スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

すたんす

もの書きなんていうのは、だいたい褒められれば褒められるほど伸びる生物です。
というかわたしはそうです。
気持ちよくされればされるほど、そそり立ってしまうものなのです。
にんげんだもの。

けなされれば当然のことながら、哀しいのです。
しおしおとしょぼくれてしまいます。
ストロー級がミニマム級になってしまいます。
だってにんげんだもの。


なんですが、みなさまの感想になにかいおうとは思わんのです。
お金を払って買ってくださったんですもの、好き勝手なことをいえばよろしおす。
なぜならわたしも昔はそうしていたから!
大枚払って買ったものがクソくだらなかったら、そりゃあもう容赦なくこきおろしていたんだ!

「オイオイ、おれは本を買ったと思ったんだがどーやらコイツは便所の紙だったようだぜ! いや、便所の紙以下だな! だって尻触りが悪いからな! ヒャッハー!」

ウェブに書いて全世界に発信こそしなかったけれど――わたしが若かりしころ、ネットの海にこぎだすにはウン十万円するパソコンがなければ無理だった――携帯電話なんかまったく普及してなくて、学生のあいだではポケベルが流行っていて――ああ、それがわずか十年ちょっと前のことだなんて――だけど、もし自分が現在の状況に立たされていたら、書き散らしていたと確信する。全世界に憎悪と欲望を発信だ! ぼくの話を聞いてくれ!

いまのわたしは、世界に向けて「こりゃあゴミだ」とか発信しません。
それは作り手側の立場になってしまったからです。
自作をゴミといわれた相手が、どう感じるのか嫌というほどわかってしまったからです。
だからわたしはいいません……が。

みなさまがわたしの本を読んでなにをいおうが、文句をつけるつもりもありません。
もちろん「おもしろかった」といってくれればそれに勝る喜びはないのですが。
本音をいえば褒めて欲しくてしかたないんですが。
「クソつまんね」とかいわれるとプチむかつきもしますが。
だってだってにんげんだもの!

あ、某ブックオフで買ったとか書かれるとちょっと切ないかも。
だって古本屋で買ってくれてもぼくにはお金は入らないんだよう。
おこめ食べられなくなっちゃうよう。
あのね、おこめを食べられなくなっちゃうとね、力が入らなくなってね、おもしろえっちな物語、書けなくなっちゃうんだよ! ほんとだよ!


そうそう、ここまで書いておいてなんですが、わたしは感想を見に回ったりはしません。ですからご心配なく、ぞんぶんに感想をお書きください。

だってネットって怖いもん。

アレでしょ、ちょっと検索したりするとワンクリ詐欺でぼくの住所とかぜんぶバレてハッカーのお兄さんにクラックされてパソコンの中身をぜんぶ流出させられて恥ずかしい文章とか「巨乳」「中乳」「微乳」で分類された謎のフォルダを覗き見られたりするんでしょ! そんなのこわくておしっこもらしそうだからねっとなんかぼくしないんです。このぶろぐはじつは念波で更新してるんです。ねんぱかんのんりきー!

自分で書いていても頭が悪すぎてメメントモリなんて言葉が一瞬脳裏をよぎりましたが、西野かつみは「かのこん」でググったりなんかしないなんていわないかもしれないよぜったい、ということにしておいてくださると幸甚でございます。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。