スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ぴんなっぷ

メガミマガジン2008年1月号、購入。
かのこんアニメ化の報が載っているそうなので。

おー。
見開きでちずるさんだー。
むちむちだー。
胸の谷間が、ふとももがー。
肌がつやつやぷーだー。

にへへ。
自然と口元がゆるみ、笑みがにまにま浮かびまくる。
我ながらキモーイと思いつつ、だってしかたないじゃない、自作のヒロインなんだもん。しかしアレだね、こういうとき原作者はバカになるね! バカもバカ、空手バカ……ならぬ、親バカに。「お、おでのヒロインがいちばんかわいいもんねー!」と、なかば冗談、なかば本気で思っちゃうんだから、もうどーしよーもありませんな、こりゃ。いやしかし、いい絵だわ。ぬははぬは。

などと、親バカ話はさておき。

じつをいいますと、いまだ現実感がなかったりします。
なにがって、アニメになるのが。
どうも実感がないというか……そもそも、いまだに本屋の棚に自分の書いた本がならんでいるということが信じられなかったりして。デビューして2年が経過するというのに。どうなんだろう、これは。たぶん、プロとしての自覚がないんでしょーな。まだまだひよっ子です、ハイ。

というわけで、いまだに素人臭さがぬけないわたしですが、それだけにプロの仕事に触れると身が引き締まります。たとえばアニメのシナリオを読んだりとか。これは原作者チェックのために読んでいるわけなんですが、どうも、おもしろくてしかたがない。「わー、えちーい、らぶーい、あまあまーい」と、ただただ楽しむばかり。おい、チェックはどうした。

悔しくもありますが。
ああ、こういう描きかたがあったのか、と。
どうして自分はこのシチュエーションを思いつかなかったのか、と。
こんなプレイが……く、悔しいっ。びくびくびくんっ。

わたしも、もっとがんばらないといけません。
がんばりますよ、もちろん。
とりあえずこの面クリアーしたら本気だす。おー、マレット専用アクトザク、つえー。っていうか、ジオングより強くないっスか?

え?
いえ、Gジェネレーションスピリッツなんかやってませんよ!
原稿を書かなくちゃいけないってのに、そんな余裕はどこにも……うげへぇ!? め、命中率97パーセントの攻撃がよけられた!? 30パーセントの敵の反撃は当たった!? ふ、ふざけちゃいけねえよ! リセットだリセットー!



人生もセーブ&リセットができればいいのに、なんて思ったわたしはゲーム脳。
だいじょうぶです。
わたしはゲーム脳でも、わたし以外はとても有能。
きっとすばらしい小説のイラストが、漫画が、アニメができあがりますです。小説は……がんばりますです。あ、ゲーム『脳』と有『能』で韻を踏んでたって気づいてました?
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。