スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ぎびんぐ

なんかもー、「センセイ、早くかのこん書いてください」とか「ところでかのこんは?」みたいな拍手コメントを見るたびに申し訳なさがつのって、鼓動は速まり顔面は蒼白になり、だらだらと冷や汗やら脇汗やら脂汗やらにじみだし、手のひらはぐっじょりになって胃はきりきり痛み、おなかの調子は悪くなってぐるぐるうなったりするので、もっとください。

じゃないと実験人形ダミー・オスカーなんて読んじゃうよ!
ぼくもオスカーになりたいようでなりたくない!
だけど「どうしてエレクチオンしないのよ~!」とはいちどいわれてみたい。歌丸です。ウソです。

★  ★  ★

ひさしぶりに拍手コメントにお返事。

>>コミックス一巻、発売おめでとうございます。謹んで購入させていただきますよー。

>>う・へ・へ・喜んで買わせていただきますぜところで、かのこんは??

>>重金属彼女も是非拝見させて頂きます。

ありがとうございます。
H先生をふくめたみなさん。
みなさまのご声援に支えられて生きております。

ホント作家なんて普段はセンセイセンセイいわれてエラそうにしてるけど(実際はそんなエラそうにする機会はなく、むしろ締め切り関係で叱られてはへいこらしてる感じですが)、しょせんは娯楽産業のイキモノ、みなさまのふところやら精神やらに余裕がなくては生きていけませぬ。だからもうちょっといろいろ頑張ってくれないかなー、と日々のニュースを観ては思うところアリアリですが、そのあたりをぐだぐだと書くのはわたしの仕事じゃないので思うだけにしておく感じで。



>>たぶんその声は日本中から聞こえてるんじゃないでしょうか

>>先生、仕事してくだしあ!

やってるよ!
つーかそれしかやってないよ!
もうしばし待て。



>>サイン付きなら倍の値段以上で買いますよ(笑)

>>サイン本にしてこのサイトでプレゼントしてくれれば嬉しいです。

サインするのはちっともかまわないんですが、梱包&発送作業がめんどくさいのでごめーん。
ほら、センセイ、仕事しなくちゃならないから……あと、まだ発売日前だし。
21日発売だにょんよろしく。

そのうち暇になったら……そんな日がいつくるのかわかりませんが、そうなったら考えときます。



>>西野先生、はじめまして。先日ひょんなことから「かのこん」と出逢ってラノベ読者デビューしました

センキュ!
5年前に発刊された作品に(まだ鋭意刊行中ですが)あたらしく出会う読者がいるというのは、とてもステキなことです。
この業界、時の流れは早いですからね。
どうじに、アニメというものがもつ力もひしひしと感じたりはする……。
入り口がアニメという人もけっこう多いのねえ。
ありがたいわねえ。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。