スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ばれんた

ぱんどらの人の場合。

「ねーねーキヨタカキヨタカキヨタカー! 今日はバレンタインデーだよチョコレート食べ放題の日なんだよ!」
「なんかいまいち違うような気がするけど、知ってるよ、今日がバレンタインデーだってことは」
「キヨタカ」
「な、なんだよ、ハルマ」
 まさか、もしかして?
 くれるというのか、このオレに?
 生まれて初めて……家族以外からのチョコを!
「はい」
「いや、そんな、悪いよ……って、なに、その手。なにもないんだけど」
「ちょーだい」
「オレが!? オマエに!? 逆じゃね普通!?」
「ちょーだいちょーだいちょーだーい! くれなきゃいたずらするから! とりっくおあとりーと!」
「いろいろ間違えすぎだ、オマエは!」

★  ★  ★

重金属の人の場合。

「凛子センパイ。知ってました? 今日がバレンタインデーだって」
「……そりゃ、これだけ派手に飾りつけしてあったらな。バカでもわかるだろ」
「あれ? お気に召しませんでしたか?」
「お気に召すもなにも……おまえ、バレンタインをなんだと思ってるんだ? クリスマスじゃないんだぞ? なんなんだ、このパーティー会場みたいな飾りっぷりは」
「だってぼくにとってはパーティーみたいなものですから」
「パーティーね……ちっ、すっかり貰えるもんだと思ってやがる。だが! 残念だったな! はっはっはっ、このアタシが、うまうまと世の中の流行なんぞにのって、おまえにチョコなんぞ送るとでも思ってたのか! やんねー! ぜってーチョコなんかやんねー! なぜなら! 人とおなじことをするのは嫌いだからだっ!」
「あれ? でも、このあいだ、恵方巻きはノリノリで食べてましたよね? ちゃんと無言で」
「ぬはっ! あ、あれは……あまりにも海苔巻きが美味しかったからだ! 断じて縁起なんてかついでないぞ!」
「そっかー……凛子センパイ、ぼくにチョコレート、くれないのかー……」
「んっ。ま、まあな。当たり前だろ? そもそも、おまえにやらなきゃならない理由も」
「楽しみにしてたのにな……どれだけぼくが楽しみにしていたかといえば、凛子センパイのチョコレートを食べるために、昨日の夜からなにも食べてないほどに……」
「うっ。い、いや、まあ、どうしてもというのなら、もしかしたらアタシのカバンを探ってみたら、たまたまチョコレートがあったりする可能性も無きにしもあらずというか、ほ、ほら、きょ、去年のがな! 伊織あたりから友チョコで貰ったやつがな! あるかもしんないなー、探してみようかなー、なんて……か、勘違いするなよ! わざわざ買ったりなんか、絶対にしてないからな!」
「よし、わかりました! じゃあ、我慢します!」
「……え。す、するの? 我慢」
「ぼくも男ですから! その代わりに……だーん! ハイ、どうぞ!」
「……な、なんだ、これ」
「ぼくから凛子センパイにプレゼントです! 手作りのチョコレート!」
「……おまえから? アタシに?」
「ハイ。愛をこめて! あ、ヘンなものは入ってませんよ? 入れようかなーと思ったけど我慢しました! 男ですから!」
「……あ、そう」
「ハイ! どうぞどうぞ!」
「そ、そうか……ちぇ。なんだよ、わざわざ高いやつ、買ってきたのに……つーかなんで六個しか入ってないのに、あんな高いんだろーな……サギだぜ、絶対……」
「え? なにかおっしゃいました?」
「いってねーよ、なんにも!」

★  ★  ★

かのこんの人の場合。

「耕太くーん!」
「わー! 予想どおりにチョコレートを塗っただけの姿で迫ってこないでくださぁい、ちずるさぁーん!」

★  ★  ★

こんな感じで。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。