スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

お知らせ

いろいろとお知らせしますの巻。
ニンニン。

まずひとつめ。
ハイ、今月はめでたく、かのこん12巻が発売になります。
みなさんもちろんご存じですよね?
おこづかいはとってありますよね?
みんな、発売予定日である1月23日は書店にGo! だ!
ちなみにMF文庫Jはけっこう早めに売られていたりもしがちなので、数日前から覗いてみるのもイイかもヨ!? あっはーん!


ふたつめ。
MF文庫Jの新人賞あがりのもの書きどもが寄ってたかってやっつけた同人誌、『みみっく!』がいよいよ委託販売を開始したんだそうですよ奥さん。
詳細はこちらのページにGo! だ!

『みみっく!』宣伝ページ

通販だとちょっと高いかな……。
送料こみで、たぶん1,500円超えちゃうしね。
それでも儲けはちっともないんですけどね……。
興味がおありでしたら、どうぞー。


みっつめ。
締め切りがー締め切りがーとさんざんいっておいてなんですが、こっそりとかのこん以外の仕事もしておりました。なんだ、余裕あんのかよ? いやいやないんだけど、ないんだけどー。

その仕事とは、マップスです。

正しくは、『マップス・シェアードワールド』という、マップスの世界を舞台にした小説集に参加させていただきました。

マップスとはなにか?
Wikipediaへのリンクを参考にしてただくとわかりますように、いわゆるスペースオペラです。
誤解を恐れずにいうならば、肌色成分多めな、なのに男の子のハートが燃えまくっちゃうステキ宇宙漫画です。なんたって地球人の勇者が天使型宇宙船を駆って、銀河の危機を救っちゃうんだぜい!(嘘はいっていない)

GA文庫、『マップス・シェアードワールド2 -天翔る船-』。
2月発売予定のこの本に、『オノゴロ星奇譚』というタイトルでわたくし西野かつみ、短編、書きました。
書いたんですよ!

★  ★  ★

ええ、みなさんのおっしゃりたいことはわかります。
「おまえ、スペオペなんか書けたンかよ?」って、そうおっしゃりたいんでがんしょ?

もちろん書けませんよ!(逆ギレ)

書けませんって。
SFの素養、ちっともないし。
だから、なんといいましょうか、ねえ、わかるでしょう?
肌色成分ですよ。
つまりいつものアレで押し通しましたよ。
いつもの西野かつみですよ。
へへへーんだ。

★  ★  ★

SFの素養がないのに、どうしてマップス・シェアードワールドに参加したのか。

きっかけは、当ブログでマップスへの思い入れを書いたことでした。
それを見たシェアードワールドのスタッフのかたから、「そんなにマップスが好きなら、ン? どうだい? いっちょ書いてみるかい?」とお誘いがきまして、もうぼくったら、一も二もなくホイホイと飛びついちゃって……。

「いいのかい、ホイホイ承諾しちまって? おれはノンケ(SF者ではないことを指す)でもかまわず食っちまう(小説を書かせることを指す)スタッフなんだぜ?」
「いいんです、ぼく、マップスなら……」

ホント好きだったんスよ、マップス。

マップスというか、作者である長谷川裕一さんの作品が好きなんですけど。
軽くて、明るくて、だけどときに重たくて、でも主人公たちはヘコたれなくて、熱くて、笑えて、切なくもあって、あっと驚く展開がてんこもりで……完璧じゃんか。肌色成分も多めだしな!

作品もそこそこ持ってます。
マップスはいうまでもなく、マップスの続編であるネクストシートも当然として、クロノアイズ、ダイソード、クロスボーンガンダム、マーメイド・ヘブン……あんまり持ってないな? 飛べ! イサミや鉄人28号はどうした。

とにかく、マップスなんですよ。
マップスでわたしは初めて長谷川作品に出会ったわけなのです。
そして出会ったわたしは――。

以下、マップスへの想いは、次回へと続く。
長くなりそうな予感がするので。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。