スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ざらき

読んだよ、みみっく。
みなさんご存じか、みみっく。
MF文庫Jの新人賞の面々がよってたかって作りあげた同人小説誌だよ、みみっく。
くわしいことは以下のホームページにて。
みみーっく!

『みみっく!』宣伝ページ

読んで思ったのは、みなさん、本当に好き勝手やってんなあ、ということでした。
わたしももうちょっと弾けりゃ良かったかなあ、と感じてしまうほどに。
いや、けっこうやるだけのことはやったつもりだったんですが。
まだまだ常識の範囲内だったなあ、とすこし反省。

★  ★  ★

で、今回の『みみっく!』、個人的には大凹さんの小説が読めたのがすごく嬉しかった。
大凹さんとわたしは、おなじ第一回MF文庫Jライトノベル新人賞を受賞した同期なんです。
といってもさほど交流はなく、授賞式の会場でいくらか言葉を交わしただけなんですが。

ただ、大凹さんの書いた『ゴーレムガールズ』は、本当に好きだったんですよね。

ここで恥ずかしい話をひとつさせてもらいますと。
デビュー当時のわたしって、かなり調子こいてまして。
もう自分の本がでる前から、おれのは売れるに決まってるだろう、とか思ってまして。
かなり本気で痛いひとだったわけでして。
いま当時の自分と会ったら、とりあえずグーパンチかましたくなるほどに。
現在のわたしはもちろん違います。
おのれの才のなさを噛みしめつつ、なんとか純愛道を極めんとする日々でございます。
なんかいえばいうほど嘘くさくなるな、とか思ったけどホントだよ!
すっごく謙虚だよ!
いつだってひざまずいて足、舐めるよ!
相手は女性限定だけどね!
ぺろぺろ、ぺろぺろ!

気がついたら脱線しかけていた話を元に戻しますと。

調子こきまろだったわたしは、同期の作家のみなさんの作品を読んでも、「まあおもしろいけど、おれのがいちばんだな!」とか思ってたんですよマジごめんなさい。
(でも、ほとんどのもの書きは心の奥ではそう思ってる……んじゃないんですか? どうなんですか?)

ところが。
ところが、だ。

『ゴーレムガールズ』にだけは、「負けた!」と思ったんですな。

打ちのめされた。
ヘコんだ。
だってメチャクチャおもしれえんだもん。
でもってなんか響くんだ。
心にガンガンと響くんだなあ……。

いまなら、おそらく『ゴーレムガールズ』と自分の波長があったんだろう、と思えます。
だけど当時の自分は、なんといえばいいのか、すごく悔しかったし、焦った。
もう絶対負けたと信じこんでいたもの。
結果的には、単純な売上の面だけでいえば、わたしが勝ったといってもいいんでしょう。

でも、本でもゲームでもCDでもなんでもそうですけど、売上だけがすべてじゃないじゃん?

とにかく、わたしは「負けた」わけです。
だれがなんといおうと、自分ではそう信じこんでるわけです。
いまでは、本をだすということは勝ち負けではない……と思えるんですが、当時はねえ。なにしろバカだったからねえ。鼻テングのおバカさんだったからねえ。「負けるもんか!」とルサンチマンを燃やしながら、かのこんの2巻を書いたような記憶がございます。もちろんルサンチマンだけじゃなかったんですけども。おっぱい大好きの念もあったんですけども。じゅ、純愛だって好きだったよ!

つまり、テングだったわたしの鼻をぽっきり折った最初の衝撃が、『ゴーレムガールズ』だったんですね。

まあ、そのあと、月刊○○な作家のみなさんの執筆速度に打ちのめされ、某使い魔の売上っぷりに打ちのめされ、先輩作家のタフさに打ちのめされ、同期のみなさんの情熱に打ちのめされ、雨後のタケノコのごとくつぎつぎにデビューする新人たちの新鮮さに打ちのめされ……フルボッコにされながら、なんとかかんとか、三年間、小説を書き続けてまいりました、と。いまじゃあ「犬と呼んでくだっせー」なほどに卑屈なダメもの書きのできあがりでごぜーますよ!

いや、卑屈はいかん。
いやしいのはダメだ。
前を向いて胸を張って生きねばならぬ!

というわけで、個人的にヒジョーに感慨深かったのです。
大凹さんの小説は。

変わってなかったなあ。
あくまでわたしの印象ではありますが、『ゴーレムガールズ』と、変わってなかった。
なんというか、芯の部分が。
懐かしかった……。
ホント、いいものを読ませていただきました。

そのうち我らが同人誌『みみっく!』、委託販売するそうですので、大凹ファンはマストバイです。わたしの趣味小説もついでに読めたりするよ!
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。