スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

台湾出張記(その3)

ざ、ざ、ざ……座敷わらしがー!
座敷わらしの宿が燃えちまったー!

びっくりした。
あまりに予想外すぎてびっくりした。
いえ、わたしってば今朝、トイレでいろいろとがんばりながら新聞を読むなんていう、オッサン臭いというかいろんな意味で臭い行為を敢行していたんですけどね。最後のページ、テレビ欄の裏にあるコボちゃん四コマが載っているページの、そのコボちゃん四コマのとなりに「座敷わらしの宿 全焼」なんて記事を見つけてしまって、そりゃあもう驚いたことったら。

岩手県は二戸、金田一温泉郷にある緑風荘って温泉旅館なんですけども。
座敷わらしが出没する部屋があるってことでけっこう有名なところでして。
その部屋に泊まると出世するとか成功するとかなんとかで、わたしもいつかは……いつかは! 泊まりたいナーと思いつつ予約が2011年末までいっぱいとかスゲーなオイという宿だったんですが。

まさか燃えてしまうなんて……。
それも全焼。
新聞の記事によると従業員、お客さんはみな避難して犠牲者は無かったらしく、そこだけがせめてもの救いではありますが……座敷わらしのおかげで無事だったのだと思うとすこしは慰めになるかもしれない。ならないかな? ならないよなあ……。

なんとも残念。
どうするんだろう……再建するのかな……。
再建するとして、座敷わらしの存在はどうするんだろう……とかゲスな勘ぐりをしてしまう自分がプー。

そんなゲスプーなわたしの台湾出張記、続き続きー。

★  ★  ★

わたしを乗せ、日本は成田空港を出立した飛行機が、とうとう台湾は桃園国際空港へと降り立つ!
そう、桃園国際空港だ!
プリキュア的には桃園ラブ国際空港だ!
しあわせ、ゲットだよ! あたし、カンペキ! わたし、信じてる! 精一杯がんばるわ!
(違います)

なんか、離陸するよりは着陸するときのほうが気が楽でした。
これで地上に降りられる! という気持ちが恐怖をやわらげたんでしょうか。
やっぱり飛行機はふらふらとふらつきながら、生理にあわない挙動を見せたんですが。
滑走路にタイヤがついたときの衝撃もね……。
どうんってね……。
揺れるんだよね……。

なんにせよ、みごと飛行機は無事に滑走路へと着陸。
ゆるゆると空港へと向かう。
飛行機より搭乗ゲートをくぐって、いざ空港内へ。
それから預けた荷物を受けとったり、日本円からニュー台湾ドルへと両替したり、入国用の書類を見本を見ながら記入したり、パスポートを手に入国ゲートを通ったり。
すべての作業を終え、ほっと息をつくわたし。

海外旅行って……大変だな……。

と呆ける間もなく、担当編集者は先を急ぐ。
わたしを呼んでくださった台湾の出版社のかたがたが、迎えに来ているらしい。
なるほど、そりゃ急ぐしかないぜ!
どうせ右も左もわからない外国ド素人のわたし、ただ黙って編集者さんのあとをついてゆくのみ。

広い空港を歩いて歩いて……。
おお!
わたしの名前を書いた厚紙を持ってる人たちがいる!
なんかこれ、見たことある!
テレビとかで見たことある!

かくして、無事に現地の出版社のかたがたと合流する。
あちらの出版社、かのこんを翻訳して出版してくださっている先端出版のかたがたは、メガネっ男にメガネっ娘のダブルメガネであった。わたしもメガネで担当編集者もメガネだったもんで、全員がメガネ。フォーホースメガネメン。なんともメガネ率の高い空間が完成する。

ちなみに、男性は先端出版さんのライトノベルや漫画を担当する部署の編集長であった。
つまりかなり偉い人であった。
女性は通訳さん。
なかなかのメガネ美人であった。
あれやこれやと通訳さんと介しての会話を交わしながら、さあ、空港の外へ――。

ああああ、熱!
暑いじゃなくて、熱!
それもそのはずこのときの(8月中旬)の台湾は気温34度ー。
いえ、東京も気温的には数度しか変わらなかったんですが、なにせ湿度が違う。
じっとりじとじと。
むっとくる暑さが、わたしの体力を気力をー。奪うー。
引きこもり作家にはまさに灼熱地獄!

と思ったら、空港外で待機していた移動用の車に乗りこんだとたん、わー、ひんやりー。
車のなか、すんごく冷房が効いてました。
あとでネットで調べてみたら、台湾って外が熱い(なにせ沖縄より南方)ぶん、屋内や車内は冷房をガンガン効かせてるみたいです。いやあもう素晴らしい。まさに天国です。外は地獄だけど。

そんな天国世界な車に揺られ、わたしたちは空港より街へと向かうのでした。
時刻は午後の五時を過ぎたあたり。
日本との時差は約一時間。
つまり日本時間だと午後の六時。
暮れなずむ台湾の高速道路を走って走って、その日宿泊するホテルがある、台北地域へと――。
続く。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。