スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

地図が欲しい

マップス・ネクストシートがおもしろい。
ちなみに『マップス』というのは長谷川裕一というひとが書いている漫画で、いわゆるスペースオペラです。どこまでも広がる宇宙で等身大ヒーローな主人公が宇宙人相手に派手なドンパチやらかしたり、女の子を救ったり女の子が裸になったり女の子が闘ったり、たまに星ひとつ消し飛んだり、しまいには宇宙ぜんぶ消し飛びそうになったりする、そんなお話。

で、『マップス・ネクストシート』はその続編。

『マップス』はもう十年以上も前に完結した漫画です。
そしてわたしは全巻、コミックスを持ってます。
だってリアルタイムで当時の掲載紙、コミックノーラを読んでましたし。単行本だってリアルタイムで発売日に買ってましたし。もう表紙とか変色してますし。ドラマCDまで持ってますし。ドラマCDというか、ドラマが入っているOVA版のサントラCDを。

つまるところ、それだけ好きな作品だったわけで。
当然、続編が始まるとなったら飛びつく飛びつく。

このネクストシート、ヤフーコミックのFlexComix ブラッドという、Webマガジンで連載されています。

FlexComix ブラッドのリンク先はこちら。
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood_0001.html

考えてみると、マップスという作品に、わたしは多大なる影響を受けているようです。
なんの影響って、女の子のキャラ造形に、大きく。

なんたってマップスのヒロインは、「ヒロインというにはトウのたった」お姉さん。(ちなみにこの「トウのたった~」うんぬんは、主人公がヒロインの行方を尋ねるときにいったセリフ)
彼女は宇宙船の頭脳体、つまりメイン・コンピューターである、人型のアンドロイド。
宇宙海賊だったりもするので、戦闘だってばりばりこなす。
というか主人公より強い。

ひるがえってみるに、拙著、かのこんのヒロインも……。
かなり年齢いってるし……。
人のかたちはしてるけど妖怪なので、人間じゃないし……。
闘うし……。
主人公より強いし……。

う、ううーん。
ぞ、属性、かぶりまくり?
意識したわけじゃないけれど……。
(なお、性格、容姿などは全然違います)

結論としては、いままで観たり読んだりしたさまざまなものから、自分の書く物語はかたち作られているんだなあ、と。
そんなの当たり前のことなんですが、今回、深く実感した次第。

で、話をネクストシートに戻すと、これがまたすごい。
なにがすごいって、とにかくスケールがでかい。
だって、宇宙船とおなじ大きさの宇宙人、登場ですよ。
それがまた、人型かつ半裸な巨乳お姉さんですよ。
東京ドーム何十個分もある、超特大おっぱいですよ……。
きっと無重力だから、派手に揺れるんだろうなあ……。
それも重たげに……。でんどろでんどろびうむびうむと……。

ああ、あのおかたに支配されたい……。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。