スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

すとれんじ・かいんど・うーまん

買ったよ中年の新刊。
本屋に買いにいく服とヒマがないんでamazon経由で。

年刊 中年チャンプ 初期作品号 (ポプリコミックス79)
中年
4863790317

あ、ちなみに『中年』というのは漫画家さんの名前です。
なんかヘンなエロスマンガを描く人と理解していただければ結構かと。
だから十八歳未満の良い子なみんなは廻れ右だ!
ぼくは十八歳以上の悪い子だから平気で読むぜ!
エロスススッ!
(某ワンピースっぽい笑いかたで)

★  ★  ★

で、まあ、つまらなくはないんですけどね。
『初期作品号』なるタイトルが示すとおり初期の作品集なわけで、やっぱり現在の作品たちとくらべたらちょっとオチるかなー、って。
くりかえし訴えますけど、つまんないわけじゃないんですよ?
ただ、なんというか……「味」が足りない。
作者さんの「味」が、やっぱり足りない感じ。
これでは普通のエロスマンガではないか。
え?
普通のエロスマンガでなにが悪いんだって?
悪かないよ!
でもやっぱこの人の描くエロスマンガはどこかヘンじゃなきゃダメなんだよ!
具体的にはヒロインの女の子が!
もっとヘンじゃないと!
もっと情緒あふれるキ○ガイじゃないと!
たまらなくかわいらしい、もう抱きしめたくなるような、むしゃぶりつきたくなるようなキ○ガイじゃないと!
あ、でも『はみだし少女饒舌系』はよかった!
キ○ガイだから!
って、キ○ガイキ○ガイうるせーな!

だから、もしこの文章を読んで中年というかたの描く漫画に興味が湧いてきた人は、最初にこの本じゃなく、『年刊中年チャンプ』か『年刊中年チャンプ合併号』を読んで欲しいなあ。それからでも遅くないと思う。ってゆーか、まあ、合併号を読んだら買いたくなっちゃうよね、この本も……。

年刊中年チャンプ (ポプリコミックス)
中年
4903491730


年刊中年チャンプ 合併号 (ポプリコミックス71)
中年
4863790236

★  ★  ★

というか、単純に、わたしってばキ○ガイな女の子が好みなだけではないだろうか。
うわっ、ヤダな、気づきたくなかったな、そんな事実!
自分がなにものかなんて、ホントはみんなそんなこと知りたくなんかなかったんだい。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。