スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

やまおか~

山岡家というラーメン屋さんでラーメン食べた。
ネギしょうゆラーメン。
なんか「家系」とかいうジャンルのラーメン屋のチェーン店らしい。
脂がすごかった。
なにしろスープの表面が透明な脂で覆われてるし。
麺が太かった。
こってりだった。
なるほど、これが家系ですか。
なかなか美味しかった……が、最近バテ気味なわたしですからして、夏場はちょっとツライかも……と思った。
まあ、夏場はラーメン全般がツライっちゃあツライんですが。
暑いからねえ。

だけど冷やし中華はすこし苦手。
というか冷たいのが苦手。すっぱいのもプチ苦手。
折衷案としてはつけ麺かなあ……とか思ってみる。
こんな時間に。
こんな朝方に。
あれ?
もしかして自分って食欲あるんじゃね?

★  ★  ★

コメントにお返事。

>>ハム子かわええええええぇぇぇぇぇぇ以上、感想でした

わたしもかわええええええぇぇぇぇぇぇと思いました。
最初にマンガの絵を見たときに。
じつは原作を書いているときにはほとんど登場人物の容姿については指定していないので、漫画家さんから上がってくる設定画なりネームなり原稿なりを見て、「ああ、なるほど、この子はこんな姿だったのか……」と感心したり感動したりする原作者でした。
絵の力って素晴らしいよね!
漫画家さんは偉大だよね!


>>こんばんは、心とお財布にはあまり余裕がありませんが、買いに行きますよ。

ありがとうねー。
嬉しいけど、あんまり無理せんでねー。
せめて心にすこしばかりの余裕を与えられたら幸甚でございます。
(なんか知らないけど『幸甚』って言葉がお気に入りです)


>>私はゲームを作ることを生業にしていますが、楽しんで作ったゲームは売れる!苦しんで、つらいだけの作品は、そんな結果!

ああ……。
なんだかわかるような気はする……。
ところで、書くこと自体は楽しいんですが、どうじに苦しくもあるときはどうなるんでしょう?


>>先生のブログを見て、先週花月に立て続けに2回行ってしまいましたw

ええのー。
わたしは期間限定の鶏そばが気になってしかたがないです!
だけどまた発売されてすぐにいって、売り切れだったりすると哀しくってやりきれないから間を置く所存です。


>>ポプリご覧になりました?中年の復活作…完全に絵莉子有香と同じ絵柄でしたね。

基本、単行本派なのでまだ読めておりませぬ。
おかげでいつ単行本が出るのかわからず、買い逃すことが多々あります。
夏目漱石&ゆかいな仲間たち四コママンガ、『先生と僕』の二巻が出てたのにしばらく気づけなかった。
ってゆーか、いつのまにコミックヒストリア終わってたん?
これってあんまり触れちゃいけないところ?

えー、中年=絵莉子有香説についてですが、本人がそうだと発表したわけでもないらしいですし、現時点ではぼかぁ、なんともいえないなあ。まだ実際に読めてもいないし。
仮にそうだったとしても……なんらかの事情があったんだろうなあ、と、どうしてもわたしは作り手の側に立ってしまいます。
だって作り手だもん。
いろいろあるんだもん!
もちろん「病気だなんて心配させやがってー!」と読み手のかたがたが憤る気持ちもわからんではないのですが、できれば、優しく見守ってあげて欲しいなあ……と他人事ながら思ったりします。
ほら、心配するってことは、その人のことを憎からず想っていたはずなわけで。
なんだかんだで復活してくれたんだから、まずはそのことを喜んであげて欲しいなあ、と。


>>太田胃散など大部分の胃薬にはアルミニウムが含まれていて、腎臓が悪かったりするとアルミニウム脳症の原因になりますのでご注意を

お、おおおお脅かすのはヤメにしようぜ。
なんかドキドキしちゃうじゃないか。
とりあえず腎臓に異常はない(はず)だし、あんまり頻繁に飲んでもいない……一日一回ぐらい……なので、たぶんだいじょうぶ! ……だと、思う……。

元々、あんまり薬は飲まないほうなのです。
なんとなく、身体に悪そうな気がして……。
薬なのに。
身体を治す効果があるはずなのに。
どうにも理屈で生きてないなあ、感情で生きてるなあ、と最近自己分析す。
めんどくさいんだよな、情の人って。
そうか、めんどくさいのか、自分は……。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。