スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

わたしは、ふだん、あまりお酒に親しまない。
べつに呑めないわけでもないし、嫌いなわけでもなく、いや、むしろ好きなほうだとは思うけれど――冷えたビールはたまらんですよね!――しかし、家にいるときは呑まなくても、まあ平気。

呑まなくても平気だと、やっぱり進んで杯を用意しようとは思わなくなってしまう。
「ビールが一缶200円。毎日一缶空けたら1,400円。一ヶ月なら6,000円。えっちな漫画本なら一冊あたり約1,000円だから、六冊も買えちゃうよ!」とかも考えてしまう。
しみったれててごめんね!

さて、ここでくり返すようですが、わたしは決してお酒が苦手なわけではない。
むしろ好きです。
とくに、だれかと呑むのは好き。
呑んで酔って、あれやこれや、くだらなかったり、ちっともくだらなくなかったり、いろんなお話しをするのは楽しいです。

ああ、いま気づいたけれど、たぶんわたしはお酒を呑むのが好きなのではないのだな。
酔うのが好きなんだ。
酔って、陽気な気分になるのが好きなんだ。
でもひとりで陽気になってもねえ。
相手がいなくちゃ寂しいよねえ。
だからひとりじゃあまり呑まないのだ。
決してえっちな本と天秤にかけているわけではないのだ。

というわけで、東京にいって呑んできました。
いや、呑むのがメインの用件で東京にいったわけではないのですが。ホントだよ! ホントだよ!
楽しかった楽しかった。
スナックにいってカラオケ歌ったりしたよ!
酔ったいきおいでTHE MODSの『激しい雨が』とか歌ってお店のお姉さんたちにドン引きされるかと思ったら、たまたまその場にいたかたがたが80年代のロックに詳しかったもんで、「スライダースが……」「レッド・ウォリアーズが……」などディープな話をされて、逆にこっちが(年代的に)ついていけなくなっちゃったよ!

そのあと、もう一件はしごして。

店をでたときには、すでに外は明るく。
駅には通勤する会社員たちが群れなして。
まさしく通勤ラッシュでぎゅうぎゅう詰めの電車内のなか、ちょっと吐き気に襲われたりもして。
我慢しましたですよもちろん。
身動きひとつできない状況でリ・バースってどんなテロですかそれは。
どうにかホテルに帰りつき、ばたんきゅー。

翌日(というか当日)の、編集者さんとの打ちあわせに、寝不足&むかつき&微妙に二日酔い状態で望んだのでした。あれ? こちらがメインの用件だったのに?

えーと。

とても楽しいお酒でございました!
打ちあわせは……えへへへ! うふふふ! あははは!
らんららんららーん。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。