞典』のちずるバージョンとか作ってみるのも面白そうではありますが。
「純愛=有無をいわさず押し倒して既成事実を作ってしまうこと」みたいな文章がずらずら並んでるとか、ステキやん?

なんかそんなことを、家の外壁を這うアメリカシロヒトリを眺めながら思ったです。
こんな気味の悪い毛虫だって、がんばって生きてるんだ……!
ぼくだって……!
すこしづつでも、前に……前に……!

あ、明日には市役所から駆除の人が来るみたいです。
この時期は大量発生するんで、けっこー忙しいらしいですよ。
待たされました。数日。
頼むよホント。
早くやっつけてくれないと、外に洗濯物を干すこともできやしない!
怖いよ!
干したシャツを毛虫が這いまわってるのを見た瞬間の恐怖ったらナイよ!
思わずもう一回洗ってしまったよウフフなんて地球環境に優しくない!
あーもーヤダヤダ。
毛虫ヤダー。
キライー。
一匹二匹ならまだかわいげもあろうってもんですが嘘ついたゴメンやっぱりちっともカワイクないけど、壁やら草むらやら物干し台やらにうじゃうじゃうじゃうじゃのたくってるのを目の当たりにした日には、もう……!

地獄だ……!
日常のすぐそこに、地獄はある……!
ぐつぐつぐだぐだ、煮えたぎってやがる……!
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。