スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

しんかん

新刊、でますぞえーや。
作者のブログになんか興味のない人たちにとっては、本だけがわたしという生物の存在証明だい!
というわけで本がだせるというのはイイことですね。
本当にイイこと。
半年ぶりに全国のみなさんに向かってはろはろー!

と、いうわけで。
どん。


わざわざ作者のブログなんかに訪れてくださってるイイ男イイ女のみなさまへ、amazonへのリンク。
そうさ、西野かつみの新刊、『ぱんどら』を売ってる場所へのリンクさ!
もちろんアフェリエイトでございます。ここ経由だと、オレ、ちょっとモウかる。ニク、クエル。ガウガウ。

本の中身が知りたいかたはこちらへ。

MF文庫J ぱんどらのページ

リンク先の『立ち読みコーナー』というところをクリックすると、冒頭何ページかを読むことができます。
でも、できれば本屋さんで手にとって見てもらいたいかなー、とは思います。
なにを直に確かめていただきたいかといえば、絵ですよ、絵。イラスト。
いいんだこれが。
とにかくいいんですよ。
カラーだけじゃなくて。
モノクロもエライこと気合い入ってるの。
なんといいますか、『かのこん』のときの狐印さんもそうですけど、わたしってイラストレーターさんには恵まれてるなあって。これで売上がダメダメだったら自分のせいだなあって。責任重大。あう。まったく、編集者がエライ! よくぞ見つけだしてきた! なんたって今回『ぱんどら』のイラストを手がけられた蔓木鋼音さん、ライトノベルの仕事は今回が初めてなんですと。

初めてか……。

なんだって初めてはイイよね! げへへ!

ちゅうことで新シリーズなわけで、買え! 買わんとあんなことやこんなことしてやる! とまではいいませんが(いってるけど)、本屋さんで見かけたら手にとって、ぺらぺらとめくっていただけると嬉しいです。

買っていただけたりしたら?

作者は肉が食えるかもしれません。
ちなみに最近の作者はスパゲティーばっかり食べてます。100円ショップで買ったパスタに100円ショップで買ったソースをかけて。ペペロンチーノ、たらこスパ、めんたいこスパ、ミートソース、ナポリタン……いいよね、スパゲッティー! 安上がりで美味くて! 外で食ったらあーた、7~800円はするのに、家で作って食えば200円! 正確には消費税込みで210円! 安い! 美味い! 素晴らしい!

だけど、あなたたちがぼくの本を買ってくれれば、ぼくは外に食べにいくことができるかもしれない。

なにせ半年ぶりの本なわけで。
つまり小説収入も半年ぶりなわけで。

……。

もっとガンバらなくちゃいけないと思った!
とりあえずオレ、『ぱんどら』の印税が入ったら、ラーメン大盛りにギョーザとライスをつけるんだ……。
(死亡フラグっちゅーか脂肪フラグ)
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。