スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ちゅーちゅー

ちゅーちゅー小説。
テーマ・「蚊」。
川がすぐ近くにあるせいか、家のまわりに羽虫が飛びまくっていて鬱陶しいことこの上ないんです。
そんな思いからしたためました。
(ウソです)


ある日、目が覚めたら、わたしはニンゲンじゃなくなってた。
じゃあなにになっていたかといえば、吸血鬼。

吸血鬼《吸血鬼:きゅーけつき、とルビ》。

あの吸血鬼である。
血をちゅうちゅう吸って生きる、こう書いてみると蚊のバケモノ、まるで『蚊マン』とでもいったほうがよさげなシロモノになってしまったのである。

そんなことになってしまった原因は、ウイルスがどーたらこーたら。
難しいことは賢い人……もう人じゃないんだっけ。
ええと、賢い吸血鬼にでも任せておけばいいのだ。
わたしみたいな中学生のかわいい女の子が考えることじゃないんだから。
第一、みんな吸血鬼になっちゃったんだから、ねえ、いっしょじゃない?

そう、みんな吸血鬼になってしまった。
人類の歴史は、ある日、唐突に終わってしまったのである。
じつにまあ、なんともあっけなく、なにひとつドラマチックなこともなしに。

さよなら人類。
こんにちわ吸血類。
そして、わたしが吸血鬼になって、いったいなにが変わったのかといえば、とくにたいしてなんにも変わらないのであった。いや、ホントに。

★  ★  ★

「……むー」

わたしは鏡に映る自分の顔と、にらめっこを続ける。
ありがたいことに、吸血鬼になってしまった以上、もう鏡には映らない――なんてことはなかった。
おかげで、いくらでも自分の顔を見つめることができる。
しかし、ホントに変わらんね。
すこしは肌が白くなるとか、鼻が高くなるとか、眼がぱっちりになるとか、まつ毛が増えるとか、要するに、もうちょっと美人になればいいのに。ちくしょう、ムカツクぜ。

「いくらにらめっこしたって、低い鼻が高くはならねーぜ、ねーちゃん」
「うるさい!」

後ろを通りがかった弟が、痛いとこを突く。
わたしは痛いとこを突かれた正当な返礼として、後ろ回し蹴りを喰らわした。

「なんだよ、もう! そんなんだからカレシのひとりもできないんだ!」

尻を蹴られた弟が、涙目になってなおも吠える。
ようし、もう一発……と思ったが、尻を押さえながら逃げられてしまったので、ちっ、と軽く舌打ちをするだけにとどめておく。

ああ……。

わたしはため息をついた。
吸血鬼になったところで、生意気な弟は生意気のまま。
低い鼻は低いまま。
でもって、わたしは中学生のままで、やっぱり学校にはいかなくちゃならなくって、そして受験勉強もしなくてはならないのだった。

ちぇっ。
つまんねーの。
せっかく吸血鬼なんぞになったっていうのに。

「……空から、美少年でも降ってこないかな」

なんてことを、なんの気なしにいってみたら。

「そんな夢みたいなこといってるから、カレシが……」
「やかましい!」

すぐさま弟は頭を引っこめた。
おのれ、しつこいやつめ。
わたしはすぐさま追いかける。
制裁だ、制裁!
吸血鬼はちょっとやそっとじゃ死なないんだからな、覚悟しとけ!

このとき、わたしはまだ知らなかった。
なんの気なしにつぶやいた言葉が、まさか本当になるだなんて――。



……みたいな話を書きたいなー、とすこし思うものの、どう考えても売れねーなコレ、とも思うのであった。
エロいロリねーちゃんに血をエロく吸われる話か、エロいエロねーちゃんに血をエロく吸われる話か、気の強い幼なじみ(剣道部)の血をたまたま吸血鬼になってしまった主人公がエロく吸う話じゃないとダメだろうなー、とか思うわたしはいろいろと毒されてるような気がしないでもない。

ちなみにこのあと、主人公の女の子は美少年と出会います。
その美少年は、じつはニンゲンで、なぜ? 人類は全滅したはずなのに? なんてセントラル・クエスチョンを提示しつつ、迫る追っ手! 追いつめられる女の子と美少年! 最後にふたりが選んだ道は……みたいな、80年代伝奇型ジュブナイルの道を、清く正しく進むのであった。

これたぶん、『吸血鬼』がダメなんだよなあ……。
ほかのなにかだと、80年代のネタでもイケるんじゃないかなー、なんて直感。
ところがアメリカじゃいまだに吸血鬼モノが人気という。

世界を狙うためには、一発、吸血鬼モノで……!

つーかまあ、普通に吸血鬼のエロエロねーちゃんモノを書けばいいんでしょうがね。
どう考えてもかのこんの二番煎じにしかならないんだなコレが。
二番煎じでいいならいくらでもストーリーは思いつくんだけど。
吸血鬼のヒロインだろー、人造人間(フランケンシュタイン)のサブヒロインだろー、狼男……だと望だな……そのままはいくらわたしでもちょっと……そして主人公は怪物ランドの王子さま……って、アレ?

F先生は偉大だなあ、という感じのオチで、今日はどうでしょうか。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。