スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

しわよせのからみ

最近、桜玉吉について人と語る機会がございましてね。

あ、知ってます?
桜玉吉という漫画家さん。

桜玉吉 - Wikipedia

昔はファミコン通信(現ファミ通)にて『しあわせのかたち』なる漫画を連載しておりまして、その後は舞台をアスキーコミック(現コミックビーム)に移して『防衛漫玉日記』を描いておりました。おそらくですが、多くの人は『しあわせのかたち』で知ってるんじゃないかと思います。なんたって天下のファミコン通信連載だ! アニメにもなりましたし。DVD化されてないんで、いまではまぼろしのアニメになってるんですけどね……だからわたしもまだ観たことない……観たい……。

で、この玉吉先生なんですが。

『しあわせ』初期~中期のころはゲームをネタにした漫画を描かれてまして。
それが、後期のあたりからだんだんと作者の日常を描く、いわばエッセイ漫画へと変わり。
次回作の『防衛漫玉』ともなると完全に日常を下敷きにして話を作るようになり、その描きっぷりがしだいしだいにディープな方向へと移行して、最後のあたりはもう、私小説的漫画というかなんというか、作者の心象風景を原稿用紙に塗りたくった作風になってしまっちゃうんですなあ、これが。

『防衛漫玉日誌』→『幽玄漫玉日誌』→『御緩漫玉日誌』とタイトルが変わっていくんですけど、各シリーズの最終回はいつも作者であり主人公であるところの桜玉吉氏が鬱をこじらせてしまって、もう書けなくなってしまったところを漫画としてきっちり描き(!)、しばらくお休みになると……なんかこう説明してみるとあらためてすごい漫画だと思った。

ちなみに『防衛』『幽玄』『御緩』はそれぞれ『ぼうえい』『ゆうげん』『おゆるり』と読むんですけど。
時が流れるごとに枯れてゆくのがおもしろいですよね!
中身も枯れていっちゃってるんで、正直、あんまり笑いごとでもないんですけどネ!
だって私小説的漫画ですからして、中身が枯れてるってことは主人公であらせられる桜玉吉先生の人生が枯れて……あうあうあー。

とにかくいちど読んでもらいたい漫画ではあるんですが、なにせ掲載誌がコミックビームですから……プロのもの書きとなった現在の立場ではちょっといいづらくもあるんですが、ぶっちゃけますと、ほら、ビームってマイナーじゃん? このブログに訪れてくださってるかたも、たぶん、ほとんどが読んだことないじゃん? 下手すりゃ売ってないしね! 小さな本屋さんだとね!

だから、意外と知られてないっぽいんですよねえ、玉吉先生。
こういう漫画こそ「このマンガがすごい!」あたりで紹介してくれないもんだろーか、と思うんですが。
ある意味、本当に人生削って描いてますし。
ああ、でも単行本が出てないと紹介もできないのか……いかんせん、描いてないからナア。

そう、描いてないんですよ。
ファミ通でコミックビームを宣伝する四コマ漫画(といいつつ、やっぱり私小説的四コマ漫画なんですが)と、週刊アスキーで『ゲイツちゃん』なるビル・ゲイツをモデルとしただろう顔だけの生物が(小さく手足は生えてるんだけど……顔から)なにかやって「キーッ!」と叫ぶというシュールとしかいえない四コマ漫画を描いてはいますが、何ページかに渡って語る普通の漫画は絶賛お休み中。

最後の普通漫画(ちっとも普通じゃないんだけど)である、『御緩漫玉日誌』の最終巻の発行日が、とりあえず単行本の奥付を確認するかぎり、2007年4月17日。
そうか、もう二年以上も描かれてないのか……。

さて、ここで冒頭にてわたしが「最近、桜玉吉について人と語る機会が……」と書いた意味がおわかりになりましたでしょうか?
 「桜玉吉の漫画について」ではなく、「桜玉吉について」と書いた意味が。
だって私小説的漫画なものだから、玉吉先生の漫画について語ることは、つまり先生本人を語るのに近くなっちゃうんですよねえ、どうしても。漫画のキャラだし。主人公だし。
だからねえ、心配しましたよ。
漫画のキャラであり、主人公であり、そして実在の人物だったりする、桜玉吉その人を。

「玉吉……いまなにやってんだろうねえ」
「なんか恋人いなかったっけ? ぱそみちゃん? ぺそみちゃん?」
「別れたじゃん、アレとは。ほら、伊豆の家で」
「あー、あったねえ、そんなこと。はいはいはい。そっかあ。そうだねえ、別れたねえ」
「ちょりそのぶはどうしてるんだろ」
「あの人はプロのモデラーなんでしょ? 食ってけるでしょ、普通に」
「ヒロポンとかさ」
「ヒロポンかあ! アレはねえ」
「アレだよなあ……」
「アレだねえ……」
「O村は……」
「あの人はだいじょうぶでしょ。トルコ~とかいってるよたぶん」
「おめこ~、とか?」
「いってるいってる。いってるし、きっとやってる」
「それにしても、玉吉なあ」
「いまファミ通で四コマ書いてるよ? あとは……」
「知ってる。週アスでも書いてんだよね」
「ゲイツちゃんね」
「キーッ! って」
「キーッ! って」
「そういえばさ、アレ、なんだった? ほら、しあわせの愛蔵版だっけか、あったじゃん。アレの応募券と、玉吉のかたちだったかの応募券を送ると……」
「しあわせのかたち2000と、生原稿のコマがもらえるやつでしょ?」
「そうそうそう。あのコマ、なんだった?」
「あー、なんだっけなー。思いだせないなー」
「オレはアレだったよ。そねみの……」
「あははは! 当たりじゃん、ある意味!」
「あはははは! そう、レア!」
「あははははは!」

(※桜玉吉ファン以外置いてけぼりの会話でスミマセン)
(※というか会話にでてくる登場人物、全員モデルがいるんだよな……私小説漫画だから)

ということで、後日、部屋の棚をひっくり返して調べてみましたら、でてきましたよ応募者全プレの生原稿一コマ分。

しあわせ

これはこれで悪くなかった!
後期しあわせのかたちの主人公だし!
(つーか作者だ)

★  ★  ★


最初に触れる玉吉マンガはやっぱりこれかなー、と思ったり。
でも若い人だとファミコンのゲームネタ、わかんないかも。




こっちが最初でも悪くないかも。
まだそれほどインナースペースに入りこんではいないし。
枯れてないし、つやつやぷーだし。
文庫だし、安めだし、本棚のスペース取らないし。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。