スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

めがねー

以前、購入した眼鏡の度数が強すぎて頭がくらくら、とてもかけてらんないどうしよう、ということを書きました。
レンズ変えたよ。
買ったお店にいって、すこしばかり度数を弱めてもらいました。
おかげでなんとか日常生活を送れるレベルになった。
わーいわーい。
ちなみに一回だけなら無料で交換してくれるんだってさー。
だから今回はタダー。
らっきー。

いいね!
あたらしい眼鏡!
世界がくっきりはっきり見える!
最高だ!
ちなみにわたしの眼は呆れるほど悪いので、へへっ、五万円近くかかったんだぜ……もっと眼が良ければなあ。フレーム代だけでオッケーだったのになあ。

★  ★  ★

「もっと○○が○○だったら……」
とか、たまに考えます。
きみも考えるだろう?
そしてちょっと落ちこむだろう?
もっと眼が良かったら、顔が良かったら、頭が良かったら、運動神経が良かったら、強い武器が手に入ったら……えとせとらえとせとら。
ええ、考えたってどうにもならないことです。
でもね、ふふん、わたしってばそういう妄想を小説に仕立て上げるとご飯が食べられちゃったりするお仕事ですからして。
まあ、ちょっとした詐欺師ですよね。
妄想で金を貰おうなんざふてえ野郎だ。
てめえら、たたんじまえ。
わーわー。
きゃーきゃー。

★  ★  ★

というわけで、すこし思考の方向をスライドさせてみる。
「もっと○○が○○だったら……」
の○○の部分を、どうすれば面白くなるだろう?

「もっと眼が良かったら……」
現実としては最高だけど、物語としてはあんまりー。

「もっとお金がたくさんあったら……」
銭ゲバですね。ジョージですね。

「もっと才能があったら……」
だれより?
「惚れたあの子より……」
だと、すこし好みの物語っぽくなる。

ライトノベル作家を目指す主人公とヒロイン、ところがヒロインのほうが才能があったりなんかしちゃって、最初は主人公が小説の書きかたなんか教えていたのに、あれよあれよと上達して、あれ? え? なに、新人賞受賞? デビュー? マジで? ちくしょう……ちくしょう! かわいさ余って憎さ百倍ー!

なんて読んでてヒリヒリしそうなやつをだれか書いてくれないだろうか。
え、ぼく?
ヤダよそんなヒリヒリするの書くの。
あれでしょ?
自暴自棄になって書くのを止めた主人公がヒロインに「わたしは……わたしは、○○くんの書くお話が大好きだもん!」とか泣きながら説得されて心を改めるんでしょ? そして「そうだ……最初はただ、書きたいから……だから書いたんだ……!」とか初心を思いだしつつ書きあげた作品を新人賞に応募して、そして! みたいなみたいなー。

……。

なんか意外と面白くなりそうでちょっと困る。
か、書いてみようかな……。

★  ★  ★

しかし、いまわたしが書いても劣化G戦場~や劣化キャノン先生~にしかならないような気もするのであった。
なんかこう、訴えてみたいんでしょうなあ。
溜めこんでるんでしょうなあ。
(そうなの?)

★  ★  ★

そういえば最近、作家モノのライトノベルがじわじわと増えてきているような。
みんな溜めこんでるのかしら。

★  ★  ★

じつをいえば、ドSのヒロインにだんだんと身も心も侵食されて罪を犯しちゃうようなホラーっぽい感じのダメラブコメを書きたかったりするんですけどね。
仮タイトルだけは決まってるんだ。
『加害妄想』っての。

★  ★  ★

あ、ちなみに、わたしは三日後にはまったく違うものが書きたくなったりするやつなので、「へー、このダメ夫の次回作ってダメラブコメなんだー」なんて思うと損することになります。

★  ★  ★

あ、でもダメラブコメなのはたぶん正解。
そんなんしか書けないしボク。

★  ★  ★

そんな感じで。
では。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。